月のひとりごと。


いつの話だよってかんじよね~。
ネタバレあります。
っていってもなんかセトリも結構変わってるらしいし、そんなに気にする人がいるのかどうかもよくわかりませんが一応。


内容薄いのに時間かかっちゃった。
書き終わったら終わっちゃうってかんじがさみしかったのかもしれない。
ずーっと記憶のガムを噛んで噛んで。
それで、なんか違うことばっかりしてたりして。
まだまだ夢心地でいたかったっていうか。
まあそうは言っても、そうも言ってられないよね~。



2017年6月29日(金)、福山Cable。
17-07-02-10-25-45-637_deco


福山には、せっちゃんのライブや(といっても風果ての時だったから2015年の12月だった)、去年はフラカンでも来たな~。
というわけで、来た回数としては結構重ねてる。
けども、バースデイの福山となればまた話は別!

ありがたいことに、ホントありがたいことに、いくら広島県に住んでるからって、そこしか行けないからって、当たらない時は当たらないんだと思うのに。
私ったらなんというラッキーガー・・ごめんなさいガールは調子に乗りました、レディー?ラッキーレディー?
もうなんでもいいです、ラッキーおばはんでもラッキーBBAでもなんでもいい、なんとでも呼ぶがいい、うれしいから許す!
このツアーの前半のチケットはどこのも厳しかったみたいで、取れないって言ってる人をいっぱい見かけて、すんなり最初の申し込みで行きたいところのが取れるなんてすごく運がよかったんだよ~。
誰にかわかんないけど、感謝感謝、私の半分は感謝でできています。←ほんまか



 


と、感謝はめちゃくちゃしてるんだけども、あんまりの興奮でね・・また記憶がないんだよう・・(またかよ)
だってねえ、ホールですらいろいろ忘れるのに久々のライブハウスだよ、しかもこのツアー初めてなんだもん、そして最後なんだもん!(前半では)
興奮してる間に、感動してる間に終わってたよ!
だれか脳みそ交換して~、それかちょっとだけ貸して~
肝食ったら記憶力が上がるんならいくらでも食って出直してくるんですけど!




〈セトリ〉

01.24時
02.夜明け前
03.狂っちゃいないぜ
04.バーテンダー
05.ROCK 'N' ROLL GIRL
06.あの娘のスーツケース
07.木枯らし6号
08.ジェリーの夢
09.リトル・リル
10.DEVOLA
11.さみしがり屋のブラッディー・マネー
12.VINCENT SAID
13.夢とバッハとカフェインと
14.LOVE SHOT
15.プレスファクトリー
16.GHOST MONKEY
17.1977
18.月の上のイライザ
19.抱きしめたい

アンコール1
20.ROKA
21.涙がこぼれそう

アンコール2
22.声




ああ~、ダメだ、やっぱり一曲ずつ書ける気がしない!
どこでどう思ったかとかが全然わからん!

バースデイのことを考えるとウズウズしちゃうっていうか、ライブ行きたい行きたいってなるから、ちょうどいいやっていうか、直前までせっちゃんの弾き語りの振り返りに力を入れてたら、ちょっと聴き込む暇がなかったっていうのもある。
なんだそれ。
なにやってんだ!
でもしょうがないんだよ~不器用なんだよおおぅ~
というわけで、もう大方ツイッター見たら載ってたようなことしか書けませんよ?
思ったことは帰ってからざざーっとメモしてるんだけど、他の人と同じような感想があったりして、見て書いたわけじゃないよ?と思うけど、まあ同じものを見た人同士、同じようなこと思ったり同じとこ見てたっておかしくはないよね?


ああそうだ、会場までの入り方が今までと違ってた。
今までは屋上までエレベーターで行って屋上で並んで入ったんだけど、今回は階段をご利用下さいって書いてあって。
そっか~、階段で屋上に行くのか?って思ったら、開場時間まで下で待ってくれって。
え?開場時間って普通会場に入る時間よね?
なんか不思議に思いつつ、みんなその辺の路上でバラバラと待つ。
時間が来て、10番ずつくらいに呼ばれて階段に並んで。

17-06-29-18-31-05-452_deco

キャパ少ないからそれでなんとかなったのかな、まあおかげで入ってからの待ち時間は短かった気がするけど、やっぱ時間までにはちゃんと並んでいたいわ~。はっ、私にもあったわA型っぽいところが!(誰にもA型って言われないんだよね~、なんでも雑すぎるから?)

で、入ったら三列目。
見えるかな、どうかな、こっちがいい?見える?場所替わる?とか言ってたら、目の前にいた背の高いお兄さんがどうぞって前に行かせてくれた。
ええ!!!いいんですか!?もしかしてあなた神様ですか・・
こういう時、いや~そんなの悪いですぅ、とかって普通一回くらい言うものかもしれないけど、えー!すいませんありがとうございます!って即ご厚意に甘えてしまって申し訳ない、チビにはとてもうれしくありがたいことだったもんですから・・本当に感謝、おかげ様ですごく見えました。
私ももし来世で背の高い人に生まれてこれたら同じことしよう、まず人間として生まれてこれるかどうかわからんけど、がんばる・・(どうやって)

がんばるといえば、前回も前々回もかなりのぎゅうぎゅうでもみくちゃだったので、始まる前にすごく気合い入れてて、楽しむー!の前に、がんばるー!と思わずつぶやいてしまったくらいだったんだけど、今回は思ったよりも大丈夫だった。
男の人が多いように見えた真ん中のほうは大変だったかもしれないけど、ちょうど私から右側くらいはわりと平和だったんじゃないかな~。


狭い会場の上手側の前のほうにいるとどうしたってお客さんで隠れてしまうので、ハルキはほぼ見えなかった。
見ようとして見たら、なんとか隙間から茶色いスエードみたいな暑そうな靴が何回かと、びっちゃびちゃの上半身が何回か隙間から。
でもその何回かだけでもじゅうぶんドキッとしたよ、あと、見えなくても音で思ったよ、あーハルキ~かっこいい~!って。ホントよ?

ケンジはハットに黒いシャツに・・っておお~、細い。やっぱり痩せたんだろうなあ。
パンツは元々細身のタイプなんだろうに、余ってる。
ほっそーい!
と、足とかお尻を見ながら思った。

え~、前クアトロで見た時はどうだったっけ、ここまでじゃなかった気がするけどどうだったっけ、クアトロはずいぶん見上げるかんじだったからまた印象が違って見えるのかもしれないし。
前っていつだったっけ、ああ、あれ2月のフラカンと対バンのか、たしか今年初ライブであけおめ言われたんだったよねー、それがもう6月も終わりですよ、早い・・

チバさんはやっと黒タックじゃなくなったと思ったら、薄い生地で白黒のペイズリー柄の、お尻が隠れる丈のシャツ、黒いストールはみぞおちくらいの場所でひとつになってた・・かな?(曖昧)
なんか・・エレガントですわね・・
ラジオか雑誌か、どっかで窮屈なのがイヤになってきたって言ってたもんね、ゆったりしたのが今の気分なのかな~。
ストールしててかっこいいと思ったことがよく考えたら誰の時でもないので、好みの問題なんだろうな、でもないほうがスッキリする気がする、暑そうだし。

キュウちゃんのモヒカンのトサカ部分がいつもより細く見えた。
気合いかしら、それともちょっと横を刈り過ぎただけかしら。
それにしてもここはキュウちゃんがよく見える。
こんなに見えるのは、まあ広島のクアトロでいいとこに来れたらわりと見えるかもしれないけど、でもこの狭さで、こんだけ見えるのはなかなかないかもしれない。
というわけで、この日私はキュウちゃんをいちばん見た気がする。
チバさんとケンジとキュウちゃんを三角食べみたいにして見たけど、キュウちゃんがいちばんだったと思う。

どこでだか忘れたけど、わりと最初のほうでお客さんが、「フジケンおかえりー!」「おかえりー!」
マイクに近づくケンジ。
「・・ただいま」
「よく来てくれたね」

あれ?
よく来てくれたね?
ヨクキテクレタネ?
YOKU KITE KURE TANE?

おいおいおいおい、あんたはどこの子じゃい~福山の子じゃないんかい~
そこは、よお来てくれたねえ~とか、よお来てくれたのお~とか・・は福山は言わないんだっけ、来てくれたなあ?まあなんでもいいけどそういうやつじゃないんかい~帰ってきた感出さんかい~いやだわ~都会風吹かせちゃって~
と、私は思った。
けど、言ったあとの、照れたように笑う顔がかわいかったのでよし。←ナニサマー


 
24時
チバさんだけが遅れて登場して!ウヒー!
かっこよすぎて息をしてたかどうか。←してたよ

いちばん最初にこれとか~!
いきなりかっこいいとか~!
興奮であんまり憶えてないのもったいない!と思ったけど、全編そんなもんだった。私なんてそんなもんだった。



夜明け前
もー、バースデイはチバさんの声が大事なのはもちろんなんだけど、声があるところもないところも、どの人の演奏もホントにそこにそれがないと、ってかんじがする。っていつも思う。
なんていうの、間奏とかまで全部口パクで歌ってしまうっていうか。

それにしても、ジャスティスってセリフをあんなに普通にかっこよく言えるってすごいと思う、なんか!



狂っちゃいないぜ
バーテンダー
ROCK 'N' ROLL GIRL
ちょっとこの辺の記憶がないってどういうことでしょう。
それにしてもチバさんに仔猫ちゃんって言われるのたまりませんよね~!
それを本人が作詞してるんだよね~、たまりませんね~!(なんだよ)



あの娘のスーツケース
「でもフジケンが好き」
前を向いたまま、右手で頭の上からケンジを指さすチバさん。
うおーーーー!
ってなったよ、会場が!
フジケンが好きだって、でもフジケンが好き!
フジケンガスキ!FUJIKENGA←しつこい
ケンジはちょう照れ笑い、そりゃあ照れるよ、なぜか私も照れるもん。
だってだって、告白だよー!

ここには毎回ご当地のなにかを入れてるらしいけど、福山といえば・・でいいかんじにハマるのがなかったとしても、そんなの、そんなのさ~、ケンジもみんなも絶対喜ぶのわかっててさ~!
やだわ~チバさんたらそんな涼しい顔してー!
あなたそういうことできる人なの~やだも~ときめく~
ケンジも下向いちゃってにやけちゃっても~も~
やだ~なにこのバンド~かわい~!すき~!
と思ったことしか憶えてません。

チバさんはいつそう言おうと思ったんだろうね、ていうか各地のやつをいつ考えてるんだろう、楽屋でご当地のをiPadで調べてるんだろうか、それともメンバーとかスタッフさんに聞いたりとかしてるのかな?

あー、そうそう、これの終わりのナナナ~とドラムとベースとギター、全部大好き!



木枯らし6号
2月にクアトロで初めて聴いて、あの時一回聴いただけじゃあのあとすぐには思い出せなくて、友達と懸命に思い出して歌ってみたりして、そのあとCDが出て、っていうのを思い出す。
そうだそうだ、初披露を聴けたんだったなあ。
そういう楽しかった思い出も込みで聴く。
歌詞を知ってから聴くとまた違うけど、このハッピーなリズムはそのままで、やっぱりなんか絵本みたいって思う。



ジェリーの夢
目の前で弾いてて、それが鳴ってる音なのに、なんかそうじゃないみたいな、不思議な感覚。
それくらい、なんか完成されてるっていうか、すごすぎて、すばらしすぎて、何回もそうなった。
それはこの歌の時だけじゃなかったけど、ここがいちばんそうなった気がするっていうか。

「〇〇のみなさん・・聞こえますか・・今、あなたの心に直接語りかけています・・」ってよくツイッターとかで見かけるフレーズ、が今まさに。
目の前で生まれた音がスピーカーとかじゃなくて、そのまま直接頭の中に流れ込んでるみたいな。
今どこにいるんだろう、この目の前の光景は本当なのかな、なんか現実感がないな、夢の中みたい。



リトル・リル
その余韻のまま聴いてた。
旧曲は、こうやって生で聴いたらすごく好きになる。
月が近くて落ちてきそうさ そしたら拾って投げ返そう
っていいよね~!
あーこれも歌じゃないとこのみんなもいい、ホントいい・・



DEVOLA
さみしがり屋のブラッディー・マネー
はい、また楽しくなってしまって憶えてないヨネ~(またかよ)



VINCENT SAID
このパターンもあるね、バースデイってね、かっこいい~
かっこいい~と思ってたら、演奏に夢中になってたら、いつの間にか終わっている。



夢とバッハとカフェインと
好きだなあ。
何回聴いても飽きないのってなんなんだろう、好みもあるんだろうけど、ホントなんなんだろう。



LOVE SHOT
楽しい!しか憶えてない。
楽しい楽しい!んだけど、これのみんなの演奏も好きなんだよ、どの人の音もなくてはならなくて、って言ったら全部そうなんだけど、そればっかり言ってしまう、その上チバさんの巻き舌とか低い声のイエーイとかハープとか、好きなのがてんこもりなんだよね~!
ずっと続いたらいいのに!って毎回思うなあ、これ!



プレスファクトリー
チバさんが書く、食べ物が出てくる歌詞(ざっくりだな)はどれもなんかかわいくて好き。
なんかちょっとしたわがままっていうか、ちょっとしたこだわりっていうか、かわいい。
友達がこの歌大好きって言ってたけど、私もこれ好き!
どこがどうってうまく言えないけど・・っていったらどれもそう、あーなんか私にそういうのが説明できる能力をください・・
はっきりしてるのは嫌いじゃないっていうか大好きってことだけ、ここはヘブン・・



GHOST MONKEY
電気(照明)がピカピカして、付いたり消えたりが素早く切り替わって、付いてる時が静止画みたいに見えた。
眩しい眩しい、こんなにチカチカするの見てたらポケモンショックみたいに倒れてしまう人出てこんかしら、ライブは明るくして離れて見ようね!みたいにならんかしら。(ならんよ)
眩しかったけど、かっこよかった。
けど、こういうのはMVとかDVDで観るほうがいいかも~とも思った。
どっちだよ。



1977
心から爪先まで持ってかれて帰れない
ってまた印象的なフレーズを生み出すよね~、チバ様っていう神様は・・
んでなんかこう、昔も今もちっとも変わらずかっこいいみたいなこのかんじをケンジの故郷で聴くってのがロケーション的にばっちりでよかった、なんか。



月の上のイライザ
声だけで始まるのが、すごく素敵。
くそったれはびっくりするけど、これはそれとは違う、優しい声の始まり。
歌詞はいまいち意味わかってないけど、もう意味とかどうでもいい。
投げやりなわけではなく、やっぱり外国の絵本見てるみたいなかんじで。
イライザは細くて長い指でピアノを弾く、きっとものすごく綺麗な人で。
セトリは見てたはずなのに、もう終わるんかな~ってかんじで聴いていた。
そっか、アルバムはこれで終わるからか、なんか終わりのイメージだった。



抱きしめたい
なんでかわからないけど泣きそうになった。
悲しいのかうれしいのか、なんだろう。
ちょっとあの海みたいなMVとかも思い出したし、そしたら海とか宇宙とかって思いながら作ったスノードームとかも思い出したし、こうしてライブに来れることが幸せだな~って思うし、ライブハウスのもみくちゃのライブは久しぶりだったけどこういうのもやっぱり大好きだなあ、ああー本当にバースデイが大好きだ、バースデイに出会えてよかった、同じ時代にいて、こうやって同じ時間を過ごせて、こんなすごいものを生で感じられて、あー生きてるってすごい、わたし生きてる、生きててうれしい。
なんかもうホント自分でもどういう思考回路なのかよくわからない。

世界にはさあ、理不尽なこともいっぱいあるかもしれないけど、汚いこともいっぱいあるかもしれないけど、自分の感情だって汚いときもいっぱいあるけど、この音に包まれたらなんかなんとかなる気がする。
前にも同じようなこと思ったけど、この人たちはいつだってこうやってかっこよく、どこかで音を鳴らしててくれるんだ。
だからもしも私がなにかを、そのなにかはその時々で違うだろうけど、ほら、余裕とかさ、笑顔とかさ、時間とかさ、いろいろ、とにかくもしもなにかを失くしたとしても、きっとここに来たら大丈夫なんだ、きっと一瞬で、この時間だけは絶対最高に楽しい私になれる。
どのアルバムの時のどのツアーも、踊りまくってハッピーな時、お喋りが多くてゴキゲンな時、口数少なくてビシッとかっこいい時、どの時も、いつだって最高。
この人たちから生まれた音楽で抱きしめられてると思う、みんな、根こそぎ。
なんの感情かわからないけど、なんかこみ上げてきて、いやいやいやいや、って自分で止めようとして、たぶんすっごい変な顔になってる自覚がめちゃくちゃある。
けどまあどうせ、見てない見てない。





フッジッケン、フッジッケン、ってアンコールを待ってる間にコールが起こってて、途中でチーバ!ってなったりしたのはここだったっけ、次の時?←それすらあやふや
ケンジがビールを持って出て来て、「ありがとう」って言って。
すぐ出てくると思ったのに、他の人たちが出てこなくて、ステージにはケンジひとり。
ん?
お客さんの?と同じくらいの?がケンジの頭にも浮かんだような。
困ったように下手を見るケンジを見て、メンバーは笑ってたのかな~、ほらほら困ってるよ~って。
WLの時に袖でバースデイがマニッシュを見てる映像をちょっと思い出した。

ケンジが両手をヒラヒラさせて、せっちゃんのサポートしてた時にみんなでよくヒラヒラさせてた時みたいな、あんたが主役、みたいなやつ。
そしたらみんな出てきた。んだったか、出てくる時にヒラヒラしてたんだったか。

美味しそうにビールを飲むチバさんに、オレにもくれって言うお客さん。
に、あそこで売ってるよってチバさんは言ってニヤッとする。
おごってあげたいのはやまやまだけどね、時間かかっちゃうから、ってキュウちゃん。
え~時間あったらおごってくれるんすか、クハラさんたら太っ腹ー!

「ここはさあ~」
なに言うんだろうチバさん・・
「・・顔がよく見えるんだわ」
ひーーー!見えるのー?見ないでーーー!
よく見えるって言ったからって自分が見られたかどうかはわからないけど、どうせ見てない見てないってさっき思ったばっかりだったから、いやーーー!ってなるじゃん?
やめて~、見ないで~、どうか私なんぞ海の藻屑だと思って~・・
「恥ずかしい!」
って大きい声で叫んだ男のお客さんにチバさん、たいした顔してねぇだろ、と言ってニヤリ。
ですです、なんたって藻屑ですから、紛れてますように、顔なんて見えてると思ったらもうライブ楽しめない!
私は、目が合ったー♪ってのも最近は、目が合ったみたいに思えるけどみんな視力が悪くてその辺を見てる、って思ってるっていうか、思いたいっていうか。
だって、ライブ中っていろんなことを考えてるから、自分がどんな顔してるかわからなくて、冷静に考えたら恥ずかしい。
まあでもみんないい顔してるよねきっと、見える見えるっていっても笑顔がどわーって並んでるのがよく見えるんだわきっと!(都合よく解釈)


アンコール1
ROKA
気が付いたら終わってた、なんかホントそういうのが多かったなあ、楽しかったんだろうな~私。



ケンジがポロロンと弾き始めたら、チバさんとキュウちゃんが、お?みたいに顔を見合わせて笑った。
なんだ?
ギターが聴き慣れた音になったと思ったら、ふたりが頷くかんじでまた笑って前を向いた。
涙がこぼれそう
でっも~♪のとこのコーラス見るのが好き、シンデレラのとこでみんなで手拍子するのが好き!



アンコール2
最後が声かよ~、これもなんかわからんけどぐっとくるやつなのに~!
だってこれっていきなり、
悲しみは僕らのコップから溢れ出してしまったけど
だよ~?
コップから溢れ出すことがあるんだなあ。
チバさんのことはなんとなく神様とか神様のこどもみたいって思うことが多くて(酔っぱらってよく下界に降りてくる神様)、まあ、この歌詞の世界を創り出すって意味ではホントにこの歌の中の世界の神様ではあるんだけど、なんか、あーチバさんにもあるんだ、溢れ出すくらいの悲しみが・・

でもさあ、こうやって、届け、って歌ってくれるんだよねえ。
また変な顔になるけどいい?
ダメっていってもなるけど?
でも、いやいや、最高なんだよ、泣いてなんかいられないんだよ!(言い聞かせ)
キュウちゃんの、マイクに向かってぐいっと伸びる首を見る。
チバさんの、震える喉を見る。
ケンジの、ギターを弾く指を見る。
ハルキは、ごめん見えてない。(けど聴こえてるから!)





MCやら、いろいろ。

「福山が・・バラの街だって・・知ってるんだぜ・・」
この日のキュウちゃんの真似を今でもしたくなる。
ていうか今してる。しながら書いてる。クオリティーは低い。
いつも低音のイケボなキュウちゃんだけれども、いつも以上にさらにイケメンなボイスな気がする。
暑くて息が整ってなかったからかな~、前にマニッシュといっしょに観たことある、ソーメニの時の欣ちゃんのウィスパーボイスを思い出させるような、囁き気味の語尾。

あの小さなバスが「まわローズ」だって知ってるんだぜ、ばら公園も行ったぜ、ローズアリーナも・・
キュウちゃん今回すごいね、あちこち行ったのねえ。
なぜか語尾は全部「だぜ」だった。

ほかにはー!?ってお客さんの声に、
こんだけ行きゃじゅうぶんだろっ、みたいに言って、やだ~クハラさんドキドキします~!

そしたらチバさんがなんか急に喋った!挟んできた!
と思ったら、
「フジイケンジのアニキもここだぞ」
ここ、って下を指差した。
「どっかにフジイ家があるんだぞ」
そりゃあどっかにはあるじゃろう!

「探そうぜ、みんなで」
とキュウちゃんがこれまた低音のイケメンボイスで言って、キュウちゃんが低い声で喋るとチバさんの声とどっちだかわかりにくいってラジオの時とかによく思うんだけど、この日も見えてなかったらどっちが喋ったかわからないくらいだった。

ケンジがまた笑って、それにしてもこの日は何回も彼の笑った顔を見れたなあ、ホントに。
前に出てきた時も微笑み大サービスだった、いつもそんなかんじでお願いしたいですケンジさん!

そういうわけだったのね、そりゃくわしくもなるわ~!



いちばんよく見たキュウちゃん。
早いうちから汗がすごくて、目に入って片目つむってるのとか、あー拭いてあげたい、拭いてさしあげたい。
小学校とかで大太鼓叩く時に見たような、先になにかついてるみたいなバチ、マレットっていうの?知らなかったけど、ああいうのを叩いてる時とか、シンバルのほうを見ないで叩いたりとか、こう、誰かに見られてるって気付いた時に(オレ見られてるな、見てるんだろオレを?、って顔するよねキュウちゃんって、思い込み?笑)バンバン叩きまくったあとに決めっ!ってかんじでその見てるだろうって辺りを必ず見るとか、抱きしめたいの時のタンタンタンタン・・・っていうリズムとか。
なんていうか、キュウちゃんがいないとダメ!ってすごく思った。
キュウちゃんはドレミを生み出してはないかもしれないけど、キュウちゃんのドラムはバースデイを動かしてる心臓みたいなものだと思うよ!

ケンジのギターの見せ場のところで、じーっとケンジの忙しく動く指を見ていたら、その指の向こう側にぼんやりとキュウちゃんが見えて、そっちにピントを合わせると、キュウちゃんがすごく優しい顔で微笑んで、同じようにケンジを見ていた。
キュウちゃんからはどういう風に見えるんだろう、私がじーっと見てたみたいに、この辺の人もきっとじーっとケンジの弾くところを見てるんだろうから、そういうのも込みでうんうんってかんじなんだろうか、それともキュウちゃんもうしろの風景はぼんやりしてて、ピントはケンジだったんだろうか。

どこでだったかも忘れたけど、マラカスのチバさん見れたのよかった。
使い終わった時にどこに置くのか気にして見てしまうのはなぜなんだろう。
床に転がるマラカスを見た。
そういえば、この日のチバさんは、ライトがよく当たっていたのかなんなのか、顔がツヤツヤっていうか張っているように見えた、シワシワしてないっていうか。←言い方

最後の最後にもフジケンコールが起こって、チバさんが下向いて笑って頷きながらコールに合わせて手拍子しながら帰って行った。
それがなんだかうれしかった。誰目線なんだか。



https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1662306297143914&id=576345765739978



満足感、多幸感。
あー、本当に楽しかったな~。
口を開けば、すごかった、よかった、楽しかった、それしか出なくてそればっかり言っていた。

んでこのツアーは後半もあって、また秋に広島がある、その前にワイルドバンチもあるんだよー、なんて幸せなんだろう!

誕!
17-06-30-13-22-15-093_deco
バンチで使うね!

ケンジスペシャルは当たらなかったけど
IMAG0594
かわいい、買ったの全部かぶらなかったの!




次のお楽しみがあるってことは本当にうれしいことです、ありがとうございます、おかげで私は元気に夏も秋も過ごせるよ!おわり!










ネタバレあります。

といっても、わたし次にバースデイのライブがあって!時間がないの!
それに今回はそんなに書けない、っていうかライブと関係ない話が多いかも。
って元々いつもそんなレポっていうレポじゃないんだった、自分の頭の中を書いてるだけで。
適当に読み飛ばしておくれ!かいつまんでおくれ!





2017年6月23日(金)、福岡サンパレスホテル&ホール。
IMAG0550~01
ちょっとちょっと~!
がんばっても隣県でお馴染みの(知らんがな)このアタクシがひとりで福岡に来たわよ~!


いやそれがね、いつもだったら二回行けたとしても岡山広島のあの二日だったと思うんだけど。
ツアーの日程が分かった時に紙とカレンダーをにらめっこしてたわけです。
でもなあ、二日続くと記憶がごちゃごちゃになるしな~。
それにその時はまだ犬ががんばって生きてた頃で、そんな先の犬の具合がどうだかなんてさっぱり予想もつかないし、一日空けても結構世話が大変そうなのに二日連続なんてね、ちょっと無理だろうな・・どっかうまい具合に終わり頃にもう一回行けないかな~。
といっても広島がもう半分すぎてる頃で、そんな簡単に終わり頃に行けそうなところもないわけで。
そしたら一週間後の福岡かなあ?でもな~、そんな簡単にはな~。
となると、広島だけかな・・しょうがないか、元々基本的にそうだったんだしね、贅沢になってるよね・・

うーんうーん考えてるところにダンナさんが帰ってきて、紙を取り上げた。
「ここの広島と?あとどこ行くんな~」
はい?行っていいのー?いいんならどこへでも!(心の声)
「いや~行きたいけど行くとこなさそう・・岡山行ったら二日連続になってみんなが大変じゃし・・」
「じゃあここの福岡か~、行けば~?」
「えー!マジでー!」
気が変わる前に申し込み申し込み!

ということがね、あれはいつだったかしら、冬の会報だから12月頃?とにかくそういうことがあったんですよ。
たぶんね、その頃犬の世話で煮詰まってたというか、ちょっとくたびれてた私がかわいそうだったんじゃないかな~。

春になってから福岡がね~って話をしたら、いいよって言った本人がきれいさっぱり忘れててびっくりした。
やめて~!そういうのほんまにやめて~!
これからは一筆書いてもらうか録音するかしとこ・・笑


で、よくよく時間を見たら平日だから新幹線で帰れなさそう!ということに気付いて、高速バスで帰ることに。
行けるってことに舞い上がってたんだろうね、福岡から広島でそんなに早い時間までしか新幹線がないとか知らんかったよ、21時50分よ?もうひと声・・
もうそんななら泊まれば?とも言われたんだけど、その時は誰かと行くとかいうんでもなかったから、そんな時にお泊りという事実を作るのがいやで、いや、バスで帰る!って言ったのだった。
どうせ泊まるんなら誰か友達とごはん食べてゆっくりできる時にしたい、もったいない!


てなわけで、行こうねって誰かと約束とか全然なしだったから、どうしようかいろいろ考えていた。
ひとりでどこか行こうにも、あんまりこれっていう行きたいところが浮かばない。
屋台は夜だし。
メインはライブだからあんまり遠くには行けないし。
ばーちゃんちにちょっと寄るっていっても電車やらバスやらがだいぶ大変そうだし。
私の親の実家は福岡県にあるんだけど、博多のほうにはほとんど来たことないからさっぱり。

でも、マニッシュの周南(山口県)の時に犬が気になって本当に行って帰っただけになったのを思い出すと、せっかく行くんだからなるべく楽しまないとな~と思うし。
あの頃どこへも行けないみたいな気持ちになって、行けるようになったらあれもしたいこれもしたいと思ってたんだから、なんかしら楽しみたい。


考えあぐねてたら、広島でもいっしょだったお友達がちょうど福岡も行くという。
しかも昼は空いてると。
やったー!
そんなわけで、向こうに行ってからは彼女におんぶにだっこ。
頼りきっちゃってごめんね、お世話になりました。



せっかく福岡に来たんだから、と美味しいと有名なうどんのお店に連れてってもらった
17-06-26-15-53-24-576_deco
本当だ!麺がこんなに柔らかいのに、これはこれで美味しいんだね~!



旅慣れた彼女は、とにかくよく歩く。
でもお喋りしながらなので、普段歩くことが少ない私もそんなに苦じゃなくて楽しかった。
そうかー、こうやって歩くと街のことがよくわかりそうだなあ。

駅前の道路を歩きながら、ここが陥没したとこ?あ、あれが例のセブンイレブン!?とか、言いながら。
広島より歩者分離式信号ってのが多い気がする、とか。
やっぱ広島より福岡のほうが都会なかんじかな~、まあ田舎もんから見たらどこも都会だけれども・・
川を渡る橋とか見ると、ちょっと広島を思い出すかんじもして、そうか、中洲も三角州だったりするんかな、ブラタモリも見たり見なかったりだからよくわからんけど。(地理的な知識を全部タモさんから学ぼうとするな)



でね、そうやってブラブラしてたら、なにかの撮影中の武田鉄矢にバッタリ出くわしたよ!
ちょっと、ちょっとすごくない?
福岡に来て武田鉄矢にバッタリだよ!?
東村山に行ったら志村けんに出会うみたいなさあ!
え、じゃあ栃木に行ったらせっちゃんに会えるんじゃね?(んなわけない)(ていうか今日福岡で会えるよ)

櫛田神社に行きたいなっていう彼女について行って
IMAG0544
この鳥居をくぐってすぐのところに、鉄矢はいた

あんまりにも近くにいて、あ、武田鉄矢!って言ったら、彼女は後ろのカメラしか見てなくて、で、私はそれからカメラに気が付いて、ふたりであわてて避けた。

IMAG0543
この大きい人形の前にいたんだよ~

どうやら博多祇園山笠っていうのが7月初旬にあるらしく、この大きい人形を神輿にしてかつぐらしい。←そういうことをまったく知らずに行っていた(私は)

そういえば、駅前でなにかやっていたわ・・
IMAG0536



とまあ、旅の思い出はそのくらいにして、いいかげんライブのことをだね・・
時間がないとか言ってそんなことばっか書くからないんだよ。





今回は二階席だった。
うん、やっぱりちょっとさみしいね、遠いわ~小さいわ~。
いやいや、自分で変えようもないことの不満を言ったところで楽しくなるわけじゃなし。
眺めがいいわ~!一階の人の様子も見てみようかな~!(ちょっと強がり)



登場のミュージックがあったね!
私一週間前に観たはずなのにさっぱりすっかり忘れてて、え?こういうシステムになったん、民生さんの弾き語りはいつもこんなかんじのテーマ曲があるよね、なんかの放送やらマツダミュージアムで観たけど・・
とか思ってたら、椅子に座ってからせっちゃんがそのメロディの合間合間でジャーン!って弾いて、ああ!これ広島でもやってたわー!って思い出した。
どんだけ最初ほわ~っとしとったん。
ほわ~っとしてもいいけどすっかり忘れるのだけはやめてほしい。

あ、この日もスーツは黒だった。
東京が二日とも黒って聞いたから、白も見れるな~と思ったんだけど。
よっぽど淳二って言われるのがいやなのか?
どっかでスーツの話して、これ麻のスーツなんだけど稲川淳二って言われるんだよね、って。
白だともっと淳二っぽくなるのかなー。
えー、でも私は好きだけどな~この格好。
この日の髪型は、せっちゃんから見て右の髪を多めに、七三かな、八二かな、斜めに下ろして流してるようなかんじ。
最初はちょっとヘンなのと思ったけど、どんどん汗でしっとりして、ちょうどこっちから見るとせっちゃんの右側の顔がたくさん見えて、髪が顔にかかっていいかんじにかっこよかった!




やさしくなりたい
元のアルバムの音源でセトリ順のプレイリストを作ったのを、新幹線に無事乗れてホッとしてのんびり聴いてたら、膝の上に置いてたエコバックの中に入れていたレモンウォーター的なやつの蓋がちゃんとしまってなくて、じわじわと中身が漏れてて、気が付いた時には服が結構濡れてて、慌てて駅のトイレでざっと洗って、手を乾かすやつでしばらく服を乾かすっていうね・・ドジかよ!(だよ)
福岡に着いてすぐの思い出がそれっていうね・・ああまたそんな関係ない話を思い出すから曲の感想がわからなくなるんだって・・

で、なにが言いたかったかっていうと、定番曲こそ元の音源ってそんなに聴かないでしょ、プレイリスト作る時もライブバージョンにしがち、なんなら飛ばしたりして。
だから新鮮でいいっていうか、これって元々はこうだったんだね~ってなるし、それ聴いといて弾き語りのを聴くとこれまたすごくいい、聴いた時に違う!ってなって。
だからって、なにがどうだったとか書けませんよ!
シロートなんだから、おお~すげ~!でいいんだと思うわ!(もちろん開き直りです)




Are you ready?
なんかまた変わってた!
と、思ったんだけど、なんせオープニングテーマがあったかどうかまで忘れてた私よ、なんの信憑性もない。
でも、二日続けて行った人たちが口々にいろいろ違うって言ってるんだから日々違うんだと思う。

もちろん回を重ねてどんどん良くなるのは確かなのかもしれないけど、全通でもしない限り各地のそれは各地でしか聴くことはできない。
数か所行けば比べることができてしまうから、その人の中でのここのがよかった!ってのがあるかもしれないけど、それだって、聴く場所やらその日の感情やらで違ったりする。
ってことを前にもどこかで書いた気がするけど、一回しか行けないって時はちょっとさみしい気持ちになるかもしれないけど、でも幸せなんじゃないかなあって思うのだ。
だってなにとも比べることもなく、何回も何回も反芻して、記憶のガムを噛んで噛んで、深く刻まれる。
それもすごくいいことだなあって思うんだよ~。




ここらで言ったであろうMC、違っても責任はとりません

「福岡は・・久しぶりだよね、一月にマニッシュで来た以来?」
は~?それは広島だってそうでしたけどー。
なによ~そんなに福岡にはもっとまめに来たいんかいな。いいけど。
じゃろじゃろとガラの悪い広島弁より、と~?とか言う博多弁のほうがかわいいもんね、それは認める。

福岡はこないだ大変だったね、道路が陥没して・・タモリさんが地層的にあそこは下が砂地だから弱いって言ってたんでしょ?タモリさんって詳しいんでしょ、地層博士なんでしょ?
せっちゃんは家にテレビはないかもしれないが、きっとネットニュースを毎日見てるんだと思う。
うちの息子もまめにスマホでニュースを見るらしく、ワイドショーとか見てないのにめちゃくちゃ詳しい。って息子といっしょにすんなよって話よね、失礼失礼。
今日その現場のところを歩いたよ~、あちこちで地下鉄の工事してて。
と思い出す。

昨日はモツ鍋を食べたらしい。
あれ、昨日はお誕生日だからおうちで過ごすのかと思ってた。
あんまりそういうのにこだわりはないのかな、その前の日の中野のライブにきっとご家族も来ただろうし、その打ち上げでわちゃわちゃしてもうじゅうぶんなのかな。
と、勝手に想像する。
ミュージシャンの生活は、一般のそれとは全く違うだろうから、ついいろいろ想像してしまう。
けどまったくさっぱりだ、想像するにも限界がある。
まあきっと、家にいないことに慣れっこなんだろうな~。

で、昨日モツ鍋を食べたはいいけど、今日はお腹をこわしたらしい。
いい大人が今日下痢ですとかステージで言うんじゃありません、もう少し表現をだねえ。
「なんですかね、もうそういうカラダじゃないんですかね、あれは若い人たちの食べ物なんですかね」

「福岡はうどんも美味しいよね、讃岐うどんとかのコシがあるやつとはまた違って、柔らかくて箸で持ったらぷつぷつ切れるような、あれなんて言えばいいんだろうね、ずべずべっていうか」
なんという音だ、とても美味しいものの表現とは思えない!
と思ったのに、終わった頃にはなんだったかもう忘れていた、ずぶずぶ?ずばずば?ずびずび?
(そこまでいってどうしてずべずべに辿りつかないのか)

オレは牧のうどんが好き、すき焼きみたいな味がして・・
とかなんとかって言ったら会場がシーンとして、
あれ?オレだけ?でもするんだよ、肉の味がしみて・・

へ~、牧のうどんってなんとなく聞いたことがある、チェーン店かな?今度ばーちゃんち行く時に行けないかな~。
って思ったけど、あとで調べたら福岡県の東側にはなかった、残念。
でも今日その博多の柔らかいうどんってのを食べたばっかりだったからすごくイメージできた。
なんだかそういうのが多いね!感謝だな~、ひとりじゃどうなってたことか。

豚骨ラーメンとかも昔は好きだったのに最近はもうダメになってきたらしい。
終わりのほうで老眼でピックが削れてるかどうか、よく見えないとかも言ってたし、せっちゃんも大人の階段を順調にね・・待ってて!私もそのうちすぐに追いつくから!←年齢差は縮まらないけど、中年という大きなくくりではもう同じ枠




歩いて帰ろう
前回広島の時に、ここで足を組んで・・と書いたけども、ここでも足をダンダン。
それが広島と変わったのか、それとも広島でもそうだったのかはわからないけど、とにかくなんかかっこよかった。気がする。
最初のほうのかっこいいのを、他のを聴いていくうちにどんどん忘れていくのすごいもったいない!
けど、じゃんじゃんかっこいいのばっかするからしょうがない。
んでね、これこそ聴くのいつぶりだろうってくらい久々にWONDERFUL FISHのを聴いたんだけどさ(レモンの飲み物をじわじわこぼしながら)、コーラスが耳によく入ってきていいね!
1995年の音源をまたこんな風に楽しめるとは。
そして、2017年にまたこんなかっこいいのが聴けるとは。




ここだったかな、福岡だったらももち(百道?)に住みたいとか言ってた。
地図をいろいろ見た時に、ももちっていうひらがなを見たなあ、福岡タワーとかがあるような、そっちのほうなんでしょ?(ふんわり)
せっちゃん詳しいな~、さすが好きなだけある。

メトロに乗って
明日が来るなんて当たり前じゃないんだ、っていうのがまた今日はとりわけ胸にくる。
この日の小林麻央さんの悲しいニュースは、カフェで休憩した時にサーッとチェックしたツイッターで見て知っていた。
会見は帰ってから見たからこの時はまだ見てなくて、知ってるのはその事実だけ。
それだけでもじゅうぶん、いろんなことを考えた。

東京ではないけれど、いろんな思い出の場所が私にもあるな~。
家族とってだけじゃなくて、いろんな人との思い出の場所ってのがあちこちにある。
街は変わりゆく、いっしょに過ごす人も。
でも記憶は変わらず胸の中にある。




12弦ギターのチューニングをしながら、
「キライなことの三本の指に入るのがこの12弦ギターのチューニングなんだよね~」
こうさ~、やってるとどれがどれだったかわかんなくなっちゃうんだよね~、って言うせっちゃんがかわいいからファンの人はキライじゃないと思う。

「絶対音感とかある人は違うとかってわかるんでしょ、絶対音感の人は出てってください」 
またそういうこと言う~。
そういうとこはちょっとイヤ。
だってみんなせっかく聴きに来てるのにさ、そんなわざわざせっちゃんにケチつけるためだけに来てる人なんていないと思うよ。
絶対音感のある人だって好きでその能力があるわけじゃないんだからさ~、冗談にしても出てってはないよね~。
と、心で軽く毒づいた。
まあ、そんだけ間違いとかを気にしてるってことなんでしょう。
この日もこのあと何回か、間違えてすみませんって言っていた。
みんなそんなに演奏の正確さを求めてるんじゃないと思うよ、それよりもせっちゃんから受け取るもの、届くものってのがあるんだからさ~!
と、二階の片隅で私は思ったのだけども、伝えるすべはない。し、伝えたところで。

こうしてせっちゃんの発言にたまにちょっとイヤと思うことがあっても、それが好きを上回ることがないので、私はずっとせっちゃんが好きだと思う。
それを上回るとしたらよっぽどのことだろうな~、犯罪とか?

どの人のことでもそうかもしれない、家族でも友達でも知り合いでも。
なにかたとえばちょっとガッカリするようなことがあったとしても、その人の好きなところを上回るほどのイヤって結構ない気がするし、それほど好きが大きかったら、許せるイヤなことも幅広くなるっていうか。

で、アルハンブラの思い出っぽいものを弾いたのはここだったんだね、こうやってマンドリンみたいな音が出せるんですよって。


吉井チ〇ポコ〇ン和哉ってのがいてね、という話。
そのチ〇ポコくんは(←名前になっていた)自分のチ〇ポを自撮り棒にしたら、5人は撮影できる。
谷中さんの名前を出す前に、「せっちゃんはー?」とお客さんの声。
オレは40人、こっち向いて写したらお客さんが全員写る、らしい。
あら、広島と同じ40人。
各地で人数が違うのが、その土地でつける自信のバロメーターだったらイヤだね!笑
飲み屋のおねえちゃんのおだて方次第なのかもしれない。
あら、昨日は福岡の夜だったっていうのに。
かわいい博多娘にソデにされたのか?
とかって勝手に思った。(ホント勝手な想像よ、きっとただの気まぐれなんでしょう、かわいい女の子のお店にそんなに行けるわけでもないでしょうし)
それから

せっちゃんは、やっぱりこれは「ギターを売りに」だったな~って言ってたけど、この日聴いてたら私は「それから」でいいような気がした、「それから」っていい曲名だと思うよ~!




かすみ草
もしも愛に瞳があったならとか、もしも愛に背丈があったならとか、ホント詩人よね~。
一生思いつかない。

なんかふと、その海ってうちから見える瀬戸内海みたいな穏やかな海なのかな~と思った。
荒波じゃあ舟漕いで行くの大変そうだし。
急にイメージがいろいろ浮かんできた。
海は見るたびに色や表情が違ってて、それはたぶん見る時の気持ちにも左右されたりして。




今日ちょっと初めての曲をやります、と言って
マディウォーター
わあ、初めてだって!
「よし、大丈夫そうですね」
と、終わってから言っていた。ちょっとだけ声は小さめ。
かっこよかったよー!




夢の果てまで
もしかしてマディの分、これが減ったりするのかと思ったら減らなかったのでホッとした。
だってこれも好きだし。
この日は声に集中して聴いていた。
やっぱりせっちゃんの声って本当にいい。
好きだなあ、うっとり。




遺伝
こないだは仲の悪い親子のことを考えていたけど、どうしたって浮かんでしまう有名な親子の姿。
だからって仲の悪い親子は甘えてる!っていう話にはならないけど、だってみんなそれぞれ事情があるから。
でも、どう見たってあんなあたたかい家族の、親と子。
ちょっとテレビで観ただけでもあんなにかわいい子たちだ、自分の子ならどれだけだろう。
それでも自分のできることをしっかりやり抜いて、背中を見せる、そんなことが果たして私にできるだろうか。
聴いて考えることは全然違った、同じ歌なのにね。
 



青いギターは綺麗だけど飽きるらしい。
ギターはやっぱり木の色がいいですね、それか黒、好きなので、だって。
でも遠くから見た、そのギターを抱えるせっちゃんはとてもよかったよ、青がよく映えて、似合ってるように見えた。

あれ?そういえば!?
禁じられた遊びは聴いたけど、ここでなんか下ネタ聞いたっけ?
あれ?思い出せないぞ!おかしい・・ないわけないのに←?
二番から急に難しくなるんですよね、は聞いたのにな~。
なかったのかな、なかったんじゃないかな、だって下ネタを忘れることなんて、ないと思うもん私。←おい

石原さとみには会えなかったけど、会えた深キョンの魅力を語るコーナー。(コーナー?)
恭子の柔らかさを、わたあめみたいと表現していた。
詩人ですねえ相変わらず、ヒューヒュー!(古)と思ったら、
「ベタベタしてるってことじゃないよ」
わかるわ!
「もうねえ、かーわいかったと!ちかっぱかわいかったとよ〜」
もう一回「~と」って言ったと思ったけど忘れました。
けどそれを言ってるせっちゃんがかーわいかったのなんの、おじさんがこんなにかわいいんだもん、博多弁の女の子がかわいいっていうのはそりゃしょうがないよね~。

はるかぜ
この日はしっかり入り込んで聴けた。
なんだか少しゆっくり演奏してくれてる気がした。
気がしただけかもしれない。

息子がつい最近、オレ外で犬を見たらちょっと泣きそうになるんよね~、と言っていて。
ああ、やっとそういう気持ちを言えるようになったのか、それとも、もうそういうことを言ってもかーさんは大丈夫だろうと思われたのか、どっちだかはわからないけど、今まで一切言わなかったね、そういうの。
ごめんね、私は家でひとりの時に散々泣くことができたけど、キミはできなかったもんね。
娘はもう自分のことで忙しかったりハリネズミを飼い始めたこともあって、少し気持ちが分散しているみたいだったけど、キミは毎日必ず寝る前におやすみと言って撫でて、朝起きておはようと言って撫でてたもんね。
下に見られてたからよく唸られたりとかしてわりと報われない愛だったのに、本当に大好きだったもんね。
普段そういうこと言わないようなダンナさんが、時々その辺にいる気がするとかこないだ突然言うし、いなくなっても我が家ではなんだか存在が大きくて。

昨日やっと、四か月ぶりにキュウリを買ったよ。
今まで買えなかった、大喜びしてた姿をどうしても思い出して、手に取れなかった。
はじっこをあげるとすごい勢いで食べて、お皿をずーっと舐めてた。
サラダに使う時に、はじっこを切って小さいお皿に入れて、写真の前に置いた。
これからキュウリを使う時はいつもそうしよう、それならキュウリを買う時も悲しくない。

世の中にペットを失くした人なんてごまんといて、家族や大事な人を失った人だってごまんといて、ていうか生きていくってのは出会いと別れだらけで、ああホント、どんな人にも悲しい出来事が消えますように、消えることなんてないんだろうけど、薄くなりますように、そう祈るくらいはいいよね、祈ってもらうのもいいよね。




ギターの塗装話。
初めて聞いたようなリアクションの人が多いように感じた。
あ~、こんなにツアーが進んでも、この日を待ってた人がやっぱりいっぱいいるんだな~。
あと、こないだ友達とも話したんだけど、ツイッター見てるとみんな知ってるみたいに思いがちだけどあれはほんの一部の人で、そういうのをしてない人だってたくさんいるんだよね。
そして同じツイッターでもちょっと違うジャンルを覗くと、それはまったく違う世界だったりして、私が見てる世界は実は狭いっていうの、忘れないようにしないといけない。

東京でお目見えしたという、広島のあとに塗った白いギターは飾ってなくてちょっと残念だった。

ここか次だったか、絶対音感のある人はトイレにでも・・みたいなことをまた言っていた。
映画監督
歌うたいのバラッド
ネットで悲しいニュースを知る前に、友達の友達が最近亡くなったっていう話を友達としていて、生きてきて40年以上にもなるとどうしたって身の周りにそういう話が増えてきて、いろいろ考えるよね、って話してて。
その友達はせっちゃんのファンだったらしい。
その人はこの鍵盤の歌うたいは聴けなかったんだよね、これから新しく出るだろう歌も知らないまま、聴くことはできないんだよね。
その言葉を聞いてハッとした。
せっちゃんに長生きしてね、いつまでも元気で歌ってね、っていつも思ってるけど、いつ自分がどうなるかだってわからないんだった。
それはいやだなあ、もう聴けなくなるのは、それはとても悲しいな・・
新しく生み出される歌を、曲を聴けることって本当に幸せなことなんだ。
20年も前に生まれた歌を、こうして新しい形で聴かせてもらえることも。
私が生で観れる最後の鍵盤の歌うたいかもしれない、とすごく意識しながら聴いた。
そして、時々双眼鏡でもじっくり見た。
いい歌だなあ、と思った。


ギターの時は間違えたってしれっとした顔してるんだから、それでいいと思うのに、終わってからちょっと間違えたと言っていた。
言わなきゃわかんない人だってきっといっぱいいるのに。
鍵盤で歌うたいは本当に難しいんだろうな。
伸ばしたり、高いところを歌ったり、そういう時にギターの手じゃないと歌いにくいカラダになってそう。
ピアノとか弾けないし、どのくらい難しいものかわからないけど、なんとなくギターよりごまかしがきかないかんじがするし。
でも、最後の音とかさ、綺麗だったよ、とっても。




自作Wネックの説明。
前にも話してた、くっつきすぎて間が狭くなってチューニングができないからやり直してちょっとVの字にしてくっつけた話。
ギターとベースで厚みが違うからそれを揃えようと削ってたら気持ちよくなっちゃって、やり過ぎて薄くなっちゃった。
そんなめんどくさいことしなくても持ち替えればいいじゃん、とかそういうことは言っちゃダメですよ。

今回はポッキーのイントロで説明ではなくて、どっかで聴いたことあるようなかんじのメロディなのに、なにかはわからなかった。
けどかっこよかった。
うれしそうに抱えるそれは、やっぱりピカピカしてて、誇らしげ。

いたいけな秋
ああ、始まる始まる・・と演奏するのを見守ってたら、ちょっとごめん、って演奏を止めた。
あれ。
なにがおかしかったんだろう、わたしにはさっぱりわからないけど、なんかあったんだろうね。
そしてやり直し。
少しだけ、ほんの少しだけせっちゃんが焦ってるように見えた。
のか、見てる私が勝手に焦ってたのかもしれない。
けどやっぱりすごいよ、あんな忙しいことして、それであんだけの歌詞を噛まずに歌って!




傷口
ここではみんな立ってなかった。
まあいいか。
でも、次ではちゃんとみんな立つんじゃろうか、ちょっと心配になってきたけど・・




カーラジオ
おお~立ってる立ってる!
一階の人がわーっと立って、私も立ちたい!
けど、二階のいちばん前の席だったので、後ろの人が気になる。
私が立ったら見えないよね、でも、いい?立っていい?
恐る恐る腰を浮かしてたら、ゆっくりじわじわみんな立ってて、やったー!ありがとうございますー!
そしたらせっちゃんが立って煽った、そして吠えた!
キャー!せつこが立った!
キャー!

あとのことは憶えていません。




ベリーベリーストロング ~アイネクライネ~
I Love Me
バリかっこいい!かっこいい!っていう興奮した声が聞こえてきて、ああーずっとなんとなくそんな気がしてたけど、時々小さな話し声が聞こえるのがちょっと気になってたけど、うしろの近くの人たちはどうやら初めてせっちゃんのライブに来たみたいだった。
ねー、かっこいいよねー!
それは初めて来たあなたも、少しは回数を重ねてきた私もおんなじ!
振り返って満面の笑みで頷きたい、微笑みたい!けど怖いだろうから(怖いよ)我慢する。



いろいろありますが転がっていきましょう、ロックンロール!っていうのが本当にそうだなあって思う今日!
行き先はー!
行き先はー!
行き先は未来ー!わー!
行き先は未来





アンコール
白のTシャツ、せっちゃーん!

ずっと好きだった
始まったらやっぱり大きな歓声が上がって。
人気あるなあ!


空に星が綺麗 
やわらかな日
ギター
どの曲を聴いても沁みるよ。
前の時も勝手に日々を大事にしようと思ったっていうのに、今日みたいな日はどうしたっていろんなことを思うよ。
関係ない人がどんなに悲しんでも、渦中の人の気持ちが癒えることも救われることもないけど、勝手に勇気をもらった気持ちを自分の大事な誰かに、自分に、使っていくしかないんだろう。
私は私を楽しもう、泣いたり笑ったりしながら、できるだけ仲良く、できるだけ楽しく、できれば長く!

ギターという曲をウクレレでやります、と言いたかったのに、ウクロレってなったせっちゃんがかわいかった。


この日もどこかでおめでとうー!と叫んだ人がいて、まあ翌日だもんね、私は言わない派だけど、言いたくなる気持ちはわかるよ!
ありがとうございます、まあ50も51も変わらないけどね、って前にも言ってたのと同じことを言って。
51歳の中で一番オ〇ニーしてますからね、でも今日歌わないといけないんで昨日は一回にしときました。
ん?そういえば広島では、昨日も二回したけどね、って言ってたような。
広島の二回は虚偽報告か?それとも昨日一回が虚偽か?ちょ~~~どっちでもいい!



最後にちょろっと体を揺らして、あれなんていえばいいのか、ブルゾンちえみが肩を入れてぐってする決めポーズみたいなやつっていうか(伝わらね~)をして、とにかくかわいくて、最後の最後までときめかせてせっちゃんは去って行きました。

ありがとう~!せっちゃんありがとう~!
ワイルドバンチまで私がんばる~!たぶん地獄のように暑いけどがんばる~!





バスの時間もあるし、ご挨拶できたらいいなって言ってた人とも会えてなかったし、ってんでめちゃめちゃ急いできったない字でアンケートを書いてる時に、近くにいた人が「これ名前やら住所やら書いたらファンクラブの案内やら来るっちゃなかろーか」って言っててかわいかった。
来ないよ!大丈夫、FCはそんなまめなことしないよ!←こら











時間がない!って追われて書いたけど、ホントはもう少しゆっくり噛みしめながら書ければよかったけど、できる範囲でよしとしよう。

帰りの高速バスの名前がね、広福(こうふく)ライナーって名前で、なんかいいよね、ハッピーでね~。
しかも運転手さんが声から笑顔から対応から全部優しくて、あ~こういうことだなあ。
客商売ってことだけじゃなくて、そういう人に会うと本当に気持ちがいい。
優しく微笑まれると思わずそう返したくなる。
いろんな人がいるから全部が全部そういうわけにはいかないかもしれないけど、自分の身の周りを良くするのも悪くするのも自分次第ってこともあるのかもしれない。

とか言いながら、舌の根も乾かぬうちにぎゃあぎゃあと子どもたちに日々小言を言ってるんだけれども。
少し、少しはね、心の片隅にあの運転手さんを住まわせたいですね。
ってなぜか最後は運転手さんの感想でおわり!





〈セトリ〉 

01.やさしくなりたい
02.Are you ready?
03.歩いて帰ろう
04.メトロに乗って
05.それから
06.かすみ草
07.マディウォーター
08.夢の果てまで
09.遺伝
10.はるかぜ
11.映画監督
12.歌うたいのバラッド
13.いたいけな秋
14.傷口
15.カーラジオ
16.ベリーベリーストロング ~アイネクライネ~
17.I Love Me
18.行き先は未来

アンコール
19.ずっと好きだった
20.空に星が綺麗 
21.やわらかな日
22.ギター









ネタバレあります。
つづき。

17-06-21-18-41-23-488_deco
なんだかんだ言いながら結構買っていたよ、いいお客だろう~










自作ギターの説明をする。
Wネックのギターの話も、なんとなく目にした気もする。
とはいえ、なんとなくどこでも話しそうな話題はあんまりじっくり読まないように、意識的にサラーッとスクロールしていたので、詳しいことは知らない。

あんまり先になんでもかんでも知ってたら話を聞く時おもしろくないかな~と思ってさ、複数回行って本人から何回も聞くのはいいけどさ。
でもこれがまた難しいんだよね~、行ってないからどれがご当地の話でどれが定番なのかってのが最初わかんないしね、だって行ってないんだもん!笑
だからってMCもつぶやかないで!とか言ってるわけじゃありません、あくまでこっちの話。
知りたくなければなんも見なければ早いんだけど、それはわかってるんだけど、知りたさと知りたくなさのせめぎ合いなわけです。
そういえば、ライブ行くのに参戦って言葉を使うのは変、なにと戦ってるの?ってせっちゃんがどっかで言ったとかいう話があったけど、そうね、行くまでの間には各々いろんな戦いがありますな!

まあ、その言葉はね、わりと広まってる言い方だと思うし、使いたい人は使えばいいし、使いたくない人は使わなければいいし、せっちゃんは変なの~って思うらしいからじゃあやめとくか~ってんでもいいし、いや私は使いたいから使うわ~ってんでもいいし、なんでもいいんじゃないかしらね、そこは自由で。
私は今は使ってないけど、最初の頃そういうもんだと思って、ライブに行くことを業界用語的にみんな参戦って言うんでしょ!ってうれしくてウキウキと使ってた頃があったから、あんまり頭ごなしに変って言われてシュンとする人がいたらかわいそうだな~って、せっかくウキウキしてるのにそんなことでシュンとしないでね~!って思ったりします。

あ、また脱線しちゃった、なんだっけ。
というわけで、適当に見たり見なかったり、その辺はゆるゆるで。
私なにかと雑なくせに、根が真面目だからさ~(←?)、つい委員長的に頭がガッチガチに固くなりがちなの、でも自分がそうだからって人にもそれを押し付けるのは違うのかな~って思い始めたりしてね、だからいろんなことにもっと柔軟になりたくて、なのでちょっとそれを心がけているんです最近。(最近かよ)
だって、いろんな人がいるな~って思うし、いろんな考え方があるな~って思うし、あんまりガチガチになると、自分の考えだけが正しいみたいになるでしょ、そういうのは避けたくて。
ゆったりした心の人になりたい。
私がイヤだと思うことは私はしない、でいいかな~って。
で、MCの話だけど、よく考えたらなにかを見たり聞いたりしててもすっかり忘れてたりするから、新鮮に反応できそうな気もする。(ゆったりした頭)



やりたいことがあって、それにはこういうのがあったらいいな~ってのを自分で作ることにした、ギターとベースを自分で切って貼ってくっつけて。
そういう内容のことを、もっと丁寧に、しっかり説明してくれる。
そのご自慢のWネックを立てて持ってて、それが光に反射してキラキラ光って、自慢げなせっちゃんに応えるように、楽器自身もどうだすごいだろう!って言ってるみたいだ。
くっつけてみたら切り過ぎちゃってて、二本の幅が狭くて、チューニングができない!ってなって、せっかく付けたのを一回剥がして、上の間が広くなるように斜めにカットして、またくっつけたらしい。
おおー、すげー!
そんな工夫して、苦労して出来上がった一本なんですね!

こういうことができるんだよ、って説明をする時に、ポッキーのメロディーを弾いた。←Stick to fun! Tonight!
うっわー、このメロディー聴くといろんなこと思い出すよ、総ちゃんがいた時のツアー、ケンジがいた時のツアー、あの曲間のフリもかわいかったけど、まず最初のこのメロディーがもうね、ちょっと聴いただけで楽しくなっちゃうもんね!
会場もワーッ!と湧く。
けど、それはホント見本っていうか、ちょっとやってみせてくれただけのようだった。
なーんだ、それをするんではないのか。
じゃあなにをするんだろう。

いたいけな秋
えー!いたいけー!
きゃー!
えー!

私のメールの着信音がこの、いたいけっていうか逃亡のテーマで、どっちを使ったかもう覚えてないんだけど、このイントロ部分で。
ちなみに登録してないとこからのメールはポッキーのイントロで、せFCからのメールはせっちゃんの声に設定している。(だからFCメールがくると無駄にニヤニヤする)
iPhoneはみんな決まった音なんでしょ?あ、やろうと思えばできるのかな。
アンドロイドの好きなとこのひとつがこれだったりする、あとホーム画面とかを自由にカスタマイズできるところ。

そんなどうでもいいことはともかく。
「STUPID SPIRITっていうツアーした時にね、最終日が広島で、ここの会場だったんだよね、BOSEくんが来てくれて」
うわー。
私がせっちゃんを好きになってから初めて行ったのが、この歌をやったSTUPIDツアー最終日の、この会場のライブで。
その年の夏に、妹について行った人生で初めてのフェスで、この中だったら斉藤和義って人が気になるかな~ってかんじで、顔もよく知らないくらいのかんじで観て、雷に打たれたような衝撃を受けて、急激にハマって、それから初めてライブのDVDというものを買って、初めてチケットというものをなにかの先行で自分で取って、そして人生初のワンマンのライブ。
私の音楽の初めては全部せっちゃんだった。
この会場の二階のいちばんうしろのはしっこだったけど、それでもすごくうれしかった、震えるほどうれしかった。
ライブってすごい!って思った。

だから勝手にだけど、このセトリはなんだか自分のこの7年間の歴史を思い出させるなあ、と思った。
どのツアーもそれぞれ楽しかったな~、ツアーの前にはアルバムが出て、その辺りにはラジオやテレビがあって、その度にキャッキャして。
最近、録画したものの整理をコツコツとやっていたこともあって、ちょうど最近せっちゃんと小藪さんとBOSEさんと臼田あさ美さんでトークした番組を懐かしく観たばかりだった。

で、それをひとりで!?
「すごく好きな歌なんだけど、BOSEくんがいないとできないっていうのもね、と思って」
たぶんそんなようなことを言っていた。


すごい・・
あの頃たしか、せっちゃんパートですらちょっと慣れてなくて緊張するとか言ってて、なんか見るほうもハラハラしたのに。
ギターなしでマイクだけ持って、だからなんか落ち着かなさそうで、アンガールズみたいな立ち方で、それもかわいかったんだけど、それなのに。
昔、いつだったか、どこで見たんだったかは忘れたけど、日本語ラップはちょっと苦手みたいなことを言ってたせっちゃん。
それが、BOSEさんと作ったらこんなかっこいいのができて、7年経った今、ひとりでこんな歌うようになってるなんて!

どうしても継ぎ目部分が歌いにくいのは仕方がない、だって元々ふたりで歌う歌だから。
だからどうしてもちょっと忙しい印象にはなってしまってたけど、重なる部分とか掛け合い部分は録っといた歌を重ねてもいいんじゃないかと思ったけど、それにしても歌いきってた。
せっちゃんいつの間にこんなにできる人になったん!←失礼
すごいな~、50歳(今日で51歳、おめでとうございます!)でこの進化だよ!
努力の人だ。
活躍し続ける人はみんなそうなんだと思うけど、持ってる才能っていうのはやっぱりあると思うけど、それだけではこんなに続けられないはず、現状に満足することなく、高みを求めて、それに近づく努力をしてるんだよねきっと。
練習しただろうな~。
演奏ももちろんだけど、この歌をなにか紙を見るでもなく、ていうか紙を見たって噛みそうだよ!
すげえ、あんたほんますげえよ~!

そういえば遺伝が出た頃のラジオラッシュの時にせっちゃんが「弾き語りといってもどっかワンマンショーみたいなかんじになったらいいなと思ってます」ってよく言ってて、ほうほうワンマンショー!と思ったけど、そりゃもうこれはまさしくショーだわよ、朝まで~ふざけようワンマンショーでぇ~アアア~←ワンマンショーと言われたら自動的に出てきてしまうジュリー

で、どうしても観たくなってきたのでSTUPIDのDVDを観た。
アンガールズは言い過ぎだった(ごめん)けど、BOSEさんに「よく噛まずに歌えるよね、オレあれだけでも噛むのに」とか言っていた。
それをあんた、よくひとりで歌ってたよ、すげえ~!
そして、この時より今のほうが声に凄みがあった気がする。気合いかな。
思い出してすごい、って思うのと、久しぶりに観たDVDのそれはそれでめちゃくちゃかっこよくてすごい、と思うのでもうもうもう、好きが破裂しそう!




ジャカジャカとせっちゃんが激しめに弾いて、おお?ここからスタンディングコースに突入か?
何人か立ってる人の姿が見えたので私も立ったら、わらわらとみんな立ち始めて、ほとんどの人が立った。
と思ったら始まったのが「ヤケ起こしてもいいよ~」ってそんな激しくない傷口だったから、あれ?傷口?あら?まだ立つとこじゃなかったのかな?ってなった。
こう、気持ち的に、振り上げた拳をそっと下ろすみたいな・・
なんとなく会場にもあら?っていう、同じような気持ちの人がいるように感じた。
傷口
たぶん、ここは立つ人もいれば立たない人もいるんだろう。
歌はそんなウオー!ってかんじではないけど、でも、せっちゃんの演奏がウオー!ってかんじだったんだもんね、いいよいいよ、ずっと立ってりゃ座りたくなるけど座ってりゃ立ちたくなるっていうね、人ってそういうもんよね。
あ、この歌の時は全然バンドの音のことを思い出さなかったなあ、そういえば!



ここから三曲はもうなにも考える暇なくキャーってはじけてたから、あんまり書くことありません。
カーラジオ
ベリーベリーストロング ~アイネクライネ~
I Love Me

思い出すのは、カーラジオの「オマエのとなりを飛んでる」の、オマエのところで正面向いて指を差したのと、アイラブミーのダダッ、ダダッ、のところでフゥー!が発生してたってこと。
あとで友達と、手拍子は基本的にないほうが好きだけど、だからって全部に手拍子がなかったら盛り上がってる感が出ないか~、って話をした。
なので、ここの盛り上がりタイムのフゥー!はまあいいや、あんまり私の好みではないけど(せっちゃんのフゥー!は好きなんだけどさ~)、しっかしアイラブミーってなんでこんなに楽しくなっちゃうんだろうね、ホント!あ、それを言ったらカーラジオもベリベリもだけどさ!
「ぼくに言った」のいちばん高いとこの声がギリギリだったので、がんばれー!と思いながら聴いてたけど、でもせっちゃんって少しは高音きついのかもしれないけど昔の歌も普通に歌ってるし、今回だって岡山広島と二日続けて歌ってるし、大阪とか東京とかは2daysだし、すごいよね~。
あんたホントすげえよ、さっきからずっとベタ褒めだよ~!
(あ、でもあの人の周辺の人たち、民生さんとか丙午仲間とかはみんなわりとそういう人たちだらけなのか、改めてすごい世代ね~)




みんな生きてたらいろいろあると思いますが、転がって行こうぜ広島~!ロックンロール!イエーー!
行き先は未来
これは映画「超高速参勤交代」の歌で。
あ、これにも深キョン出てたね!
なんだかんだいって私はせっちゃんの歌が使われたという映画をどれもちゃんと観に行ってるな~って気付いてちょっと笑えた。
忙しくてそんなヒマがない人もたくさんいるだろうから、そんなどれも観に行けるなんてただ単にヒマなだけでしょと言われればそれまでなんだけど、いやなんていうかさ、素直なファンだな~っていうかね、なんか私かわいいな~って思ってさ~!

ここのギターってあれみたいだったっけ?ドブロとかいうのみたいじゃなかった?違ったー?






アンコール
白いグッズTシャツにお着替え。


ずっと好きだった
あれ、なんかすっぽり記憶がない。
やっぱり歓声が大きいな~、と思ったのと・・あと、この歳になると同級生もずいぶんあれで、好きだったって言われたってあれよね~、っていうのと、好きだったって言いたくても向こうも言いたくならないってこともあるかもしれないわよね~、とかって悲しい現実を考えてしまって、フィクションだから!ファンタジーだから!とか思ったのを思い出したけど、こんなことばっか考えて聴いてるのね、私ね。




空に星が綺麗 
散々聴いてる気がするけど、この歌はやっぱりUSTを思い出す。
あれ、なにかと聴いてるけど、ライブで聴いたことあったんだろうか。
あ、20周年の神戸で聴いたか・・
そうだそうだ、神戸行ったな~。
ほら、やっぱりいろいろ思い出させるセトリ。(私には)
ライブの思い出に加えて、その時会った人の顔ももれなく浮かぶ。
時は経っていくけど、少しずつ薄れていくけど、楽しかった記憶は財産で、きっと忘れないと思う。
悲しい記憶もなかなか消えはしないのが人のつらいとこだけどね、でも楽しいことって自ら増やせるからね、増やしていきたい、これからもいっぱい!




やわらかな日
これは初めてかも、生で聴くの!
歌うたいのところでも思ったけど、今日はなんだか家族のこともよく思う日だ。

でも「言葉は胸の中」ってさ、歌うたいの「本当のことは歌の中にある」もそうだけど、あんまり言わないタイプなのかしらね。
言わないけどオマエはちゃんとわかってくれるよねってことか、言わなきゃわかんないっていうかたまには言ってほしいってこともあるけどね~。

せっちゃんの嫁になったら気苦労が多そう。
だって基本あんまり家にいなくて、たまにいると思ったらDIYやってるか飲みに行くかで、昼くらいまで寝てるんでしょ~、めんどくさそう~。(想像です)
いやいや、歌詞の世界をまんませっちゃんで考えるのはやめましょう。

あー、でもこのふたりはちゃんと会話してるのか、ねえ聞いてんの?聞いてるよとかってさ。
そして話すよりもなによりも触りたいんだもんね、わかりやすいよね。
この歌の世界のこのふたりは今も仲良しかな、暮らして長くなるといっしょにいても冷え切ってるような話ばっか聞きがちだけどさ・・
うちはまあいいほうかな、子の話とか関係なくずっと喋ってるもんね、もう22年もいっしょなのにそういう関係なのはきっといいほうなんだろう、子もそのうち巣立つんだろうし、どうせ暮らすならずっと仲良く年を重ねたいよね~。
とか思いながら聴いた。

そうだよ!←なに突然
よそのオトコ(せっちゃん)にキャーキャー言っておもしろくないかもしれないけれども、だからってそんなもん手が届くわけじゃなし、それより楽しければ楽しいほど感謝の念が湧くし、なにかおうちに還元しようと思うんだよ、その上肌はツヤツヤするし、髪は潤うし、ご機嫌になるし、いいことしかない。
かわいい嫁にはライブに行かせろ、ということわざもあることだし!(ねーよ)




ギター
っていう歌をウクレレでやります、と言っていた。
イエーイイエーイイエーイのところをみんなに歌わせる。
けど、ちょっとごめん、ちょっと忘れてて、最初探り探りになってしまった。
は~、なにかしらこの多幸感は。
いい終わり方ですね!





弾き語りをこんなに間を空けずにまたやっていきたい、みたいなことを言っていた。
それはとてもうれしい。
けど、ひとりってすごく気持ち的に大変なんだろうから、無理しないでね、とも思う。
ツアーも、あんまり長いのだと大変そうだからそんなに多くしなくてもいいよ、とか思うけど、それだとまたチケット取るのが大変になったり場所的に行けない人も増えるからそういうわけにもいかないのか、でもホント、あんまり詰め過ぎないように、ゆったりした働き方で、そしていつまでも元気で長くライブしてね・・

本編の終わりとアンコールの終わりに変な踊りみたいなのをしてたせっちゃん。
踊りたいのかね、踊ってもいいんだよ。
そしたら双眼鏡と自分の目で交互にニヤニヤ見るよ。

かわいいとバカなのーとかっこいいかっこいい、そういうライブでした、満足!ありがとう!おわり!

って私もう一回行くんでした、次はもうそんなに書くことないと思うよ!笑







〈セトリ〉 

01.やさしくなりたい
02.Are you ready?
03.歩いて帰ろう
04.メトロに乗って
05.それから
06.かすみ草
07.夢の果てまで
08.遺伝
09.はるかぜ
10.映画監督
11.歌うたいのバラッド
12.いたいけな秋
13.傷口
14.カーラジオ
15.ベリーベリーストロング ~アイネクライネ~
16.I Love Me
17.行き先は未来

アンコール
18.ずっと好きだった
19.空に星が綺麗 
20.やわらかな日
21.ギター












このページのトップヘ