月のひとりごと。


ネタバレあります。

2017年10月7日(土)、広島クラブクアトロ。 
17-10-12-19-13-16-838_deco


朝はまだ曇ってて、ざーっと強い雨が降っていて。
お昼前に近くのスーパーに行ったんだけど、行く時には雨がまだパラパラしていたのに帰る頃にはすっかり上がって晴れ間が出ていて、そして暑くなってて、え~、Tシャツの上に羽織ろうと思ってたあれじゃ暑いかも・・
この時期の服は本当に悩むね!



16時くらいに行ったらそこそこ並んでいた。
ラウンドタオル、かわいいと思ったんだけど私にはどうにも使えそうにないし、いっそフード付きタオルとかレジャーシートだったらフェスとかで使えるんだけどな~。
部屋にっていってもあの配色はな~、いやその前にスカル柄はうちの部屋には合わないな~
というわけで、トートにしたよ!

ビッグとは書いてあったけど本当に大きい
IMAG1272
比較対象にCDを
IMAG1273
持ち手がふたつのほうが好きだけど、チャックがあるからか意外と使いやすい
IMAG1271
内側に小さいポケットもあるし

いつだかのなにかでキュウちゃんが使ってるっぽい写真かなんか見て、あーかわいいかもって思って。
もろにバースデイってわからないほうが普段使うには使いやすい。
欲を言えば黒地のほうが汚れが目立たなくていいんですけど、もっといえばチバさんの書く字でグッズ作ってくれたらなんでも買うんですけど。
チバフォントならば、ハンカチでもタオルでもトートでもシャーペンでも消しゴムでも←小さい



クアトロは番号悪くても、端ならわりと三列目とかに行けたりしてたんだけど、この日は思ったより人がいた。
四、五列目とかだったのかな~、五、六列?

入ってからの一時間が長くて長くて。
ライブは耐えられるけど、そのうちこの一時間が耐えられんようになるかもよ・・
オールディーズ的な、アメリカのロックみたいな音楽が流れていた。←詳しくないのでざっくり



チバさん以外の三人が出てきて、あとから登場するチバさん。
この登場の仕方は本当にいいよね~!
ワンマンバンドってことではけっしてないのに、でもチバさんはやっぱりスター!ってかんじがするっていうか、こういう登場がとても似合うっていうか、華がある人、とにかく絵になる人なのだ。
文句なしにかっこいい。
サングラスかけて、ポケットに両手を突っ込んで、そのポケットってパンツのポケットではなかった気がするけどあのチュニック丈のシャツって両方にポケットがあったんだっけ?
って自分の記憶を怪しんでたら、次の高松に行った人のそうだったっていうツイートを見て、あってた~って安心する。
きゃーかっこいいー!ってあんなに思ったくせに、すぐ忘れる。
記憶力が悪いってのは本当に本当に自分でも残念なんだけど、その分いやな記憶も他の人よりは忘れやすいんだと思うので、これも長所として生きていくことにする。(なんの宣言だ)

ツアーが始まった時に、髪を切ってる、前髪あってかわいいだの若いだのっていうのを見て、ああそれ見たい!でもチバさんすぐ髪伸びちゃうからな~って思ったんだけど、やっぱり襟足は伸びてるっぽかったけど、でも前髪おろしてて、それー!それですそれです私そのチバさんが大好きなんですありがとうございますー!

それにしても柄シャツに黒いストールしてサングラスかけてポケットに手を入れて、女に刺されそうだそりゃ・・しかもわくわくしてるんでしょ、ワルだわ~←歌詞だよ
01 24時
24時!のところ、全部ではないかもしれないけど、左手で「にじゅう」で2の指、「よじ」で4の指をしていた。
2の指っていっても、ピースして見せてるんじゃなくて、横向きのピースの形、甲のほうをお客側に見せて上下に振るかんじ。
今まで、上を指さしたり下を指さしたり羽ばたいたりとかは見たことあるけどこれは初めて見た!
見逃したけど、ハンドルも切っていたらしい。
やだ~新しい~素敵~(いきなり骨抜き)

ドラムの見せ場のところでチバさんがサッと手を振ったか指さしたかして、キュウちゃんがパッと照らされて、きゃーキュウちゃーん!(コロッ)



02 夜明け前
この、そわそわさせるのはハルキのベースなんだなあ。
バースデイにはちょくちょくあるよねこういうの、なんかこう、そわそわ、ぞわぞわ?ゾクゾク?するやつ!
ジャスティスとか言ってかっこいいのはチバさんだけ!・・ってこれ前にも書いたような気がする。



03 ROCK YOUR ANIMAL
この日の押しがめちゃくちゃすごくて、もみくちゃのわやくちゃで。
必死にオーイエー!とかフッフー!を隙間から言った記憶。
が、後ろから観てた人によるとそんな激しかったのはどうやら前のほうだけだったらしい。
なんだったんだろう、無理やり前に切り込む人でもいたのかな~、本当に今までで一番すごかったんだけど・・そのへんの、慣れてるような人たちが口々に今日なに?すごいね、ひどいね、って言い合ってるくらいだった。



04 バーテンダー
あとで見たツイッターによるとどうやらこの曲の前にチバさんが、ロックンロールは腰で踊るんだぜ、とか言ったらしい。
どっかでロックンロールは・・って言った気がしてたけど、聞き取れてなかった。
そんなこと言ってたの~!やだ~腰砕け~←IKKOの声で
しかしこれまたもみくちゃで!
隊長!我々には腰で踊るようなスペースは1ミリもないのであります!

リトルビッチ♪ 仔猫ちゃん♪ ってところをいきなり、仔猫ちゃん♪ って歌ったから、あ!どうすんの、もう一回仔猫ちゃん?と思ったら、リトルビッチ♪ って入れ替えた!おおーそんな技が!(というほどのことでも)
この歌の歌詞では、その仔猫ちゃん♪ のとこが印象的だったけど、そのあとに「忘れたね 記憶喪失 毎日FRESHで最高」ってとこがあるのを友達が言っていて、ああ~全然そこ意識してなかったけど、なんだ~私の歌でしたか~!と思って(違う)さらに好きになったので、楽しくって楽しくって、記憶がないよね~!(おい)



05 ROCK 'N' ROLL GIRL
火星人に恋をして~♪
の歌詞を、遠くを見ながら口ずさむケンジを見た。
でも次の、スカート黒に染めた~は歌わないんだね!



06 木枯らし6号
初聴きはここであったフラカンバスデの時で、あけおめを聞いた時で、あ~私の今年のバースデイはこれで終わりなんだ・・
その二月の時と、六月の福山と、八月のワイルドバンチと、それで十月の今日・・私にしては運良くいっぱい行けた一年だった。
悲しいこともあったけど、楽しいこともいっぱいあったな・・
なんだかしみじみ思い出していた。

やっぱりハモるところ好きだな~。
おサラバとか悪魔とか言ってるくせに、リズムがなんかハッピーなんだよね~。



07 あの娘のスーツケース
始まった時にお客さんがイェー!ってなる。
そのかんじはイヤじゃないかんじ。
曲間はちょっとやたら名前呼びすぎじゃね?とは思ったけど、あと、押しはひどかったけど、全体的にノリとしてはこの日すごくいいかんじな気がして、そういうの大事よね!
こればっかりは自分だけじゃどうにもならないから、当たり!っていうか。
広島のクアトロはハコ的にやりやすいとかわりと好きって向こう側の人たちが言ってくれるのを聞くことが多くてうれしいんだけど、お客さんのノリってのはその日の運だもんね。

「でも高円寺は好き」っていう歌詞を、ツアー前半ではご当地の名物で言ってて、福山はそれがフジケンだったんだけど。←名物?
後半では出身の人の名前になっていて。
群馬で「でも中山秀征」
栃木で「でも斉藤和義」
その後、
山梨 中田英寿
大阪 堀ちえみ
滋賀 武豊
岩手 新沼謙治
青森 棟方志功
秋田 柳葉敏郎
宮城 フランク永井
島根 ギターウルフ
と続いたらしく(合ってる?)、広島は誰だろう。
ケンジはもうないだろうし、わりと渋いとこいってるから矢沢永吉?西城秀樹?とかって言ってたら・・

「でも永ちゃんは好き」
フゥー!と盛り上がるお客!

そっちか~!フルネームじゃないのね、そのパターンもあったわ~。
(このあとの香川では石倉三郎だったらしいよ、渋いね!)

各地のを考えるの大変じゃないかな、めんどくさくないかな、楽しんでるんだったらいいな。
私は楽しい!
毎回終わったら誰かが名前を呟くから、その時間にツイッターを見るのも楽しい。
誰にする~?とか言ってるんだろうか、名前の乗せ方とかちょっと口ずさんで練習とかしてるんかしら、とか想像すると顔が緩んで仕方ない。
わざわざ名前を書いたのをどこかに貼ってるのもかわいい。
だからってツアーの度にこういうのお願いします!とは言わないけど、たまにこういうお遊びっていうかサービスっていうか、そういうのがあるの楽しいよね!

いつもより少し列が後ろだからか、音を冷静に聞けた気がする。
といっても、元々の聴くスペックがあれなもんで、あれな人のいつもよりだから大したことはないのだけど、ああ~聞いてた音源とは違うってのがわかる気がする!
最後のナナナのとこのドラムのリズムが好き、そんでギターと、ベースと、チバさんと、って全部じゃん!(いつものこと)



08 月の上のイライザ
ザワザワしていて、チバー!とかずーっと呼ばれてて、ちょっと途切れたらもうそのまま黙ってたっていいのに、無理になにか言おうとしなくても。
沈黙が怖いのかね、付き合いたての恋人たちかね!
歌いそうなのは見てわかるんだから、黙って、と思った。
こういう時の歌いだしって難しいだろうなあ。

今までのノリからして、「月の~」でヒューとかフゥーとかなるのは予想できて、そこはあきらめてたけど、さらに遅れてかぶせるイェーは、いらん。
お願い早く静かにして・・と思ったら、「上の~」「イライザ~」のイライザくらいでちょっと静かになって、その次からはグッと声の力で黙らせたかんじ。
かっこいいっす!親分かっこいいっす!←だれ

イライザって名前はどっから思いつくんだろうな~、イライザ・・勝手にメーテルみたいなイメージのイライザ・・

照明が青くて、上に黄色い丸が並んでて、月みたいでとてもいい。
最後は赤くなった。



09 爪痕
これを聴きたいな~って言ってた人が浮かんで、あ~よかったね、聴けたね~。
10月だしもうやらないかな~なんて私はのんきに思っていて、とくになにが聴きたい!とかは思ってなかったから、だから、よかったね~なんて他人事みたいに思ってたはずなんだけど。

すぐに自分の世界に入り込んで、終わる夏に想いを馳せてしまっていた。
ちょうどたまたまこの日の朝に、ある企業のお祭りが今日なんだって、去年行ったね~って話を息子としていて。
行くかもしれない企業のお祭りだったから、是非顔を出してみてくださいって言われたら行かないわけにはいかなくて。
去年の今頃は犬がもうわりと大変な頃で、家に犬だけを置いて出かけるのは極力控えたかった。
あの日は天気がいい日で、すごく暑くて。
とにかく早く帰ろうと、焼きそば持って駐車場まで早歩きで戻ったけど、広い敷地で大変だったねえ。

その日の朝にみた夢は犬の夢で。
この夏は毎年盆正月にいっしょにお酒を呑むおじちゃんがいなくなった夏で。
ずっと続くことなんてないって私は知ってるはずなのに、やっぱり続くって思ってしまっていたなあ、バカだなあ。
ああ、終わらないで、今日のことも過ぎてしまえば思い出で、こんな幸せな時間も当たり前だけど永遠じゃなくて。
でも、だから、しっかりと、消えないように、消えないように。

たぶんオレンジの照明だった。
最後の黄色だったか白だったか、後ろから照らされたケンジの横顔のシルエットが綺麗だと思った。



10.DEVOLA
「言ってみろよ」のスター感ったらね!

オレが言えんのは~!の時だったかな、キュウちゃんが寄り目みたいな白目みたいなのをして頭を振った。



11 情熱のブルーズ
またひっどいもみくちゃで!マッシュポテトになるよ私たちがー!
でも楽しいのだった。



12 VINCENT SAID
ハルキのベースに、キュウちゃんの刻むリズムに、聴かせてくるケンジのギターに、そんでチバさんの声・・ってまた同じようなことを書いてるな私は?
ええい何度でも書くわい、かっこいいもんはかっこいいんじゃい!

チバさんが手を上げると同時にピタッと音が止むのが、めちゃめちゃかっこよくて!
魔法使いみたい!
あ~これはもう一回映像で観たい!叶うならどうか!
最後もすっげーかっこよかった気がするよ!



13 Red Eye
照明が点滅、ピカピカする!
これはゴーストモンキーの時じゃなかったんですかい!
ここでもやるんですかい!
目が、目がぁー!

Oh! Red Eye! ってことは重々承知の助なんだけど、オッレの愛~!って聞こえるのが好きなので勝手にそう聞いてる。

ハープを吹くチバさんと、ギターでオラオラするケンジが向かい合う、近い。
ケンジのギターの姿ももちろんかっこいいけど、チバさんのハープを吹くその姿形がめちゃくちゃかっこいい。
マイクのコードをマイクといっしょに軽く握って、そんでハープを両手で持って、体をくの字にして吹く、それがもうなんていうか、あ~~←説明放棄
見目が美しいのって実はすごいと思う。
それはもう天性の、天から授かった贈り物だもん。
あの独特の声に加えて姿もなんて、そりゃファンの人に天使とか言われるわけだよ・・酔っぱらってテーブルをずっとトントン叩いててもかわいいわけだよ・・(まだ夢チカのを引きずっている)

最後のほうで音に乗ってチバさんが両手を上に上げてゆらゆら踊っていた。
体を反らしてないマトリックスみたいな。
その上げた手を、片方は上で片方は真横にして止まってた時もあったので、あとで友達が3時?9時?とか言ってたのおかしかった。
天使って本当は(手を)上げた~おじさんの姿を~してるかもしれないわ~♪←違う歌



14 プレスファクトリー
旧曲をケンジの演奏で聴きたいというと、前のがどうとか、そういうことじゃなくて。
純粋にライブで聴いた音が聴きたいな~と思うので、ライブ音源をどうにか売るか、なにかのおまけにつけるかしてほしい。

トマトはさぁー♪ のところをキュウちゃんが口ずさんだ。
でもそのあとの入れないで~とかは歌わないんだ。
けっきょーそれは重要、ってそこをかなりはっきり「けっきょー」って歌ってたチバさん。

従業員はみんなファンキー♪ をいっしょに歌うのは二回目だけらしい。
ってことをあとで知ったんだけど、私はただ単にぼんやりしてて一回目を歌い忘れてて(笑)、セーフセーフ←?
たしかに、二回目はケンジが大きい口開けてお客さんに促してるみたいだった。
みんなが歌ってるのを見てチバさんがニコニコしていた気がする。

ここはヘブン♪ って本当にそうだよ、天国みたいだよ、行ったことないけど・・なんていうかハッピーさが・・
あーハッピーだわ~。今!わたし!幸せ!ってなるわ~。



15 夢とバッハとカフェインと
ボンボボボンのハルキのとことか見た。←書き方
前から三列目くらいで上手にいると、人で隠れてほとんどハルキは見えないんだけど、それよりもう少し後ろだと意外と全員見えるもんなんだな~、ここステージ高いし。
といってもキュウちゃんは引くと見えなくなってくるから、厳しい~やっぱり三人までしか見れない運命なのか~(大げさ)
それにしてもなんでこう、どれも全員の音が輝く曲が作れるんだろうか!



16 GHOST MONKEY
ケンジがギュイーンってつまみを回して、なんかすごい音がした。←小学生か

ハルキハルキ、とここでも見た気がする。
ほらほら、見えてない時に思ってたとおりよ、かっこいい、心の目で見たのとおんなじよ~(手抜きではないよ?)

フランチェスタアナスターシャの次は「あの日見た」だったのか~←今頃歌詞を見ている
ノヒミタってカタカナで聴いてたわ、ノヒミタってなんだろうと思ってた!

チバさんのマラカスってここだった?
うーん、もうねえ、隙間からハルキは見んといけんし、ギャワギャワするギターもスパンスパン叩くドラムも気になるし、んでノヒミタの謎も考えんといけんし、忙しいんよね~(アホか)



17 1977
私はその時誰のどこを見てたのか、ケンジのことを大好きな人たちが、ケンジがここの最初のギターを・・って話してるのを聞いても、え?そんなことありましたっけ?みたいになる。
そういう時に、あ~全員好きっていうのはこういうのがあるよね~、やっぱ分散しちゃうから集中できてないっていうか、いろんな見どころを逃すんだわ~。
ま~ひとりで四人見たいってね、そりゃ無理な話よ。

なんかこう楽しくなっちゃうのはなんでだろう、チバさんがニコニコしてるから?
オーイエー!っていっしょに言う時なんて、すっごい幸せなんですけど!



18 抱きしめたい
今年これを聴いてはグッときて、視界がぼんやりとか毎回してたんだけど、今までみたいにはならなかった。
やっと私これを違うかんじで聴けるようになったのかも?
それとも今日は爪痕でたっぷり考えたからもう満足なのか?←どういう理屈だよ

今の世界情勢で聴くからか、違うように耳に入ってくるっていうのもあるのかもしれない。
どうしたらいいんだろう、北朝鮮やらアメリカやら、そして日本のかじ取りを誰に任せたらいいのか・・
私が長生きしたとしてもあと4、50年だけど、その先、子や孫がいてもいなくてもそういう未来の人たちの世界、自分がいなくなってからの世界は今よりもっと良くなっていてほしい。
それにはどうしたら?
そういうのがもうよくわからなくなって、不安ばかり渦巻く今。

この人たちがいるから大丈夫、とまで楽観的にはなれないけど、でも、心強いと思う。
もしかしたらガッカリすることも多いのかもしれないけど、ちゃんと考え続けよう、あきらめることだけはしないでいよう。
握った手にギューッと力が入った。






どれがどこでだかわからないのでここらでMCなど。

ケンジ。
福山の星フジイケンジー!だか、フジケンー!だかってお客さんに言われて左頬を上げて笑ったケンジ。
マイクに近づいて「優勝おめでとう」
やたらボソボソした声で、わりと近い場所にいてもかなり聞き取りにくかった。
言うなら言うでもうちょっと聞こえるようにだね~。
ていうか名前を呼ばれて優勝おめでとうって返すのは、会話になってませんけども・・
街がこれだったからね~



キュウちゃん。
「リーグ優勝おめでとうございます」 
「いいですねぇ・・優勝」
「一回くらい優勝してみたいもんですねぇ」
お客さんが、モヒカン選手権!とか言って。 
ないわそんなもん、みたいに返していた。

そんなの、そりゃスポーツじゃないから優勝とかそういうのはないけどさあ!
ライブのたんびに優勝してるよ、私たちの中ではいつだって優勝だよー!

「といっても衣笠とか水谷実雄の頃しか知らないんですけど」
とか言ってたらしいけど、その時は衣笠しか聞き取れず。
その頃の私は巨人ファンだったしね、わかんないよね~。
でもそれにしても昔の選手にしても渋いんじゃないのかな、もっと他にいたと思うのよ、山本浩二とかさ~。



チバさん。
後ろを向いてチューニングしている時にお客さんがチバーとかチバさーんって呼びかける中で響いた「ユウスケー!」
その瞬間、グルンッって声がしたほうに振り返った。
おお。なにか言うのか?
そしたらチバさん、
「聞こえちゃった?」
って言って笑った。 
その顔がそれはもうかわいくて!
あの顔はもう本当にね~、あれはめちゃめちゃかわいかった!
あの写真があったら財布とかに入れて持ち歩きたいくらい!

私はなにが「聞こえちゃった?」だったのかその時はわかってなかったんだけど、チッって舌打ちをしたとか、ああ゛?って言ったとか。
やだ~、思わず口から出たそういうのをあの顔でカバーしたの?おつりしか出ないー!



ハルキ。
の声は聞いてません。
けど、手を振っただけでよし。
いいのですハルキは。いるだけで。ズルいね~!







アンコール。
全員Tシャツに着替えて出てきた。
ケンジがケンジのTシャツを着ていた。
販促ですか、販促ですね?
私はケンジがどうこうっていうより普通に着れそうっていうので選んで今日それを買いました、今日は着てないけど。
あと、フジケンのアンプTって書いてて広島で売れ行き悪いのは悲しかろうという気持ちもありました、やっぱり気分よくなっていただきたいではないですか、広島県民としては。
たとえおかえりって広島で言われてもさほどうれしそうでもない福山県の人だとしても←
売れてるのかな~、あんまりバカ売れしてケンジの鼻がビューンと伸びるのもイヤだけど、あんまり売れなくてショボンともしてほしくない複雑な気持ち。
って私はケンジをどんな性格だと思ってるの・・


「今日は何曜日だ」
ワーッ!と湧く会場!
19 SATURDAY NIGHT KILLER KISS 
みんなが土曜日って言ったかどうかもわからないうちにまたきたビッグウェーブ!
押し!圧!どこへ行くんだわーわー!
足がどこにあるんだかといったような、本編でひどいと思ったのをさらに上回るもみくちゃ。
わーわーなってる間に、あっという間に終わっていた。



チバさんがいきなり。
「フジケンはこう見えてヤクルトファンだからね」
知ってる~カープファンのお兄ちゃんにつば九郎のスタンプで返すんでしょ←一彦さんのラジオ情報
わりと知らない人も多かったのか、へえ~みたいな声も会場からしていた。
眉毛を下げた笑顔のまま下を向いて弾くケンジ。
20 なぜか今日は

おい!おい!おい!というノリ。
シンデレラに羽が~のところの手拍子する手が出せないくらいの中、必死に叩く。






四人が去って行って、音楽が流れて、え・・もう一回出てくるよね?
一瞬心配になったけど、終わりだったらすぐステージの上にスタッフさんが出てくるもんね、あるよね。

出てきたー!
と思ったら、チバさんが軽く前髪を上げていた。
でも本当に軽くだったみたいでじゃんじゃん下りてきていたから、しっかり上げるか下ろすかどっちかに・・(わがまま)

チバー!とまた名前を口々にみんな叫んでて、そんな中、「踊れるやつ歌ってー!」っていう女の人の声がした。
バッカモーン!
って私が波平ならめっちゃ大きい声で注意したわ!
アンコールは当たり前じゃないんだぞー、しかも二回目だぞー、出てくれるだけでじゅうぶんじゃないか、ありがたいじゃないか、注文つけるなんてもってのほかだ無礼者めがー!

ずずずっとチバさんが前に出てきたので一瞬怒られるのかと思ったら←怒ってもいいけど
「とんでもない歌が」
マイクなしでいきなり、わー心の準備してなかった!
歌が、くらいのとこで、もう全員が歌い始めた。
22 くそったれの世界
アイラビューは最強!!
ホントだよ!!
キュウちゃんのドラムも力強くて、私はわかってなかったけど友達によるとキュウちゃんの「アイラビューは最強!」の声もすごかったらしい。



23 READY STEDY GO
二回目のアンコールなのに二曲もやってくれたー!
わーわー(おわり)


・・っておい!
いや~そのくらい、もう持てる元気を出し切った!ってくらいに、はじけたはじけた。

ケンジが前に出てきて、っていうかあのラジオ聞いてから、やっぱり前に出てくる時は自信があるんだな~ってついつい思ってしまっていけませんね。
でもさ~、前に出てきてない時のケンジの見せ場のとこも(どこかは憶えてないけど)すっごく激しくて熱かったよね、この日のケンジ!

最後なかなか終わらなかった。
チバさんとケンジがキュウちゃんを囲むようにしていて、チバさんがすっごく笑ってるのが見えて、キュウちゃんのなにがそんなにおもしろかったんだろうと思ってたら、どうやらキュウちゃんがどっかの世界にイッてたらしい。
私からはその時のキュウちゃんは見えなかったので、見えた人のツイートで知る。

たしかに、キュウちゃんはこのあと二回もダイブして、二回目なんてTシャツ脱いで、真ん中あたりにそれも結構遠くに思いきり跳んだ。
そして、なかなか下界から上がってこれなかった。
ステージに上がってからもすぐには立ち上がれてなくて、膝立ちで両手で投げキッスしたのがかろうじて見えた。
キュウちゃんがダイブしたしてないってのが盛り上がりの目安みたいになるのはよくないけど、この日はなんだか本当に盛り上がったな~!っていう実感がすごくあって、なんていうか、いいライブだったんだと思う!最高に楽しかった!おわり!






〈セトリ〉

01 24時
02 夜明け前
03 ROCK YOUR ANIMAL
04 バーテンダー
05 ROCK 'N' ROLL GIRL
06 木枯らし6号
07 あの娘のスーツケース
08 月の上のイライザ
09 爪痕
10.DEVOLA
11 情熱のブルーズ
12 VINCENT SAID
13 Red Eye
14 プレスファクトリー
15 夢とバッハとカフェインと
16 GHOST MONKEY
17 1977
18 抱きしめたい

19 SATURDAY NIGHT KILLER KISS 
20 なぜか今日は

22 くそったれの世界
23 READY STEDY GO






新保さんの写真が、ま~素敵なこと!感謝!!!
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1789295094445033&id=576345765739978












2017年10月1日(日)、本願寺広島別院 安芸門徒会館 共命ホール
17-10-01-16-06-53-101_deco
ぐみょうホールと読むそうな

どんなかんじかがわかる、よそのお寺のブログ
http://blog.goo.ne.jp/myoukakuji/e/d33d0640b4c000355406abcf8bfc8248


どうしよう、ゆっくり書きたいのに時間がない。
土曜にバースデイのライブがあって、それまでにそれまでに!と思ってるんだけど、フラカンっておもしろいMCがいっぱいあるから、それ書いてたらどんだけかかるか・・
MCも感想も、かいつまんで憶えてるところを、時間までできるだけ書く!



〈セトリ〉
01 フラカンいざ行かん
02 父さん、ケッタを貸してくれん?
03 ヒコーキ雲
04 旅待ち
05 夏に生きる
06 キャンバス
07 初恋
08 ルパン三世主題歌Ⅱ (チャーリーコウセイ カバー)
09 ユレテミヨウカ (グレート前川ボーカル)
10 Oh!Baby! (RCサクセション カバー)
11 哀愁生活
12 Free Painting (qpsキューピーズ カバー・竹安ボーカル)
13 夢から醒めないうちに
14 氷の世界 (井上陽水 カバー)
15 二億四千万の瞳 (郷ひろみ カバー・小西ボーカル)
16 最後にゃなんとかなるだろう
17 この胸の中だけ

18 唇をかみしめて (吉田拓郎 カバー・鈴木弾き語り)
19 Good Morning This New Wolrd
20 夕焼け

21 いい事ありそう




パイプ椅子が並べられて、小さい体育館みたいな雰囲気のホール。
お寺っていうからお寺のイメージ、板張りとか畳張りの床でお坊さんが修行するような・・って想像してたけど違ってた。
前もって調べるということをしない私でした・・そこにどうやって行こうかとかね、そのあとどこでごはん食べようかとかね、そういうことに忙しかったんだよ~。(言い訳)

出てきた本人たちも学芸会みたいとか言うような、そんな会場の雰囲気で。
そういえば照明がずっと同じ明るさでなんの変化もなくて、学芸会でも照明はもうちょっとなんとかなるよね、と思ったけど、ここでそんな照明があっても困るよね、お寺だもん。
これはこれで珍しいからいいけど、やっぱり変化を付けるのに照明って大事なんだな~って思った。
ただ、そういうのに頼らない分、そっちに気を取られない分、音を堪能出来た気もする。
演奏がすごくいいなあと思った、竹安さん側にいたからか、とくにギターすげえ!って何回も思った。



マエさんが赤いTシャツで
41gzxY6Xm5L
ドンキで買ってきたんだって

赤いタオルがその辺に置いてあったのが気になってたんだけど、それはお好み村の大丸堂っていうお好み焼き屋さんのタオルで。
で、どうやらその帰りに寄ったドンキにこれがあって、V7だから去年のらしいんだけど、カープだからじゃなくてウルトラセブンが好きだから買ったんだよ!って言っていた。
ウルトラセブンの歌をやればよかったな、練習すればよかった、って。
あ~、ちょっと聴いてみたかったかも!

カープ優勝おめでとうって言っても会場の反応がいまいちだったらしく、無視かよ!シカトかよ!と拗ねる圭介さん。
シカトしてるつもりはないんだけど、カープ優勝した直後ならともかく、パッと言われてもそんなに自分のことのようにはありがとうー!ってなりにくいっていうかねえ。
この時の無視かよ!が気に入ったらしく、このあともちょっと反応が悪いとすぐ、無視かよ!って言っていてかわいかった。

見回して、今日はカープ女子はいないのかって。
そしたら、いるよ~っていう声がして、数人はなにか着てきてる人がいたっぽい。
でもさ~カープ女子っていってもそんな普段からカープの服着るような人おらんと思うよ、試合観に行く時ならわかるけど。
ライブで着るとしたらたぶん目立ちたいとか、着て行ったらいじってもらえるとかそういう意味合いなんじゃ・・あ、フェスとかで誰のを着て行くか迷った時とかならわかる。(普段着だったらすみません)

マエさんはカープのことをなにかと褒めていて、四十何年の歴史がなかったらとっくにカープファンになってるとか言って、それも深いドラゴンズ愛があればこそのあれなんでしょうね。

そうだ、どこかで広島弁の女子が一番好きって圭介さんが言っていた。
マエさんが、え~!じゃろ~とか言うのに!?みたいな反応で、ですよね~、そっちが正常だと思うよ、せっちゃんもそんなかんじだったよ・・(切ない/けどわかる)
でも、具体的にどういうのがいいってことはあんまり出てこなくて、自分のことを「うち」っていうのがいいとか言ってたけど、じゃりン子チエとか言ってたからそれ大阪じゃん!ってなって、いまいち圭介さんが広島弁のなにが好きなのかはよくわからなかった。


この日圭介さんはずーっと譜面台を見ながら歌っていて。
いつもはあんなに動き回ってるから歌詞とか見てないんだろうに、そんなにがっつり見るんだ~と思った。
この日のステージが高かったから、いつもの譜面台では高すぎて顔が隠れるってなったらしく、急きょ低くしてもらったらしい。
圭:いつものだったら左側のお客さんオレの顔見えないじゃん?
マ:左が得意の顔なんでしょ
圭:そうそう左が得意で右はパンパン、朝なんか全部パンパンだからね、むくんで、今朝なんかホントひどくてシャンシャンみたいだったからね!ちょうど目の下にクマがあって!

シャンシャンって上野のパンダのシャンシャン。
そのくらい真ん丸っていうか、むくんでひどいってことが言いたかったのね。
だけどそのあとに、(シャンシャン)かわいい〜ってポロッと言ってて、自分の顔がシャンシャンみたいって言ったあとにかわいいってきっと素で普通に言ってたのがおかしくってかわいかった。


シャンシャンもこの日何回も出た気がするけどなんだったかもう忘れちゃった・・
あ!
なんだっけ、カープの優勝した時は街はすごいんでしょう、お祭り騒ぎが!って話から、サッカーが優勝した時の(って言ってたけど優勝ではないけど)渋谷のスクランブル交差点がひどい、前にたまたまそういう時間に大阪で牛丼食べてて、食べ終わって出たらもうそんな状態で巻き込まれてハイタッチした、あれはまだよかったけど渋谷はダメ、ボンネットに乗ったりするのが、あのハロウィンもいや、10代後半から20代前半が一番きらい(その年代のファンもいるかもよ、苦手くらいにしといたほうが)、今年のハロウィンはどこ?長崎?長崎にもハロウィン来てるかなあ?
ここじゃない?シャンシャンの格好したら?ってここで出たんじゃなかった?(曖昧)





フラカンいざ行かん
前も聴いたけど、これは元の歌詞ってものがちゃんとあるのかしら、その時その時で変えていくのかな?前聴いた歌詞はどんなだったっけ・・
おもしろかったということしか憶えてないので、変えてても変えてなくても毎回新鮮に笑えると思う。


でも、どっかでホモって言葉が入ってて、どんなだったけな、四人ずっと仲いいけどホモじゃないよ、みたいな内容だったような。
そういうことはもう言ったらダメだよ・・と思った。
もうっていうかホントは昔からダメなんだと思うけど、昔はそれがどういう風にダメかみんな知らなかったから使ってる人も多かったしそれで普通に笑ってたけど、今は違う。
発信する人はとくにそういうとこを気を付けないと・・。
それくらい仲がいいってことを言うなら他の表現でもきっと出来るだろうし。

歌というものに元気や勇気をもらったり癒されたり、っていろんなものを受け取ってたりするから、そういう不用意な言葉で誰かを傷つけて、せっかく今までたくさん受け取ったものがそれで台無しになるのってもったいないじゃん。
その場で楽しめないだけじゃなくて、その後も前と同じ気持ちでは聴けなくなるってことだってあるかもしれない。

っていうことを、帰ってから思い出して考えた。
その時は、あ・・って思って、それで終わってて、その後すっかり忘れて楽しんだけど、それは私が当事者じゃないからなんだろうな。
もし自分がそうならそこからライブを純粋に楽しめるかな、それともそういうことにはもう慣れっこになっててチクッとするくらいで済ませるのかな、でもそれじゃあ小傷まみれでいっぱい滲みて、きっといつもつらいね。

最近のとんねるずの番組で問題になったこともあって、改めてそっか~って思ったばっかりだったからさ~。
体と心の性が違う人、同性の人を愛する人、両方の性を愛する人・・いろんな人がいるってことを、みんなもう知ってる。
私も今までそういうの、考えなしにブログに書いてたことだってあったかもしれない。
こんな一個人のブログで、そんな大して誰が読んでんだかくらいのものでも、それでも自分しか読めない日記帳に書くのとは違うもんね、気を付けようって今回のことで改めて思ったんだよ。

フラカンに限らず、他の人もね、それこそせっちゃんとかそういうことすぐポロッとMCで言いそうだから心配。
世界情勢を気にするのと同じように、そういうことにもアンテナを張っておいてほしいのです、表現者のみなさんはとくに!

というのをここで書いたってねえ。
どうしたらいいんだろうね、お手紙とか書いたらいいんかな、メールしたり?
なかなか勇気がいるね・・でもこのままなのはいやだなあ。
とは思うんだけど・・


と、のっけからダメ出しみたいなことを書いてしまったけど、ほら、さっき書いたみたいに私その時はそんなに深く考えなかったから、めちゃくちゃ楽しかったしすごく笑ったし演奏はすごかったし、いいライブだったんだよー!

よし、思ったことは書いたので、あとは楽しかったことをいっぱい思い出すぞー!

父さん、ケッタを貸してくれん?
ヒコーキ雲



旅待ち
わ~。
これはやばい。
私の中で犬ソングなので、犬ソングっていうのは犬が旅立ってすぐの頃にいっぱい想っていっぱい聴いた歌のことなんだけど、フラカンでは、あったかいコーヒーと、日々のあぶくと、心の氷と、あまくないと、これで。

全部捨てるんじゃないぜ忘れてあげるだけ いつでも思い出せるように
全部捨てたらダメなんだ 見えない場所に隠すんだ いつでも取り出せるところに

ってとこがさ~、
もうさ~~~
やばいでしょ~~~

日々のあぶくは忘れるな、忘れない、っていうんだけどね、もうなんでもいいの。(いいんかい)
ほんのちょっとの小さいことでも忘れたくない、でもきっとそのうち日々の小さなことは徐々に忘れてしまう、いやだ、全部、全部忘れないんだから。
っていう気持ちと、
すごくすごく悲しくて、いないことで、いたことをあんまりにも思っちゃうから、いつでも心の思い出せるところにいてくれたらいいなあ、こんなにずっと悲しいんじゃなくてそういう風にいつかなれるといいなあ。
っていう気持ちで、ふたつの歌を聴いたのだった。

それがさっきまでの明るいかんじから急に来ちゃったもんだから、あああ~ってなって、こらえたけどずいぶん危なくて目のふちくらいで留めて、んでやっぱりこの歌いいなあ、って思った。



夏に生きる



キャンバス
これ以上のラブソングは作れない!
みたいに言いきっていたのが印象的だった。

アルバムを聴いてこれのギターのところがすごくいいなあと思っていたら生でそれが聴けて、やっぱりっていうかそれよりもさらに良くて、はあ~竹安さん~!かっこよく見える~!(かっこいいんだってば)



初恋
恋を~して♪のあとのいつものドラムが入らないの、あ、ないんだ!と思った。
ドラムじゃなくてパーカッションだからそれに合うようにアレンジしてるのかな。


この二曲は結婚式で歌えるフラカンのラブソングだと言っていて。
「初恋が披露宴で、キャンバスが二次会」
「なんでだよ」
「どっちも二次会だな」

小西のお兄ちゃんの結婚式で歌ったのが最初だった、小西が歌ったら、やっちゃんあんた上手いね~あんたが歌ったらいいのに~、と親戚のおばちゃんが言って!
オレじゃないのかよ、嘘でも身内じゃないやつを褒めろよ!
大体ミュージシャンは呼ばれたら歌わされる、プロが三万(ご祝儀)払って、一円ももらえないのに歌うって!みたいに言っていておもしろかった。
そりゃそうだ。
生業にしてるものってそんな気軽に頼んだらダメよね、でも聴かせてほしいのはまあわかる。

みんないつかは別れるのにな、結婚してもどっちかがいつか死ぬじゃん!みたいなことも圭介さんが言ってて、すぐそうやっていつか死ぬって話をするから「鈴木の話が合うなあ、ここ」ってマエさんが言ったのおもしろかったし、和んだ。
マエさんは本当にいいサポートをするね!


とにかくキャンバスがお気に入りらしい圭介さん、取材かなんかの時に新しいアルバムの中で好きな曲は?って質問されて、たまたま先に小西さんがキャンバスって言って、取られた!ってなったらしい。
マエさんいわく、その時の鈴木の顔が曇ってすごかった、と。

「オレのキャンバス」とか「オレが作ったんだぞ」とか言っていて、どんだけ好きなん。
「だって11曲もあるのに好きなのがかぶったらいい歌がそんなにないみたいんじゃん、四人で四曲であとは捨て曲・・」
「いや捨て曲ってことはないから」
「ないけど!じゃあそう聞かれた時用にそれぞれ決めとこう」
「いやでもそんな決めとくのもちょっと」
そんなかんじでごちゃごちゃ言っていた。
曲もそんなに気に入られたら本望だね。
そして、そんなに言われたら、こっちもこれからは聴く度にそう言ってた圭介さんが浮かぶから、ちょっと特別になるね。



ルパン三世主題歌Ⅱ
あし~もとに~♪っていうあれ。
かーっこよかった!
こういうのやると、アレンジの仕方とか演奏のうまさとか声のすばらしさが際立つなあ、こういうのがカバーの良さだなあと思う。
だから、作る人たちからしたら自分たちの歌を聴いてくれよ!と思うのかもしれないけど、たまにカバーアルバムとか出してほしいって思ってしまうんだよね~、この曲をどう料理するんだろう!っていう。



ユレテミヨウカ
マエさんもいい声よね~!
これはなんて言ってたっけ、もう音源がないとか?
なんかのB面だったけど、なんとか・・ああもう忘れちゃった。



Oh!Baby!
これもよかったな~!
清志郎さんの曲らしいけど、とても合ってて。



哀愁生活
マエさんが、哀愁生活はオレの(好きな)10位以内に入るって言っていた。
本人たちの好きな10位までのランキングって聞いてみたいなあ、どの人のも。
私なんて好きなのが多ければ多いほど10位までなんて永遠に決めかねるけど、作った人たちのほうが案外ちゃんと決めれそう、好きな曲。

なんだっけ、アルバムの評判がいいとか悪いとか、前作は悪かったんだろうとか、友達が歌詞を見て圭介は大丈夫かって心配して連絡してきたとか、そういう話。

圭介さん、歌詞に書いてるからってその時がそのままそうってことではない、歌詞はオレの日記じゃないんだし、不幸な時に幸せなこと書くかも知れないし、幸せなこと書いてるからって幸せじゃないかもしれないし。
みたいなことを言っていて、ああそれはそうなのかもなあ。

1を100に!100を1に!でも、ゼロではない!
みたいなことを大きい声で言ってたけど、ちょっとみんなポカーンとして、それ見て、無視かよ!ってまた言って。
マエさんが、ちゃんとわかりやすいように話してって言って、オレはNHKに圭介も出てほしい、って。
「こないだもNHKの朝ドラにコータローさんが出たじゃん、演技とかして・・」
「あ~抱きしめてたやつね、カフカちゃんを、オレその日だけ観た!」
「そしたら次の日には増子さんが出てたじゃん、怒髪天の、ああいうの圭介も出ればいいのに」
「出ればいいっていっても呼ばれないもん、呼ばれたら出るよ!」
そりゃそうだ。
「あーでもオレ朝は顔パンパンだからな~」
「大丈夫、朝撮るわけじゃないから、生放送じゃないから!」
は~、笑った。
わかりやすく話せって言われて、さっきの1を100にする話をもうちょっと丁寧に話して、これで呼ばれる?って言ってたのも笑ったなあ。



「フラカンの四人は全員歌えるバンドなので」
みたいなことを圭介さんが言う。
なんだ?四人?竹安さんってほぼ歌わないよね?
と思ってたら、竹安さんが「オレが足を引っ張ってる」って言って。
んまあかわいそうに、自分でそんなこと言って!
そしたら。
「オマエは下手じゃないんだよ」
「低いだけ」
「暗いだけ」
「低くて暗いだけ!」
って最終的にまとめられて、もっとかわいそうなことになった。
「高い声が出ないんだよ」
って言う竹安さんに、圭介さんが出せば出るよ、やってみよう!みたいなことを言って、さっきの哀愁生活の出だしを自分が歌って、ほらオマエも歌ってみ!ってかんじの歌唱レッスンが始まったけど、やっぱりかわいそうなことになっていた。


Free Painting
qps(キューピーズ)とは、元ザ・コレクターズのメンバーでチリヌルヲワカ・TAIJI at THE BONNETへの参加でも知られるドラマー阿部耕作と、CM音楽やキーボーディストとして活躍する小泉pat一郎を核とする音楽ユニット。
ちなみにユニット名の由来は”Qちゃん”の愛称を持つ阿部、そして小泉のミドルネーム”pat”の頭文字を取ったもの。
と、AmazonのCDの説明のところからいただいてきました情報。
竹安さんが説明してくれてたけど私はよくわかってなくて。
コレクターズっていうのは聞こえたんだけどさ~。
で、そのユニットの、ドラムの人だけど歌いたい時もあるみたいな歌で、それがいいなと思ったのでそれを歌いたいと思います、って言って。

竹安さんの声は低くて音域が狭いのかも知れないけど、全然下手ではなかった。
し、いい声だなあと思った。
無理に高い声を出そうとしなくても、低いところのコーラスとかすればいいのに。
ってしてる時もあるのか?なんせフラカンのことはまだよく知らないことも多いのだ。

そういえば今思い出したけど、最初の、一曲か二曲終わったとこくらいで、竹安さんがいきなりマイクに近づいたから、お!喋るの?なにを言うんだろう!と思ったら、向こうのほうを見て「オレのカホン上げて」っていう指示だったの、ちょっとおもしろかった。
あと、わりと早いうちにデニムのシャツを脱いだ。
ずっと口をギュッと真一文字とかへの字に結んで弾いてたけど、Good Morning This New Wolrdと、終わりのほう・・いい事ありそうの時だったのかな、だけちょっと口ずさんでいて、ずっと口を開けない人のそれはどういう気持ちなのか、そこのフレーズが好きなのかな、そこはつい歌っちゃうのかな、と見てしまった。



圭介さんが、みんな三曲ずつくらい歌えばいいって言って。
おまえラクしすぎだろう、その分弾いてくれるんならいいけど、とマエさん。
「オレ横でターンするよ!」
ターンかよ!
「手持ちぶさただからやってるんでしょ」←これは竹安さんが言った!
「違うよ!お客さんが喜ぶかな~と思ってだよ!」

「アラバキでターンを褒められた、ターンより歌を褒めてほしかったのに」
歌はあえて褒めないんじゃない?プロ同士ってさ~。



夢から醒めないうちに



氷の世界
陽水さんですか、いいねいいね、いいとこついてきますねえ!
渋好みの私は原曲のメロディが頭にちょう入ってる、これ歌詞はよくわからないけど後ろの音かっこいいんだよねー!
でもこれ歌うの難しそうなのにね、さすがだった。
なにより圭介さんのハープが誰よりもすごい!
そうそう、この日ハープの出番多くてうれしかったんだけど、圭介さんのそれはすごく音がいい。
声はああいう目の細かい砂みたいなのに、ハープの音がこう、どこまでも通る綺麗な音っていうか・・(説明下手)
それが交互にくるのがすごくいいの!
砂っていうのはね、サラサラした砂漠の砂と、砂浜の砂と、小さい砂利と・・って声をそういう風に分けたとしたら、サラサラはしてないじゃん?でもジャリジャリゴロゴロもしてなくて、独特のハスキーだなあって思って・・なんかもっといい例え方がなかったのかね・・
なんていうかさ、ジュースとかじゃなくて、シェイクとかスムージーみたいな声っていうか~(やっぱり下手)



あれ、小西さんが立ち上がったかと思えば袖のドアから出て行った・・
なのに他のメンバーは知らん顔。
なんで・・?
と思ったら客電が着いて、後ろから小西さんが現れた!

 二億四千万の瞳
小西ショー!
もう、曲が始まってから終わるまで、笑ってしかいない。
腹筋どころかほっぺたの筋肉が痛くなって手で抑えたくらい笑った。

現れた小西さんはドンキで買ったようなやっすーいペラペラの燕尾服を着て、最初に花を投げた。
明るい会場を歌いながら練り歩く。
明るすぎて、振り返って見るお客さんの顔がすごく見えて、客同士もなんだか恥ずかしい。
なにかと上着をパタパタ広げるのだけど、ヒロミゴーってそんなんじゃないような。
大体なんで燕尾服よ。
モノマネでもなく、でもカラオケでもなく、なんだろうこれ!

小西さんは、ステージの上にいる時は私から見ると圭介さんにちょうどかぶっていて、圭介さんの右肩から顔を出すかんじに見えていたんだけど、結構圭介さんのことをすごく見ていて、だから肩越しによく目が合う錯覚に陥りそうだったけど、いやあれは圭介さんを見てるんだって、って言い聞かせてたんだけど、なにが言いたいかっていうと、だから目が開いてるところを今まですごくよく見てたのに、ステージから降りた彼は目が細くなっていて、さては結構恥ずかしいな?目をあんまり開けられないんだな?そんなにノリノリ風に歌ってるのに!と思ったのだった。

他のメンバーはわりと普通の顔して弾いていた。
向こうのほうに小西さんが行ったな~と思ったら、後ろの席のどこかに座ったらしく、ステージに向かって手を振る両手が見えた。

そして歌が終わる頃にステージに戻った小西さん、歌の締めでマイクを持ってバッターみたいに構えたのに、最後振りはせず終わった。
マエさんにあれなんなん、広島だから?カープ?って言われて、
うん、そう。
もう上着を脱いでいて、Tシャツ姿で一回、ぶん!と振った。
腕の筋が好きなので、おお~いいもん見た、とちょっと思った。

もうね、好きにやってもらって、と圭介さん。
回を重ねるごとに進化している、小西がこっちに向かって手を振るのは見えるけど、こっちは演奏してるから!とマエさん。
そしたら竹安さんが、これ(演奏が)難しいんだよね、見たいけど見たら失敗しちゃう、でも目の端でもすごかったよ、みたいに言っていた。
今まではこんなに最初から最後まで会場を練り歩いたりしてなかったのかな?
明るくて恥ずかしかったのか、よそのことを知らないのでよくわからないけど、小西さん的にはもうじゅうぶんやった感があるのか、もう今日で終わりでいいのに、あと二回もあるんだよ!と。
全部終わってから反省会しよう、とかって言われていた。

いやしかし楽しかったし、歌もよかったよ!
やっちゃんうまいわ~って私も親戚なら言うかもね!



最後にゃなんとかなるだろう
この胸の中だけ





アンコール。

唇をかみしめて
圭介さんひとりで出てきて、広島ということでね、武田鉄矢の刑事物語っていう歌のエンディングだったんだけど、拓郎さんのね、と言ってギターで弾き語り。

あ~~、わかる、わかるわ~!ハンガーのやつよね~!
同郷ってこともあってか、うちの父はわりと武田鉄矢は好きみたいで、このシリーズがテレビでやってると必ず観ていた。
で、当時小学生の私もいっしょに観ていた。
金八先生よりも、こっちの鉄矢が好きだった。
5作目まで全部観たのかどうかはもう記憶があれだけど・・懐かしい~!

とか思ってたら早速始めた圭介さん。
かなりテンポの速い弾き語りで、一番最初のええかげんなやつ~じゃけ~、ほっといてくれ~んさい、のほっといてくらいからうまく歌えてなくて、すぐやり直した。
やり直しても歌詞の乗せ方がちょっとおかしいとこが結構あったりして、ハラハラした。
もっと落ち着いてゆったり、ためて歌うくらいでいいのに、速い速いと思いながら聴いていた。
あーん、せっかくなのに。

メンバーが戻って来てから落ち着いたのか、喋りながら、ええかげんなやつ~じゃけ~、あ、今うまくできる!って一節歌って、
ゆっくりだからだよ~、さっきもそのテンポだったらよかったのに!と思った。
だって私きっと広島県民じゃなくても好きだと思うんだもん、この歌のこと。

刑事物語を是非みなさんも観てください、あ~でもあれおもしろいのスリーまでなんだよな~、いやでもいいんですよホントに、最後にこの歌が流れてね~、みたいなことを言っていた。
竹安さんが、あれアマゾンプライムでも有料なんだよ。
え、そうなの、、ボックスで持ってるから借りればいいよ、と圭介さん。
アマゾンプライム・・そういうものを利用するんだ、前にガラケーの充電が半日とかかかるみたいな話を聞いた気がするからちょっと意外!

そこから鉄矢の水戸黄門の話になり、バカチンが~と圭介さんのモノマネも見れたけど、クオリティはなかなか低かった。



Good Morning This New Wolrd
例の笛のやつ。
覚えて行ったはずなのに、それまでのいろいろですっかりとんじゃった。
やる気の問題か・・次もしまたあったらもう口でパパパ言うほうの参加にしようっと。
だって笛に意識がいくから、歌とか演奏とか聴けてないってことに気付いたのよ!
ほら、自分不器用ですから・・(逃げ)



夕焼け




アンコール二回目、今度は圭介さんだけいない。
マエさんがケイスケ!ケイスケ!って言うので促されるままに呼んだら、圭介さんは後ろ向きのすり足っていうか、小走りのちょこまかしたムーンウォークみたいなかんじで出てきた。
お尻をちょっと突き出したかんじの。


また、カープおめでとう!って言って。
カープだけじゃなくて人類を応援しよう!
今はミサイルとかなんとか・・
みたいなことを叫ぶように言っていて、なんとなくどういう反応をしたらいいのかって雰囲気になったら、もうちょっと落ち着いて言って、せっかくいいこと言っても伝わらんから、みたいにマエさんが言って、素直に丁寧に言い直す圭介さん。
カープおめでとう、
(本当に最初からかい!)
カープだけじゃなくて人類を、地球を応援しよう!
頑張ってる人はみんな応援する、サボってるやつは知らん。

そしたらマエさんが「もう竹安めっちゃ弾く準備しとるやん」
見たら竹安さん、もう今にも弾き始めそうな手。
「オレサボってないよ、っていう・・(ニコ)」
ギュッ・・←心を掴まれた音

いい事ありそう
いい事ありそな気がするする~ってのはいいけど、歌詞はダークなんだねえ。
どういうかんじで聴いていいのか。

圭介さんが椅子に片足乗せてる、その足元がボーダーの靴下で、あら靴脱いでるんだ~と思ったら、そのあと椅子の上に乗ったので、ああ、そのために両方脱いでたのか~!ってなった。





あー、時間切れ!
書いてないとこの曲のところもゆっくり思い出して書きたかったんだけどな~!
まあ、でもよしとしよう、がんばったほうだ!(自分に激甘)
また行けたらいいな~!

ROLL ON 48
フラワーカンパニーズ
SPACE SHOWER MUSIC
2017-09-06





 






2017年9月18日(月)、広島アステールプラザ
玉置浩二 ALL TIME BEST「30」〜30th Anniversary Tour 2017〜
に行ってきました!

ネタバレあります。
といっても玉置さんのライブに行ったのは初めてだったので、玉置さんのファンの人からしたら大したことないような当たり前のことばかりだろうし、あんまり知らない人からしたらなんのことやらってかんじだろうから、一体誰に向けて書いてるレポなんだろう・・と思うんだけど、備忘録備忘録、忘れっぽい私はこうして書いとけばね、何度でも楽しめてお得なのです。

で、いつもならここで撮ったポスターかなんか貼るとこなんですけど。
仕事終わってから来る娘と会場で待ち合わせしてたから、来てからいっしょにウロウロしようと思ってのんきに座って待ってたの、そしたらアイツ寝ぼけてバス降りるとこ間違えてやんの、ギリギリになりそう!だって。
しょうがない、トイレにでも並んでたらそのうち来るだろう・・と思って並ぼうとしたらそれが思いの外並んでて、あーしまったそうか、みんなギリギリに行こうとするよねそりゃ。
推定年齢が私より上の人だらけ、なんなら私の母(60台後半)くらいの人も多そう。
そうか、玉置さんが59歳か、そしたらそうなるか~。
ってあれ、でもせっちゃんと8歳しか違わないじゃん。
いや、8歳違えばまあまあ違うか。
せっちゃんの時だってまあまあ年齢層はヤングとは言えないかんじではあるけど、まあそれは自分も含めてなんだけど、これはさらに一段上な気はする?
と観察しながら並んで、なんとか開演までには中に入れたんだけど、会場に入る入り口付近とかに大体なんかありそうなもんなのに、そこにもポスターがなくて、入ってもどこにもなくて。
あれ?
しょうがない、外にあったのかもな、帰る時にしよう。

結局外にもどこにも見つけられず・・
17-09-18-20-01-35-848_deco
会場の写真を撮りましたとさ




ライブに行く回数は重ねてきたものの観に行くアーティストは限られてて、そんなにいろんな人のに行ってるわけではないから初めての世界に興味津々なのだけど。
びっくりしたのが、開場して入ったら席の表を持ったスタッフさん(スーツ着用)が数人立っていたこと。
ほほ~、親切。
なかなか席がわからなくて困る人とかがいるのかな、それともいつもこういうお客さんに親切な姿勢なのか?
中に入って席に着いたら「撮影は禁止です!」って誰かに対して言ってる厳しめの声が聞こえて、声のしたほうを見たら仁王立ちのスタッフさんが会場を見回していた。
おお~、これはせっちゃんのライブでも導入してくれたらいいのに、こうやって立って見張ってくれたらいいよ。
いくらアナウンスで流してても看板があっても聞いてなかったり見てなかったり、あと知っててもそういうことをする人ってのは少なからずいて、こうやってスタッフさんがひとり立って目を光らせて見回してるだけでそういうのが収まるんなら効率がいい気がする。




と、また前置きが長くなりましたが、ライブライブ!

会場が暗くなって、始まる・・!
と思ったら、バンドメンバーの方たちがぞろぞろと出てきて、各々定位置に。
玉置さんは出てこない。
演奏が始まる。

上手から、パーカッション・ドラム、
トランペット?なんかとにかく管楽器、
ウッドベース?チェロ?、
DJ、
鍵盤・テルミン。
の人が五人並んでる。
なんだこれは・・。
ゆうに一曲分はあるくらいに演奏してて、それが素晴らしかったのでおお~って思ったけど、いやいやいや、わたし玉置浩二観に来たんよね?
大丈夫これ?玉置さん出てこないとかないよね?出てくるよねコウジ?

メンバーの方々を調べてたら、公式サイトに載っていた。のでコピペ。
デュプイ・ロビン(Cello)
DJ1,2(DJ)
ホセ・コロン(Drums,Percussion)
ゴンドウ トモヒコ(Flugelhorn, Euphonium)
川村ケン(Keyboard)

私調べだと(といってもネット検索だけども)、ホセ・コロンさんは、Jose Colonさん
デュプイ・ロビンさんは、Robin Dupuy‏さん
ロビンさんはどっちが名字でどっちが名前なの・・ロビンさんが名前だよね?

ていうか、トランペット?とにかく管楽器、ってさっき書いたけど、あれはフリューゲルホルンとユーフォニアムだったようよ・・わかんねーよ~、そういうのがオラ全然わかんねーんだよ~
フリューゲルホルン?って画像見てみたら、そういえばたしかにこんなだったかも、トランペットより大きかったかも。
こんな私でごめんなさいね、、でもそんなかんじだと思うのよ?一般の人の楽器の知識って。(開き直り)

DJ1,2さんのFB サポートの人のリハの様子がちょろっと
https://www.facebook.com/DJonetwo12/videos/vb.189326311192100/775029262621799/?type=3&theater






なまじ好きなだけに、私の中でいろんな前情報のある玉置さんである。
昔ライブを中断したとか、テレビの生中継出なかったとか、ライジングサンでなかなか歌わなかったとか・・
怖い・・このまま出てこないとかないよね?

結論から言おう、そんなことあるわけがなかった!
それはそれは素晴らしかった、いいライブを観たよー!


やった曲は覚えてるけど途中の順番に自信がないので拾ってきたセトリ、その順で感想を書く。
〈セトリ〉
01 CAFE JAPAN
02 I'm Dandy
03 Check On Myself
04 最高でしょ
05 ALL I DO
06 Lion
07 太陽さん
08 MR.LONELY
09 しあわせのランプ
(休憩)
10 ファミリー
11 サーチライト
12 Honeybee
13 キ・ツ・イ
14 好きさ  
15 じれったい
16 JUNK LAND
17 メロディー
18 田園
(メンバーはけて一人で)
19 正義の味方


出てきた玉置さんは、変に横を刈り上げてる髪型でもなく、おでこにバンダナをしてるわけでも、飛行用ゴーグル?っていうのかな、をしてるわけでもなくて、白い髪をハーフアップっていうか耳の上くらいの位置で自然に結わえて、ごちゃごちゃと飾りもついてなくてそんなに派手過ぎることもないスーツで、あら素敵。
どの人の時も思うから私の好みなんだろうけど、シンプルでいいんだよ、それでじゅうぶんかっこいい。
メイクはしてるのかしてないのか、私の席からはよくわからない。
わからないくらいの場所だったからかしてないように見えて、自然に見えてとてもよかった。

私は彼の笑顔がとても好きだ。
目が細くなって目尻にシワがいっぱいできて、歯がいっぱい見えて。
それはよく見えて、幸せな気持ちにたくさんなった。



サポートの人たちが現れてもみんな座ってたから、そういうもんなのか・・と思って座ってたけど、玉置さんが出てきたらみんな立ったので、そうよね立つよね!わーいわーい!

01 CAFE JAPAN
おお~かっこいい~!
ステップとかしてノリノリだ!
台風は去ったでしょうか~♪と途中で入れていた。
どこでどうだったかはもう忘れたけど、玉置さんはギターを持ったり持たなかったりだった。
それにしても、こういう楽器の編成でライブってできるんだね、今まで観てきたものとずいぶん違うのでかなり興味深かった。



02 I'm Dandy
そういえば、最近の玉置浩二ショーで観た気がする・・といちばん最近の録画を観たら、あー!この日見たサポートの人たちがみんないる!
おお~このテルミン見た見た。
そうそう、このチェロの外国の人、ロビンさんがライブでは和装で!
シックな黒っぽい無地の浴衣だったのかなぁ。
ちょっと想像してみてよ、外国の人の和装ってだけでもなんか素敵なのにそれでチェロとか弾いてんだよ~かわいい~。
ホントかわいかったんだよね~、次の曲とかで手拍子を促す姿とか。
って歌の感想は!
いや、そんなのはもちろん、言わずもがな。



03 Check On Myself
玉置さんの歌にはこういう、日本人っぽくないのもいっぱいある。
曲自体がそうな上に、歌う人が日本人離れしてるから、ここはどこ?ってなる。
けど、会場の手拍子する雰囲気は古き良き日本ってかんじで、ちょっともったいない。
自分のことは棚に上げるけど、ああ、もっとよく洋楽を聴く人とか若い人にもこれ聴いてもらいたい!
そういえば思い出したけど、若くてすごくおしゃれなかわいい子がひとりで来ているのを帰りに見かけて、おお~!ってすごくうれしい気持ちになったんだった。

こういうことかもしれない、と思った。
せっちゃんやバースデイや、私が観に行く人たちはアラフィフで、どうしても自然とその年代のお客さんが多くなりがちで、ラジオかなにかで若い子がたくさん来てくれるとうれしいみたいなことをたまに言ってるのを聞くと、ごめんね若くなくて・・ってちょっと切ない気持ちになったりもするんだけども、なんかわかった気がする。
その年代だけに好かれるものを作ってるんじゃないっていうか、もっといろんな年代に聴いてほしいっていうのは、年寄りの客がイヤっていう気持ちじゃなくて(自分が若くない自覚っていうか負い目があるからついそこに敏感になりがちだけど)、純粋にもっとどの年代にもどんな人にも、音楽いっぱい聴いてわかってる人が聴いてもかっこいいのを作ってるって気持ちからの発言なんだろうなあ。



04 最高でしょ
みんなが次々に座っていく。
え・・この歌、たしかにしばらくゆったりだけど、このあと激しくなるのに!

いや別にね、なんでも立てばいいって思ってるわけじゃないよ?
体調とかいろんな事情があるだろうし、自由だと思うし、席があるんだし、座るのがいけないと思ってるわけじゃない、ないんだけど・・。
あ~、ゆったりの歌だ、やれ座るか・・ぞろぞろぞろ、ってお客さんが曲の途中に順々に座っていくかんじがすごく見えて、これ・・もちろん玉置さんからも見えてるよね?
自分が歌ってる時に次々にお客さんが座っていくのがすごく見えるってどうなんだろう。
どんな気持ちなんだろう。
いつもこうなのかな、これが普通なのかな、ちょっと寂しくなりそう。
あきらめてるのかな、まあお客さんも若くないしね、って?

なんだか失礼な気がしてしまう。
今目の前で歌ってくれてるのに、みんな一瞬は座ることに気を取られるから、大勢がステージをほったらかしにしてしまうかんじが。
玉置さんは59歳で、立ってパワフルに歌ってて、お客さんは隙あらば座りたがるって、なんか変なの。

で、立ってるほうが悪いみたいになって、気を遣って座らないといけない空気になる。
郷に入っては郷に従えだからなるべく従いたいけど、なんかこれはちょっと。
立ってると、見えないから座ってって後ろの人に怒られるっていうのをそういえばどっかで見たなあ・・オーケストラのやつとかならわかるけど、こういうのでも怒られるんだろうか・・
私たちの後ろの席はちょうど空席だったし、傾斜があるので立ってても迷惑にはならなさそうだったけど、真ん前の人たち以外ほぼ全員が座ってる状態だと悪目立ちしそうで、中腰っていうか、折った席に少し腰かけた中途半端なかんじで観た。
だってここの激しくなるとこ、座ってたくなかったんだもん!
それにしても、一階でこれなら二階はもっとだろうな~、座りっぱなしなんだろうな。
年齢層っていうより、そういう文化なのかな。
この歌が終わってから座った。

02、03、04、10は今年の6月にあった玉置浩二ショーでやってた。
テレビで観れるのはうれしいけど、でもやっぱりどうしたって生には負けるね、観に行けてよかった!
でも、この回って安全地帯でも歌ってて、あ~安全地帯も観れたらいいのにな、ツアーやってくれたら絶対行くのに、と思ってしまう。
好きな曲がいっぱいあるのももちろんだけど、演奏もすごいと思うんだよねえ、安全地帯って!
せっかく35周年なのに武道館と香港だけってさ~。



05 ALL I DO
これ大好き!
理由はわからないけど、なんかすごく好きな歌で。
それが聴けたのと、聴けたものがやっぱりすばらしかったので、じーんとした。
これたぶん他の人が歌ってもちっともよくないんだろうな~。
激しい歌でもすごさを感じるけど、こういうのだとこれまたもう、声のすばらしさを堪能できる。



06 Lion
これ、いかにも玉置さんが書いたような前向きソングだけど、松井五郎さんの詞なんだよね。
松井さんが玉置さんっぽく作ったのかな、そんな注文とかあったのかな、それとも玉置さんにこう歌ってほしかったのかな~。
想像することしかできないから、いろんな想像をする。
曲も詞も両方明るくて爽やかすぎるのはなぜかちょっと苦手だったりするんだけど、CDの音源とは声も演奏も違うから、また印象が違ってよかった。



07 太陽さん
この歌の、星も見えない夜に~♪からが好き、でそのあとに続く間奏のメロディが好き。
ここのメロディって、アルバムの「JUNK LAND」に入ってるインストの「おやすみチャチ」と同じよね?
これがすごくいいんだよ~。
あの声だから声を聴きたいんだけど、でも歌がないとこのメロディがいいってね、メロディメーカーだわ~。
しんみりするんだけど、すごく好きでよく聴く

最後のほうであれはなんだろう、ティンパニの人の向かいに座って、手でたたく太鼓・・コンガ?ボンゴ?なんかあっち方面(どこだよ)ぽいやつ・・とウィキで打楽器を見たら、ジャンベ?ってのが形が近かったような。
だからさ~、私ホントそういうのわからないんだよね~、なんか太鼓叩いたね?ってあとで娘と話したもん、太鼓は太鼓だから間違ってはない。
を、叩いていた。
またそれが様になるんだよね、なんでもできるねえ!



08 MR.LONELY
これ、アカペラで歌うとこのをYouTubeで観て、度肝を抜かれたんだったなぁ。
あれはどのDVDに入ってるやつだったか、これのために買った。
これだったっけ?違ったかなあ、歌の最初の低いところの声もすごく響くなあって思ったんだけど。
とにかく、いろんな種類の声があるんだよね、なんかこうズンズンくるやつ、ぐわーってなるやつ、じーんとするやつ・・なに言ってるんだろうね?そんなもんねえ、うまく説明できるかー!(謎のキレ)

最後の、どんな時でも~!のとこはやっぱりすごくて。
すごいすごいと思っていたけど、それがこうして目の前で!
なんていうか、マイクがどの場所でも声が同じような音量で聞こえるのって、よく考えたら、考えなくてもすごくない?あのマイクは本当に普通のマイク?



09 しあわせのランプ
さっきのでじーんとしてるところのこれ。
倍率ドン!さらに倍!みたいな・・(クイズダービーって知ってる?)

これがまた優しい声なんだよね~、そこの囁くようなっていうかなんか響く声が耳に優しい、あ~今心を撫でられてるわ私・・ってなるような。
でも、張り上げるところではぐぐっと張り上げるんだよね、そこからスッと戻るの。
さては・・天才だな?




15分の休憩時間があるらしい。
こんな優しいシステムがあるのに、って思うとやっぱりさっきのざわざわ座ったの残念だったな~。
いやでも、めったに来ない人や初めての人もこの中には意外といたりするのかもしれない、なるべく周りの人に合わせようって人が多かったのかもよ。
なんでも決めつけはよくないよね、一回しか観てないんだし。

どこかで、岡山の分も頑張る、みたいなことを言っていた。
前の日が岡山公演だったんだけど、台風でその日の公演は延期になったのだった。
あとでわかったけど、台風でライブできなかったのは長いキャリアの中でも初めてのことらしい。
それにしても、本当にMCないんだな~。




休憩終わって。

10 ファミリー
それにしても曲の幅が広いわ~。
これはもう、歌う力がないとダメなやつ。
ゆったりしたところからグワッと心を持って行く。



11 サーチライト
なぜか、前奏で拍手が起こった。
なぜ。
いや、いい曲だってことは知ってるけど、なぜこれだけ?
一番が終わってまた拍手があって、思わずキョロキョロしてしまった。
なんだか不思議だった、だってこれが代表曲ってわけでもないし・・いや、好きだけど、とてもよかったけど、なんでこれだけそんな拍手が起こったのかが不思議で。



12 Honeybee
休憩から着席状態だったけど、ここでみんな立つ。
ホッとする。
だってこの歌で座ったままだったらちょっとやっぱり寂しかったよ~!
これエロい歌よ、と娘に耳打ちしたら、うんうんと頷いていた。おお~オトナ~。

そうだ、この人、予習するけんセトリ教えてって言ってきたんだった。
せっかく聴くんならちょっとちゃんと曲知っときたいじゃんって言ってて、そういうとこはいいなあこの子、と思う。
普段はなにかと揉めることも多いんだけども、もちろんいいとこだってあるのだ、かわいいとこはいっぱいあるし、我が子だものかわいくないわけはないんだけど、ほら、いかんせんダメなとこが目立ちすぎるからさ~。

で、そう耳打ちしたわりにそこまでエロくもなかった。(なにを期待してるんだ)
その辺はあっさり、でもイエスハニービ~~!のとこなんかもうね、マイクどこよっていうねえ、ああかっこいい。
最後の叫ぶところ、あれは英語っていうことでもなく玉置語なのかな?ハバナカステビーイェイ!(私にはそう聞こえる)みたいなやつを、気持ちよかったのか二回叫んでいて、それは一回がよかったと思った。
いや~でもホントかっこよかった~。



13 キ・ツ・イ 
これと、次の好きさとじれったいは安全地帯の歌で、安地メドレー的にどこかに書かれていた気がするけど、メドレーというほど短くは感じなかった、一曲一曲聴けたイメージ。
ホントのとこはわからん。キャッキャしてたから。
だって、昔テレビで観てたのとか、最近の玉置浩二ショーで観たのとか、そのまんまのシャウトが聴けたんだよ~?曲間の、ウーイエイ、ィエイェ~、アオォーワホワホワ!ってやつ!
あーすげえ、ちょっとちょっと、ちょうかっこいいんですけどー!
キ・ツ・イ!のところはパッと照明が明るくなって、お客さんが言うかんじ。



14 好きさ  
来たわ~めぞん一刻、ってその頃私は小学生だったか、この歳になって本物の聴けるなんてね、あの頃の私は想像もしてなかったよね!
あの頃ベストテンとかで観てたのとは見た目や歌い方は違っても、でもうれしい、懐かしいけど古くなくてちゃんとかっこいいのが。

リズムに乗って踊るのを見た気がします。
結構おもしろい踊りだった気がする。
んで、曲間にパパパン♪ パパパン♪ パパパンパパパン♪ パパパパパパパパパパパパパパパン、って手拍子すんの楽しい、楽しいけど難しいよコウジー!



15 じれったい
止まらない♪広島の夜を~!

あー、今思えばこの三曲がいちばん原曲どおりではないのかもしれない。
最近のをいろいろ観てるともう気にならなくなってくるけど、昔のを懐かしく聴きたい人がいきなり聴くと違うってなるかも?
でも、一時期うわ~って思ったほどのタメは全体的になくなって、違和感を感じるようなアレンジもなくて、この日のどの曲も素直に聴けて、とてもよかった。

あ、どこだったかな~激しい曲のところだったよね、わかんないからここに書くけど、どっかで黒いタオルだかスカーフかを手に持ってフェンシングみたいに突いたり回したり、ノリノリでひと踊りして、それを口元に持っていったかと思ったらサッと客席に投げた!
うひゃ~スタアだわあ~!



16 JUNK LAND
破れちまった旗でも高くかかげ!のところで(たぶん)一回ピタッ!と止まるところがあった。
ガチャガチャしたかんじから、がーらくたーだけど~♪ってなるのが、狭いところから急に視界が広がったかんじっていうか・・なんかね、いいんだよね~。(語彙・・)
そう、ジャンクランドで~♪の、そう、ってとこも好き。



17 メロディー
言わずと知れた名曲ですよ、来ましたよ。
せっちゃんを好きな人がもれなく好きな(かどうかは知らないけど、必ず反応する)曲。
もちろん私も大好き。
犬がいなくなった時に玉置さんのじゃなくてせっちゃんのカバーしたこの曲を聴いてたのは、なんかたどたどしいのが沁みたっていうか、玉置さんのは「愛だったんだよ」とか「aibo」とか「淋しんぼう」とかって他に聴きたかったのがたくさんあったからってのもあって。
カバーはあれはあれでよかったけど、本物だもの、そりゃあもう。
ああ本物だ・・やっぱりいいなあ、いい歌・・泣きそうだけど、泣かない泣かない、娘と来てるし。
なんとかこらえた。



18 田園
ジャンクランドでメロディで田園って、なんかちょっと落ち着かないねえ。
聴かせるのは聴かせるゾーンでゆっくり聴かせてほしかったような。
でも泣きそうだったからよかったような。(どっち)

愛はここにある、広島にある~。



みんなで並んで肩を組んでおじぎ、三回もした。
メンバーとひとりずつハグをして、順に去って行く。


ひとりになって。
お客さんが拍手してる中、玉置さんが会場を見回して、黙って目をちょっとパチパチとさせたらお客さんの拍手が大きくなった、そしたらニッコリ笑うから、拍手がさらに大きくなって。
そんでまたニコニコして、お客さんもみんなニコニコして、その時点ではなにもしてないのに、立ってまばたきしただけなのに、なにこれすげえ。
そんだけ玉置さんをみんな見てる、そしてすばらしい時間をありがとうって思ってるんだと思うよー!


19 正義の味方
ひとりで歌い始めた。
この歌は、LOVE SONG BLUEってアルバムに入ってるんだけど、それはなんだかあまりにも明るすぎてやっぱりちょっと苦手だったんだけど、玉置さんひとりで歌ってくれるこれはすごくよかった。

「頑張って~」っていうのが何回も続く歌。
わかりやすく励まされるのはきらいじゃない。
言葉のパワーってあると思うし。
(でも歌詞関係なく声だけや音だけで沁みるってこともよくある)
玉置さんの歌詞は、愛とかありがとうとか頑張ろうとか元気出してとかって、前向きなものが多い気がする。
それって無意識に自分に向けてるんじゃないかな~なんて思ったりする。

私は彼の笑顔がとても好きだ。
と最初のほうで書いたけど、テレビなんかで見ると玉置さんは誰かと話す時に、誘い笑いっていうか何もない時でもすぐに笑顔を作る。
それを見るとつられて相手も笑うから、ついそうする、もう癖みたいなものなんだろうなと思う。
人を喜ばせたくて笑ってほしくて、だからめいっぱいサービスするんだろう。
でもそれはきっと知らずに無理をしてるだろうし、ものすごく疲れそう。
とかって勝手にそんなことを思っているんだけど、ただの想像でしかないんだけど。

自分で詞を書くことって、それだけ自分の考えてることがあらわになるってことで、普通は思ったそのままは書かないと思うんだよね、恥ずかしいから。
だけど、どこかに潜ませたり、にじみ出たり、普通はそういうかんじになるんじゃないかなあ。
こういう風に書けるってのは、自分では自分のことじゃないと思ってるけど、自分のことなんじゃないかな、そうでありたい想いなのかな~、なんて。

孤独を感じない人はいないと思うし、寂しさや切なさや悲しさや絶望や、っていうのは誰にでもある感情だけど、それが深い人だからこそこんなあったかいんじゃないのかな~。
なんて、聴きながら思った。


歌い終わってすぐ、拳を握った手で胸をトントンッと叩いて前に向けて、そしてサッと去って行った。
その去り方がかっこよくて、娘と目を見合わせた。
普通だとそんなかっこつけたポーズはちょっと笑ってしまいそうな気もするんだけど、それまで見たステージやらなんやら含めてもうねえ、かっこよかったんだよ~!


娘と、よかったねえ、かっこよかったねえと帰りに言い合った。
いきなり声がすごい出るよね〜って話してて、なんか・・アクセル踏んだらすぐ80km出るかんじ、って言ったらそれ!マジそれ!って。
踏んだらいきなり80km出て、んで次の瞬間には10kmに落とせるの、出すのもすごいけど落とすのもすごい、あれは普通の車じゃ無理よ無理。
すごいもん観たねえ、来てよかったねえ。

もし次にまたライブあったら行きたい?と聞くと、行きたい!と言っていてうれしかった。
だって、二十歳の娘も同じことを思ったってのがうれしいじゃないの!
もちろん私も行きたい!一人でも行きたい!
私まだまだ聴きたい歌、好きな歌がいっぱいあるんだよ~!
玉置さんまた広島に来てくれますように!






川村ケンさんのブログ
http://blog.goo.ne.jp/kenbow_001/e/3958a5684ea3e95d13271b07604b3b32





グッズを買う気は全然なかったんだけど、ギターでちょっとかわいかったからつい。
KTなかなかやるよね~、KSもこういうギターのいいかんじの出してくれたらな~!

17-09-18-20-07-33-075_deco

17-09-18-20-07-52-918_deco

17-09-18-20-09-07-395_deco






 



このページのトップヘ