月のひとりごと。


2018年8月25日(土)、大阪城ホール。
この会場名を書くことになるとは~!(じーん)
IMAG2522~01

IMAG2524





城ホールやら武道館は大きいので、お客さん埋まるかな~とか、そんだけ大勢の人を楽しませなくちゃとか、ステージに立つ人がいろんな気持ちになるんだろうというのはわかる。
けど、お客さん側の気持ちというのにはなったことがなかったので、とくにそこまでなにも考えてなかった。
DVDとかでよく見る景色を、いつかは見てみたいな~、くらいの。
まあね、行けないものをあんまり想像してもね~みたいな気持ちもあったりしてね。

だけどさあ、来てみたらやっぱなんか感動するね!
よく行く人はそうも思わないのかな~。
あ~こんなとこでせっちゃんやるんだな~、好きの度合いにはいろいろあれど、ここに来た人みんなせっちゃんの歌聴きに来たんだな~っていうので、じわじわ。

急なことだったのでどこでもなんでもよかったんだけど、私の席は上手側のスタンドで、会場のちょうど真ん中あたり?で、見え方としては全然わるくない、いいんですかこんなとこで見せてもらって!
ステージの両端にスクリーンがあって、ステージの後ろにも大きなスクリーンがあって。
ステージ端の天井から伸びたスピーカーみたいなのが、こっちから見るとメインのスクリーンの視界ををちょっとだけ遮る以外はよかった。
もちろんせっちゃんの表情やら細かいところは肉眼では見えないんだけど、そうやってスクリーンもあるので、双眼鏡を持って行ったけど一回も使わなかった。
なんか・・出す暇もなかったっていうか、忘れてたっていうか。

あ、前の日と変わったとか、なにが何曲どうだったとかは、この日の私は知らないことなので、知らないままでそのまま書いてます。
聴いたまま、受け取ったままでブログ書きたくて、まだ調べてない。
知っちゃうと感想がちょっとねじれちゃうっていうかさ~、あれやったんだ聴きたかったな~とか、こっちでよかったとか、そういうのはこの時の私は知らないことだもんね。
このまま知らずに徳島行ったほうがいいのかもしれない、曲のチョイスに変に期待も失望もない状態のまま・・





オープニング映像があって。
それに携わってた人が少しそれについてツイートしていたけど、なにもかも知りたくない人からしたら映像があるとかもまだ知りたくない情報だったりするから、情報をシャットアウトするというのは難しいもんだな~と思う。
なんならこないだHFMにゲストで出たせっちゃんが選曲したのが月影で、それはネタバレじゃないんかカズヨシー!と思った。
そんなことを考えてしまったのでなんだかあんまり憶えてない。
はあ?オープニングなのに?
新しい情報が次から次で、容量オーバーなんだよ~


01 FIRE DOG
いきなり好きなの来て、頭パーンってなったわ!
いや~、どっかに入るとは思ってたよ、思ってたけどね?
最初ですか~、やだ~ちょっとちょっと、もうちょっとあったまってからにしてくださいよ~、こっちにも心の準備ってもんがさ~ファイヤドッグベイベ~!(忙しい)

タラララン、アオ~!タラララン、、フッ!
いや~~~~!好きすぎる~~~~!
どうもー!ワタクシせっちゃんのフッ!が大好き芸人です~~~!←キモチワルイとよく言われるテンション



02 Hello! Everybody!
あらちょっと懐かしい、20周年のやつを思い出す。
そうか~あれからもう5年なのか~。
40も過ぎると、5年前は昨日のことのよう。
だけど記憶はおぼろげなのですこれが。
5年前どころか、昨日のこともあんまり憶えてないけどね。
ある意味トシを取らないってことじゃないかしら、昨日の記憶も5年前の記憶も大して変わらないっていうのは・・
ってちょっと待って、5年前はわたし30代だったのでは・・そうかただ単にお脳の退化か・・いや、元々前から・・は~考えると悲しくなってくるから考えまい。
あ~あのコお腹が空いたって言ってたな~、って直前に見たツイッターのことを思い出してみたり。
牛丼の歌だったよね~これ・・お腹空いたかも・・連想ゲームかよ、私はいつもこうだなあ、ちゃんと聴け~!



03 アゲハ
アゲハ蝶のイラストが後ろのスクリーンに。
サイドのスクリーンには歌ってるせっちゃんの顔が映ってて、ちょうど後ろのスクリーンのアゲハがせっちゃんの顔の横に見えて、せっちゃんの近くをアゲハがヒラヒラしてるみたいでとてもいい。
誰ですか、こういう演出考えたのは、まったく・・ステキ!ステキよー!



04 男節
わわー、男節!
妹がずっとアンケートに書いていたのがこれだったので、妹ー!聴けたぞー!と思った。
ごめんよねえちゃん先に聴いてしまいましたわ・・
はあ~、これをちょうど城ホールで聴けるとはねえ、しみじみ。

城ホールのDVDが、たしか私が最初に買ったDVDだったはず。
セットストックで一回見たっきりだったのに、すっかりハマってYouTube見まくって、とうとうDVDを買って。
ライブのDVDを買うってことがそれまでの人生で一回もないことだったから、夕方届いてすぐ台所に隠して、次の日までが待てずに家族が寝静まってから暗い中イヤホンしてこそこそ見たんだった、そして衝撃を受けたんだった・・懐かしい。
その頃はまだ初回盤の価値とかもよくわかってなくて、たぶん普通に売ってるのでは通常盤しかなかったんだろうな~もうよく憶えてないけど、城ホールのは通常盤を買っていて。
どっかで見つけた初回盤を買って特典の裏ビデオ(って書いてあるんですよ)を見たのは実は本当に最近で、今年に入ってからだった。
あれ見て、わー結構前からちょこちょこ思ってたけど、わたし月なんて名前に簡単にするんじゃなかった・・もっとなんか違う名前にすればよかった、ツイッター始めた時にこんなに長くやるとかこんなにいろんな人と知り合うとか考えもしてなかったもんだから、安易に考えてしまって・・
まあでもねえ、今さら変えるのもね~。
あ~赦されたい。


三日続きのカレーライス♪
はっ、カレーライス!
ああ、なんか昨日からわたしカレーカレー言ってたなあ、と思い出して笑いが出た。
男節やるなんて全然知らなかったのに。

ほらこれ


まあ、歌詞は三日続きだから手を抜かれているっていう描写だろうけど、なんか夫婦の日々っていうとカレーって出てくるのかな~っていうね、やわらかな日とかさ~。
で、うちのことを思い浮かべずにはいられなかったのです、昨日から今日の流れを。
普段ギスギスして暮らしてたらこんなミラクルも起こらなかったよね~きっと、そこそこ仲良くしててよかった・・ありがとうジャワカレー。

もっとおまえに入れなくちゃ~♪
に慣れ過ぎてたけど、そうだったそうだった、「話さなきゃ」ってのが正しいんだった。
DVDの見過ぎだ・・だってあれどんだけ見たことか、でも最近は見てなかったんよね~初回盤買った時はおまけだけ見たし・・ここに来るとわかってたら絶対見たのに。


それにしても、これからはこういう歌は作りにくくなるのかな。
ジェンダーフリーがどんどん進んで、「男」とか「女」とかいうのがどんどんね~。
でも身体的なものや脳的なもので男女の違いは実際あるにはあるわけで、それをお互いちゃんとわかって、でも決めつけないで・・って難しいねえ。

でも、関白宣言もそうだけど、ってあれはまあ最初ひどいなあと思うけど、言ってるだけって気がする。
弱い犬ほどキャンキャン吠えるっていうか、結婚前にちょっといばって言ってみてるけど、実際そうはいかないんだろうな~っていうか。
なんていうかとにかく、前半ひどい!こんなひと!と思っても、最後の最後の、
「忘れてくれるな 俺の愛する女は 愛する女は 生涯お前ただ一人」
で、コロッっていうか、くーっ!ってなるっていう。
男節だともちろん、
「俺は女が好きだけど おまえの敵が見当たらねー」
のここですよねえ!
くーっ!っていう!くぅーっ!
はあ~、もうどこにでも旅に行ってこいー!ってなるじゃないですか、こんなん言われたら。←チョロい

だからって、俺にはおまえしかいないっていえばなんでもいいわけではないけどね。
愛想つかされるかもしれないなんて、想像もしてなさそうなこのアマメン。
約束できないとか、俺は男だとか馬鹿だとか、俺を選んだおまえが悪いって言われてもねえ。
はあ~?男だからなんだよ!そっちの人生がたった一度きりなら、こっちだって人生は一度きりじゃいオラ~!

まあ・・最終的にはかわいげかな~、と思ったりする。
お互いなにか気に入らないとか許せないとかムカつくところがあるとして、それを上回る好きなところがある、どこか憎めないところがある、そういうのがないとしんどいのかな~、誰かと暮らしていくのは。
なんてことを思いますがあれですよ、夫婦つっても他人なので。
夫婦だけじゃなく、親子とか兄弟とか誰でも、自分以外は他の人なので。
一寸先は闇、なにが起こるかは誰にもわからない、ずっと同じ関係でいられる保証はない。
あぐらをかいていてはいけないよね~、なにもかも当たり前と思わないようにしないと。

よく考えたら、関白宣言の「俺より先に死んではいけない」ってくだりの、
「何もいらない俺の手を握り 涙のしずくふたつ以上こぼせ」
「お前のお陰で いい人生だったと 俺が言うから 必ず言うから」
のこれって、
「旅の終わりはいつの日か おまえの胸で死にたいぜ」
ってのとも通じるとこがありますね! 

この歌の世界の「おまえ」と呼ばれている人は、あなたの胸で死にたい、なんてけして言わない、なぜならあなたより絶対長生きして残りの人生も楽しむつもりだもの、あなたがいる時だっていない時だって私は私の人生を楽しむのよ~!
みたいなことを言っててほしい。
だってこんな歌を歌う人の相手なんて、それくらいじゃないとつとまらんよね~きっと!



05 tokyo blues
これは後ろのスクリーンがおもしろかった!
バイクに乗ってる人のムービーに、せっちゃんの顔がコラージュされている。
ちゃんといっぱいいろんな表情を撮ったんだね、角度もちゃんとそのバイクの人に合わせて。
説明は難しいけどこれは楽しい、MVにして出してよ~!
無理か~無理よね~。でもかなりいいのに。
途中でメンバーもひとりずつ出演、それもかなりおもしろい。
ああ!DVDには入れてくれるんじゃなかろうか、特典映像にしましょう!ね!ね!
最後にE.T.みたいに、大きい月をバックにせっちゃんがバイクに乗って空を飛んでるかんじの映像になったんだけど、弾いてる本人が振り返ってそれを見たのもおもしろかった。
あのねえ、、映像のことしか憶えてないや!



06 空に星が綺麗 ~悲しい吉祥寺~
こないだラストで聴いたんだったな~。
というのを思い出していた。
だからなんだかここででてくるとちょっと変なかんじ。
案外まだこないだの記憶が私に残っている。
そうよ、まだ香川のファイナルから一か月経ってないんだもんねえ。
それなのに今大阪にいることがすごいわ。事件だ。
とかってここへ来たことの感動がところどころで練り込まれるので、まったくもってなんの感想かわからない。

それにしても、これも大好きなんだけど、贅沢なんだけど、大丈夫も聴きたいと思ってしまう。
せっちゃんに大丈夫って言われたい人いっぱいおると思うんよね~。
「誰も悪くはないさ」のあとに、「なるようになるのさ」って歌ってくれませんか・・



07 真夜中のプール
ああ~!
これとかいいかも、季節的にも。
ってこないだ言ってた友だちの顔が浮かんだ。
やったね~、これやったね~!

あ~いいね~。
けど、これやるっていうことは、これ俺ロクのアルバムだから、もうその中の歌はきっとやらないね。
あの中だとSUNDAY聴きたかったんよね~。
ってこら、そういうのを思っちゃダメだって!
いやあでも意外、25周年で聴けるかんじは全然してなかった!

いいな~。
改めていいな~。
なんかわからんけど、夏が終わるかんじするな~。
映像はプールの中みたいなゆらゆらした水と、月。



08 君は僕のなにを好きになったんだろう
へえ~!
予想外!
これ普段全然聴いてないわ~。
なので、ものすごく久しぶりで新鮮。

君は僕のなにを好きになったんだろう。
ってせっちゃんは言いそうにないんよね~なんとなく。
なんでかわからないけどそんな気がする。
自分に自信なくなる時もたまにはあるかもしれないけど、なんかその質問は相手に尋ねないような気がする。
自分が愛されることに疑いを持たなさそうっていうか・・疑うんならどっちかっていうと向こうの心変わりっていうかさ~、もしくは自分の心変わりっていうかさ~!
心が移り変わることは心配しても、こんな俺のどこがいいんだ?とは思わなさそうじゃんあの人。
ってただの想像ですが。

そういえば、私もないな~そういうの。
(せっちゃんのはあくまで想像なのに「私も」って)
僕は君のなにを好きに・・と思ったことはあるな!笑
私のどこが好きなの、どこがダメなの、とかは思ったことないかも。
自分のしたことや言ったことだったらなにがダメだったのか考えることはよくあるけど・・。
自分の性格に疑問を持たないってことは、基本的に自分のことが好きってことなんだろうか、そうなのかもな・・昔はそんなことなかった気がするから、どっかから変わったのかもしれない。

とかそういうことを思うからかな~、あんまり普段聴かないの。
いや、自分と違うから聴かないってことでもないな~。
せっちゃんが作詞してないから、っていうんだったらウエディングソングやらおつかれさまの国やら、やぁ無情も一部そうか・・でも他のは聴くかも、なんでだろう。
いや私が聴く聴かないはともかく、なんでこれ選んだのかが知りたいな~。





座ってくださいって言われてちょっとホッとする。
ゆったりした歌が続いて、立ってるのがちょっとしんどくなってたところだったんです。

近々結婚する人はいますか?だったっけ、なんかそんなようなことを訊いた。
ちらほらいた。
じゃあ、あなたにささげます、みたいなことを言って二階のほうだったかな、指差した。
09 ウエディング・ソング
なんなん、作詞一倉宏繋がりなん~?
じゃあついでにおつかれさまの国もやってー!
よくよく聴いてたらこれもせっちゃんが言いそうにない言葉が多い気がしてくる。
でも、結婚式にはこれくらいちょっと嘘くさいっていうか(失礼)、ちょっと作ったくらいの世界のかんじがいい気がする。

いや~だって結婚式っていうあの不思議な独特な空間ね・・っていう、また出た、式というものに思い入れのない私。
いや、呼ばれるのはいいんだよ~、なんだかんだ楽しいし。
なんていうか、自分はそんなにしたいと思ってなくて、娘とか息子にしてほしいとかもあまり思わない。(あくまで私は)
自分らがやってないからこの子には・・みたいに親に泣かれたんだよねえ、で、やらんでいいって本人たちは言ってたのに結局流されてお金もないのにやることになって、まったくウキウキすることなく式を迎えた19歳だったもんだから・・したいと思ってするのがいいよね、何事も。
まあ、家を早く出たいってのが今思えば結婚のいちばんの理由だったところに問題があるようなないような。
それが未だに尾を引いてるのかな~、もう二十数年前の話なのにねえ。
そういうことひとつとっても、いろんなことが今の私を作っているな~というのはよく思うけど、でも、時を経て少しずつ考えが変わることもある。
お子さんの式までの日々を丁寧に送る親御さんのことを見たり、ちゃんと自分でいろいろ準備して自分の好きな人たちに囲まれて幸せそうな式をする友人を見て、いいもんだなあと今は思ったりもする。

これ合間のメロディとか好きなんよね~。
ん?ってことはやっぱ曲の好みなのかな~、聴く聴かないって。



10 彼女
これね!めちゃめちゃよかった~!
元々好きな歌ってこともあるのかもしれないけど。
音なしで、アカペラみたいになったところの良さ!
はあ~、せっちゃんめちゃめちゃ歌うまいわ~!

シーンとみんな聴き入ってるところで、一か所ベチン!って音になったところがあって、
あとで、「ベチン!ってなったね」か「ベチン!って言ったね」か言って。
「この緊張感の中でやってみろボケ~」みたいなことを言っていた。
書くとキツく感じるかもしれないけど、そういうんじゃなくて、そうぼやくせっちゃんをみんな優しい目で見てたと思う。
ていうか、それより歌の力が強すぎて、言われなきゃすっかり忘れてたくらいだった。



ちょっと昔のだか珍しいのだか言って、35STONESっていうアルバムのね、、(お客の反応を見て)知らないね、
みたいなことを言いながら。
11 リズム
わーお!リズム!九月ですね九月!まだだけど!(この日は)
わ~、リクエストはしてないけど、これ聴けるのか~、うれしいな~。
いっぱいあるのよ、上位に出てこなくても、あ~これもあったこれも聴きたかったっていうやつがどんだけあるか~!
あれ、うれしいうれしいと思ったことしか思い出せないな・・聴き入ってたら終わったんだな~。



ここだか次だったかその次かその次か(おい)わからないけど、座ってる人と立ってる人が混ざってる会場の様子を見て、
「座ってる人がいたり立っている人がいたり・・」って笑って。
「好きにしていいんですよ?今日はちょっと長いしね」



12 ぼくらのルール
は~、なんかこの辺か~、この辺やるのか~と思った。
なんていうんだろう、このライン好きな人って絶対いるなあっていうか。
真夜中のプール、リズム、ぼくらのルール・・なんとなく、私の中で近いグループのイメージ。

それにしても、ぼくらのルールか~。
なんだい?今回あれかい、夫婦関係を、いや人生をか?なんか見つめ直すライブなのかい?
結婚する前のダメになった恋(彼女)、自分に自信がない頃(君は僕のなにを好きになったんだろう)、結婚する時(ウエディング・ソング)、時には昔の彼女を思い出して(真夜中のプール)、んでたまにはどうしようもなく険悪になって(ぼくらのルール)、
んで、そうはいってもおまえの敵が見当たらねー(男節)と・・ハイハイごちそうさま!←勝手に妄想しといてこれ

あれ?
ていうかこの辺って全部、あの最近出したベストに入ってないやつばっかじゃないの?
あれ聴き込んできたような人も結構いるだろうに・・まあそりゃあの中からばっかりやられても古いの聴きたい勢からしたら困るっちゃ困るんだけども、いいんだろうか、心配になってくる。
ていうか、わたしあれ聴きたいんですけど、コールミーナウ!絶対やらんな、こりゃ~
ゆったりした曲が多い気がするね?
あれとか聴きたかったんだけどな~、ジャックポット!
脳内をそのまま書いてるからカタカナですけど、正しいのを調べるのがめんどくさいからではけしてないのですよ、けっして。
このメンバーで聴いてみたかったんだけどな~、まあないよね~。
「やってない曲をやるツアー」みたいなのやってくれんかしら。
絶対かっこいいと思うのに。レモンをギュー!
えっとなんの話だっけ・・・

あ、なんか話それたけど、「今夜も縮まらない距離 こんなそばにいるのに」ってさ~、ホント何回も頭に浮かぶことある。
名フレーズだと思う、楽しい時ばかりじゃないもんねえ。
ナポリタンを壁にぶつけたことはないけど・・・
なんならひたすらどっかを磨いて、洗面所とかシンクとか鍋とか、綺麗になるほうが多い気がする。
まめじゃないので、たまにそういう時があっていいのかもしれない。
なんの話だ。




映画の主題歌で、有村架純ちゃんが出て。
だけならいいんだけど、どうしてせっちゃんはそうやって人の名前を出した時に、想像にせよパーソナルなことをポロッと軽率に言ってしまうんだろう。
サービスくらいに思ってるかもしれないけど、昔からずっとそうだっただろうけど、前から本当はダメだったと思うけど、今はもうそれダメだって・・
下ネタがいやなんじゃないの、人のことを言うのがいやなの。
それは、この人が言うのは許せてしまうっていうのと違うと思う。
そういうところは変えていかないと、気持ちわるいだけのおじさんになってしまうよ~。
下ネタもアップデートが必要です、アップデート・・
なにか大問題になる前に、ハラスメント講習を受けてほしい。
あんた稼ぎ頭なんでしょ、企業でいったら結構上の人でしょ~、会社がどうなってもいいの~
ていうか会社~!講習受けさせて~!
一回だれかに訴えられたら懲りるのかもしれない。←荒療治すぎる

彼女かわいいよね、映画の製作発表とかで会えるかな~?会いたいな~、でもそんな発表の予定とか全然聞いてない!
とか言ってたのはかわいかったけど、まあさすがに本人に変なことは言わないにしても今のまま変わらないんじゃ私が事務所の人ならNG出すわ、綺麗な人やかわいい人に会わせてもらえないミュージシャン一位になってしまえばいいんだ~。
と心で念じたのでよし、歌に集中します。

13 カラー (新曲)
わー。
あなたこんなのも作れるの!
という気持ちになった。
こんなにずーっと作ってたらいいかげんもう出てこないってことがあってもよさそうなのに・・すごいな~、とただただ感心した。
ああ~いかにもせっちゃん!みたいなのが出てきても喜ぶんだけど、わあ~新しいせっちゃん!っていうのもうれしい。
なんていうか、サビに行く前のかんじもサビのかんじも今までのとちょっと違うな~って感じたんだけど、しかしなにが違うかという説明は全然うまくできない。
あ、一回で聴いてすぐ覚えちゃって歌えてしまうかんじじゃないのが珍しいな~と思ったっていうか・・

後ろの照明がカラフルに光って、虹のことをちょっと思い出した。


あ!映画の予告編があるんだった!

こうやって聴いてみると、私の感じた印象が合ってるのかどうか自信がなくなってくるけど



14 月光
月光か~、と思ってしまってごめんなさい。
前回のツアーであんなに感動したのに。
いや、したからこそなのよ。
あれはあのいろいろ散々やってからの本編最後のこれがすごくよかったわけで、あのツアーの月光をしばらく胸にしまっときたかったっていうか・・
そしてさっきの新曲の余韻がさ~
ああどんなんだったっけ、もう思い出せん気がする~
などと考えていた。
失礼な話だ。
それこそあのベストからの曲なのであっておかしくないんだけど、やっぱり前ツアーから一か月も経ってないってのがあるからかなあ、なるべく他のを聴きたい気持ちが強かったのかもしれない。
贅沢だぞ!けしからん。



15 Alright Charlie
そこへきて、ここでチャーリー!
Tシャツ売ってたからやるのかな~なんて勝手に思ってたんだけど、わおー!
わおー!と思いすぎて記憶がない。
こういうとこホントもう・・
スクリーンのイラストがレコードみたいなかんじでかわいかったような。



16 ずっと好きだった
なんだこの緩急。
緩急といっても私の中の話だけど。
とか言ってしまっているけど、待て待て、初心を思い出せ。

私が初めてせっちゃんを見たセットストック、あれがちょうどこれが春に出た年の夏で。
妹が行きたいんよね~とテレビのCM見て言った時に、この中だったら見たいのは斉藤和義かな~、最近ずっと好きだったっての歌いよるじゃん、って言ったんじゃなかったか。
歩いて帰ろうと歌うたいは知っていて、最近よく聴くそれもいいかんじだから気になる・・そんなかんじだったはず。
じゃあきっかけの曲じゃないか。

でも、あの時顔もキャラもなにもろくに知らなかった。
せっちゃんって呼ばれてるのすら知らなかった。
今思えばそんなんでよくフェスに行こうという気になったものだ。
まあほぼ付き添いというか、物見遊山とか修学旅行みたいな気持ちっていうかね。
そういうことを一回してみたかったのよ、上の子中1、下の子小5で、なんか一回くらい私もそういうのに行ってみてもいいんじゃないかって思ったんだよ・・

夫に結構怒られたんだった。
妹がいっしょに行く予定の友だちが行けんなったんだって、チケット代その人がくれるんだって、とかそういう適当なウソをついたけど(ウソかい)それでも、そんなもんに行くなんて意味がわからん、ありゃあ若者が行くもんじゃ!みたいな・・
その頃は、友だちの家に(昼間に)遊びに行ったりランチや映画や買い物したり、くらいまでが私の行動範囲で、そんなよくわからんようなことは認められないかんじだった。
そうだ、結構縛られてたような気がする、でもだからってとくにそれを不満に思ってなかったっていうか・・あれから子らも大きくなって、私たちもずいぶん変わったね~。

転機だったなあ。
あれに行かなかったら私の人生はどうなっていたんだろう。
それなりに楽しくやってたとは思うけど、狭い世界だっただろうな~。
それが今じゃこんな、なんのウソもつかず堂々と、行きたいって言って行っておいでと言われてひとりで大阪まで来てるなんて・・うっ・・泣ける・・

せっちゃんの25周年なのに、私の8年を思い浮かべています。
25年の中の8年か~、全然だなあ、でも私には濃い8年だよ。
こうやって、自分の歴史を思い浮かべてる人もいるんだろうな~。



17 Stick to fun! Tonight! ダンシング・ヒーロー
キャーポッキー!
後ろに見たことある赤くて丸い映像が出て(なにこの説明)、うわ~懐かしい。
みんなでなんかかわいい踊りをしたんだったよね~!
KARAのお尻フリフリとか、ペンギンみたいなのはあれなんのダンスだったんだっけ、あれもKARAか。

ダンスなくても、これはだいぶ好きなんだよね~。
なにが好きなんだろう、なんで好きなんだろう。
理由はわからないけど好きなのってあるな~。

なんて思ってたら、ダンシングヒーローが始まり。
えーまたやるんかい!
またとか言ってごめん。

いやほら、まんま同じのするとは思ってなかったもんですから。
せっかく覚えたからもうちょっとやりたかったんかな~。
そりゃ新しいの覚えるひまはなかったと思うけど、じゃああのお尻フリフリタイムのところでUSAのフリをちょこっとするくらいでよかったのでは?
とかちょっと思ってしまった。
私ってツアーごとに気持ちが切り替わるタイプなんだな~、前のツアーは前のツアーってなるみたいだ、新しい発見だ。

でもそれは一瞬の気持ちで、いっしょに歌って踊ったよ!楽しかったよ!
楽しませたい気持ちなんだよねぇ。
だってせっちゃんなんて歌って弾いたらそれでじゅうぶんなのにさ、そんだけすごいのにさ~!
ありがとうありがとう、またとか一瞬でも思ってごめん。
いつも、楽しませてもらいますって言って、でもだからって、お客さんを楽しませないと!って思ってないわけはないと思う。
そりゃもちろん楽しんでるところもあるだろうけど、難しい仕事だよな~と思うのだ、人を楽しませるってさ~、簡単なことではないし、誰にでもできることではない。



18 Good Luck Baby
ほうほう、そうよね、新しいアルバム聴いてくる人もいるよね!

スクリーンはこのMVだったよね?


私の中ではハローエビバデとおんなじグループだな~、あんまりなにか考えてる暇なく、手を上げてる間に終わってしまう。



19 幸福な朝食 退屈な夕食
つったらこれが来ましたよ!
私の生初聴き曲なのです。
初めて行ったセットストックの、最初の曲がこれだったのです。
妹の付き添いで行ったつもりだったけど、その中だったらこの人だな~と言ったもんだから、おねえちゃんが聴きたい人でしょ、みたいに妹も付き合ってくれて、いやでも知らんよ?ほんまにええかどうかは聴いてみんと・・ってかんじで、自信は全然なくて、近すぎも遠すぎもしない場所で観てて。
それでいきなり知らないこれがきて、顔を見合わせたのだ。
これはなんだろう、変な歌、これはいいのかわるいのか・・
でも強く印象に残った。
借金返済印税収入フェンダーギブソンおもちゃじゃねんだ
なんなんだこの歌は。

あ~、あのなにも知らなかった私にもう一回戻ってみたい気もする。
そして今からまた生まれる新しい曲を聴いたらどんな気持ちになるんだろう。
今せっちゃんを好きになった人が、どこでなにを聴いて好きになって、そしてその人が今から聴く曲は昔のせっちゃんが作った曲でも今のせっちゃんが作った曲でもその人には全部新しい曲で・・なんかそれはすごく不思議なことのような。
せっちゃんが続けてきた25年が、どんだけいろんな人の心の糧になっているのか、あんた考えたことある~!?って胸ぐらつかんでブンブンしたい。←迷惑

そんなことを思っていたことは憶えているのに、その時どんなのを見てたかすっかり忘れていた。
違うところに行った友だちの話を聞いて、ここでスクリーンにかわいいイラストが映っていたことを言われてやっと思い出したくらいすっかり忘れていた、そうじゃったそうじゃった、あれかわいかったんじゃった・・



20 やさしくなりたい
そろそろ締めに行ってるのかな?
体感だけど。
あと数曲なんでしょ、終わるんでしょ、え~私なにをリクエストしたんだっけ?
もう真夜中のプールとかやったし、蝉はもう、ないんだろうな~。
蝉・・蝉聴きたかったな・・
ていうか、今回は夏にやるしとか、このバンドメンバーでやるしとか、そういうのも考えてあの3曲を選んだけど、ただ単に3曲というと、自分に響くしんみりしたのを選びがちで。
それこそファイヤードッグとかポスマヨとか朝食夕食とかモジョライフとか、そういうノリの曲だって本当は選びたいのだ、選ばせるならどんな気分の時の3曲とかって絞って訊いてほしい。
聴きたい曲だらけなんだよ~、そんな簡単に3曲なんてねえ・・
そういえば結局、この中のどれが上位のあれだったんだろう?



21 ワンダーランド
これ好き~って言い合った友だちのことを思い浮かべる。
最初聴いた時そうでもなかったのにな~、せっちゃんの歌にはそういうのが結構ある。
もしかしたら今もまだ、私にまだ周波数っていうか、ピントが合ってないものがあるのかもしれない。
どこかのなにかのきっかけで、前より好きになるのがあるのかも。
そういう意味でも、あんまりライブでやってないのを掘り起こしてくれたらいいのにな~。
今回の集計でそういうのを思ってくれたらいいなあ。
まだリクエストのことを考えている。



22 歩いて帰ろう
は~、終わるのかな!終わり?
と、終わりを意識する私。
スクリーンには丸い半円の上に画伯が描いた今までの作品たちが総出演。
半円は回る地球で、その上を犬やら猫やら鳥やら人やら、そういう画伯の生み出した住人たちがいっぱい歩いてるかんじでかわいかった。
みんなのうたとかポンキッキーズで流れてもよさそうなかわいさ。
こうして見ると画伯の絵ってかわいいのにねえ。
どういう意味でしょう。
いや~なんていうか、素材の使い方だな~と。



23 ベリー ベリー ストロング ~アイネクライネ~
ああこれがあったわ~!これで終わり?
終わりばかり考える私になっている。
終わってほしくないんじゃ~。
夢のような一日だったから、ずーっと続いていてほしくて、終わりが来てほしくなくて。
こういうの思うのをやめようって心がけて、だいぶなくなってたのにな~、そういえば昔はずっとそうだった、楽しすぎて、終わるのが切なくて。

一日あっという間だったな~、楽しかったな~。
今日会った人のどの人にも絆っていったら大げさだけど、縁を感じる、顔が浮かぶ。
せっちゃんを知らなかったら絶対会うことなかった人ばかりで。
せっちゃんを知ってても、ただ好きなだけでひとりも知り合いがいなかったら、いきなり今日こんな行動には出てないはずで。
さっきも書いたけど今の私を作ってるのは私だけではないなあ、知り合った人のいろんな言葉や行動があって、そこから受ける影響があって今の私はある。
そこにとても感謝している。

だからなるべくいろんな人と繋がっていたい、仲良くしたい。
それを誰にでもいい顔をするといわれたらそうだと思うけど、よく考えたら昔からそういうところがある気がするので、こういうのはもしかしたら本質的に変わらないのかもしれない。
誰のことでも、もしもどこか合わない部分があったとして、そこより好きな部分が勝っていたら、それはもう私の中では好きな人だ。
そうなると好きな人だらけなのだ、そういうのって偽善者っぽいよね~と自分でも思うけど。
ああ、親だけにはそう思えないのはある意味甘えてるってことなのかな~。

城ホールのこの中に、今日は会えなかったけど楽しもうねって言ってくれたあの人もいる、今日会ったあの人もいる、そして知らないけどいつか会うかもしれない人もたぶんきっといる。
ていうかその前にまず私がここにいる奇跡!
せっちゃーん!
感極まりますよねえ、そりゃあねえ。



24 COME ON!
まだあったー!わーカモンだカモン!

アメコミ風のイラストだった気がする。
振り切れたので憶えてるのはそれくらい。





アンコール
今そこの袖で蚊に刺されたと腕を掻いている。
せっちゃんも蚊に刺されるんだねえ。
そんなことは当たり前なんだけど、なぜか不思議なかんじがした。
だってこんだけの人をこんなに盛り上げれる人なのにさ~!選ばれし人なのにさ~!
さりとて蚊は平等・・なんか言いたくなるねえ、さりとて蚊は平等。


大阪昨日やって今日二日目で、もうトシなんで結構疲れて、あちこちサロンパス貼って寝ました。
なので抜くのは一回にしといたので調子いいです、というのは最初のほうで言ってたんだったか。
25周年が長いのか短いのかわからないけど、こんなおっさんのためにこんないっぱい集まってくれてありがとうございます。
って会場を見回していたのも最初のほうだな・・
MCを書くのを忘れてここで書いている。


今日がデビュー日で、大阪はその頃からすごい応援してくれて、っていう話はここだった?よね?
大阪とは縁もゆかりもない栃木県人なのにありがとう、みたいなことを言っていた。
ありがとうその頃の大阪のラジオの人たち、ファンの人たち、私も感謝してます縁もゆかりもない広島県人ですけど・・
25 僕の見たビートルズはTVの中
ずっと続けるもなにも、まずデビューしてなかったら始まらなかったわけだし。
デビューしても、そうやって応援してくれる人がいなかったら続かなかったかもしれないし。
ひとつひとつのことがからみあって、そして知らなかった人とか知っててもそうでもなかった人がいろんなきっかけで聴くようになって、こんなにたくさんの人が集まるようになって・・
ということを考えながら聴いていた。
今日はこんなんばっかりだ。
まあ記念日だし城ホールだし。



26 歌うたいのバラッド
歌の途中で、静かになってから音が始まるそのタイミングで白い光でパーってなった時に(なんだこの表現は)せっちゃんがすっごく神々しく見えて、ハッピーエンドの映画を今~、ってああ~今見てるこれが映画みたいよ、私今ライブ見てるはずなのになんか映画見てるみたいよ~!

ここでもやっぱりせっちゃん歌うまいわ~と思った。
そして、せっちゃんがギターを延々弾くのを見るのが私は好きすぎる。



27 月影

わ~初ナーナナだ~
と、この時は思っていたけど、二度目でした。
20周年の時やってたわ。
ほらね、5年前のことは昨日のことのようなのになんにも憶えてないって言ったでしょ。
いばってる場合ではない。
けどね~、言い訳ですけど景色が全然違ったのよ。

ナーナナの時にせっちゃんが歌いながら早口で、客席の照明つけてください!だか、客席照らしてください!だか、言い方は忘れたんだけどそういうことを言って客のほうをパパッと指さした。
そんな歌いながら早口で言うの珍しい気がして、とにかくお客さんのとこ明るくして!って言ったのはわかったから、うわ~って胸が熱くなって。
だけどそれはスタッフさんには伝わらなかったみたいでその時はまだ照明はそのままで、そしたらせっちゃんが「照明!」って大きく言って、それでバーッと会場が明るくなって、もう会場全体がナーナナって腕を振ってるのが見えて、その光景はなんかこうあったかくて、せっちゃんこれ見たかったんだな~って思うとそれもまたグッとくるものがあって。

これはこの二階で見てるから見えた景色で、いつもこう遠くからばかりだと切ないけど、こういう大きいところではこれもいいなあ、と思った。
そうだった、5年前の神戸はアリーナだったんだ。
スタンドから見るとまた全然違うな~。
みんながそれぞれの場所で見た景色の記憶を集めて見てみたい。
せっちゃんから見た景色はどんなだったんだろう。

25周年、本当におめでとうございます。
25年も続けてくれてありがとうございます。
またライブもいっぱいやって曲もいっぱい作ります、って言ってくれたせっちゃん。
うれしいけど無理はしないでね・・たまには作らずにツアーやってくれてもいいからね~!←結局休ませない



この日はとにかく来れたことがうれしくて、なんだか心の準備もないままだったからもうホント舞い上がっている間に終わっていて。
その上のんびり書いてたらどんどん忘れていってしまい、やっぱり日を置くのはよくないね~。
鉄は熱いうちに打て、ブログは熱いうちに書け。反省。
これを誰かが読んでくれてる頃には私は徳島ではじけてる予定で、それはそれでウキウキしすぎて頭パーン!だと思うので、結局私はいつもこう、そんなこんなで結局また同じ・・せっちゃんいつかソファやって~長いからみんな座ってる時にやって~
欲望しかないぜ。ファンなんてそんなもんだぜ。おわり!






〈セトリ〉
01 FIRE DOG
02 Hello! Everybody!
03 アゲハ
04 男節
05 tokyo blues
06 空に星が綺麗 ~悲しい吉祥寺~
07 真夜中のプール
08 君は僕のなにを好きになったんだろう
09 ウエディング・ソング
10 彼女
11 リズム
12 ぼくらのルール
13 カラー (新曲)
14 月光
15 Alright Charlie
16 ずっと好きだった
17 Stick to fun! Tonight! ダンシング・ヒーロー
18 Good Luck Baby
19 幸福な朝食 退屈な夕食
20 やさしくなりたい
21 ワンダーランド
22 歩いて帰ろう
23 ベリー ベリー ストロング ~アイネクライネ~
24 COME ON!

アンコール
25 僕の見たビートルズはTVの中
26 歌うたいのバラッド
27 月影







よっちのツイート大好き!わかる~、あー楽し、あー幸せ!









 
    編集


ちょっと!ちょっとちょっと!
この展開は私もまっったく予想外で。
こんなに早くブログ書くとは思ってなかったよ!

ネタバレあるよ~
と書きたかったとこなんですけども。

8月末から9月中旬の、最後の北海道を除いて9回のツアー、25周年のアニバーサリーツアー。
ネタバレあります!っていつものように出すのはさすがに気が引けたのです。

セトリを知りたかったらそういうサイトがあるし、私もそれを見て確認したし。
長いツアーはどんどんいろいろ変わっていくし、私の感想なんて読んだところで大したことない気がするけど、まあ短くてもいろいろ変わっていくだろうけど、今回のこれは変に人の感想を頭に入れずに、みんなそれぞれ各曲を各々で受け取ったほうがいいんじゃなかろうか。
行った人がなにかを思い出すきっかけにとか、行ってない人が少しでも様子を知りたくてとか、いろいろだと思うけど、まあ半月だしね、それなら寝かせててもねえ、まあいいじゃろ。
そもそも気にするほど読む人がそんなおるんかっていう・・まあそれはいいとして。

どうせ書いてたら一週間くらいはいつもかかってるし、そしたらもう9月になってるし、ラストの徳島の夜に出すことにしよう、そうしよう。
札幌のは3ピースだし、メンバー違うし、曲がいっしょだろうが違おうが、どうせもう全然別物だろうしね~!



とか書いたけど、①はライブ前の話です。
なんで私がいきなり大阪に?っていうね、その経緯を書いときたかったのです。
思い出だよ~日記だよ~ネタバレなんて一ミリもないよ~。
なので今日出そう。




【プロローグ・8月24日】
城ホールの一日目に湧くツイッターのタイムラインを、いいな~ってぼんやり見てたんです。
やっぱりキャパ大きいところって行く人も多いから、あの人もこの人も行ってる~ってかんじでもう色で言ったらピンク色、なんかふわふわ浮いてるかんじ。

よかったね!楽しんで!と本当に思うんだけど、あんまり気持ちをたっぷりそこに持って行くと、いいな~の気持ちが育ってうらやましいオバケになってしまう。
自分が行けない事情とみんなのウキウキは別物だから、ジャマだけは絶対しないようにふんわりと見る。
コントロールできる感情はコントロールしたい。
見ててつらい時は自分が少し離れたらいいのだ、がっつり見なければ薄れる。(私の場合)
といってもこれは徳島に行けるからのんきに言えてるのかもしれない、行けなかったら切ないだろうな~。
みんなそれぞれにいろんな事情があるよねえ、公式さんの売るための煽り文句も刺さる人には刺さりそう、行くの行かないの?とか、見逃したら後悔するかも、とかは禁句な気がしないでもない。
行けるもんならみな行ってるんだよ~!どうしてもダメな事情の人だっているんだよ~!(荒)

さて、これからはネタバレ回避もしないといけないからサラーッと見なきゃ、検索もやめなくちゃ。
とか言いながら、何時始まりなんだ?とサイト見に行ったら、まだあっちこっちでチケットが売られていて。
なんでよ~行きなさいよみんな~。
売り切れてないとあきらめもつかんじゃないか・・
ついついどこかに行けんものかと考えてしまう。

まあ、シミュレートだけならねえ、考えてみるだけならいいではないか。
最終日の徳島に行くのは決まっているから、その他でここから行けそうなのは福岡か大阪。
広島からだと距離は少し福岡のほうが近いけど、実は新幹線も千円くらいの違いでそんなに大きくは変わらない。
けど新幹線の最終が、福岡は21時50分で新大阪は22時26分、この差は大きい。
福岡は平日なので開演時間が18時半、三時間ちょうどとしても終わるのが21時半。
会場から駅までの移動時間を考えると福岡は無理だ。
たしか夜行バスだったら22時半くらいのがあった気がするけど、こんな直前になったらそれも空きがないだろう。
明日の大阪だったら土曜だから開演時間が17時半、そしたら三時間で20時半、少々長引いても21時には終わるはず。
それならなんとか最終に乗れそう、一時間余裕があれば土地勘のない私でもなんとか・・なるのか?
はあ~、明日か・・・デビュー日で、城ホールで、25周年で、お祝いで・・・
なんで売り切れてないんじゃ~ばか~!!!

そしたら、明日のチケットあるよ~?ってフォロワーさんがリプをくれた。
いやいやいやいや、ちょっと想像してみただけですし、ちょっと言ってみただけですし、ですしおすし、やすしきよし←気分は大阪
冗談ぽく言うだけ言ってみようかな~、言うだけタダだし。
風向きによってはゴキゲンを損ねて空気が悪くなる可能性もなくはないけど、まあそれは向こうが寝るまでの数時間の辛抱だし、大したことはない。(どうなん)

仕事から帰ってきたダンナさんはわりといいかんじ。
なにしろ今日はカレーなのだ。
数日前に会話の流れでどこのお店のカレーが美味しいかって話になって、結局は家のカレーがいちばんうまいって彼が言って、じゃあご近所さんにナスをもらったしちょうどいいわカレー作ろう(私がナス入りが好きなので)ってなったんだけど、仕事だの付き合いの飲みだので帰れない日が続いて、ようやく今日はカレーだカレーだとウキウキ帰ってきたのである。
カレーを食べたい時は疲れた時とかストレスが溜まってる時とか聞いたことあるような気がする、暑い中で仕事しているからそりゃまあ疲れるしイライラするし、体が欲してるのかもね。
それにしても、いいトシのおじさんがカレーカレー♪と帰ってくるのはかわいらしい。
このゴキゲンをできるだけ崩したくはないのだが、ここはいっちょ冗談ぽく・・
「ねえねえ、わたし明日大阪行ってくるわ~」
「はあ?」
「いや~カズヨシがデビュー日なんよね~」
「なに言よん、アホか」
「ですよね~笑」

まあまあでもでも、怒ってはないかんじだし、いっしょに酒を飲んでだね、そこでもう一回うまいこと会話の流れで言ってみたらねえ、もしかしたら、もしかするかもしれんよね?

がなんと彼は、うまいうまいとバクバク食べたかと思うと、食った食ったと寝転がり、光の速さで大いびき。
は・・!
ちょ待てよ!オレの中のタクヤも大慌てよ!
いっしょにドラマの録画を観ていたので、まだ途中よ~とゆっさゆっさ揺らしたけど、もう無理。
こうなってはもうダメなのです、無理に起こしたら恐ろしいことになるのです・・はあ・・カレーめ・・

ちょうど部屋から出てきた娘に、25周年でね、明日がデビュー日でね、行って帰れるのは明日だけでね、チケットあるよって言われてね、パパに言ってみようかと思ったら寝られてね、って話をするだけして、さっさと寝た。
無理は禁物よね、昔のこと考えたら徳島に行けるだけでもすごいんだし、おもちゃツアーにいっぱい行ったしね・・

大体スケジュールの組み方がおかしいんじゃ。
25周年のなにかを8月にするのはもうわかってたんだから、その前のツアーをせめて冬から春くらいまでにしといて、だからアルバムをもうちょい前に出して・・
そしたらツアーから少し間が空くから、まだ言いやすかった。
さすがにこんなに続けてだと、記念だから!とか、もうこんなのないかもしれん!とか言えんじゃん、こないだ行ったばっかりじゃんってそりゃ言われるじゃん、なんも言えんじゃん。
ていうのはうちの事情だけど、お子さん預けてとかさあ、お金とかさあ、仕事とかさあ、なにかしら言い出しにくい人も多かったんじゃないかと思うよね~。
まあ・・去年の弾き語りツアーのあとにすぐアルバム作って、すぐツアー、って考えたら難しいだろうけど・・
いやでも本当はそのもっと前から考えてる話なんでしょ、大体どんくらい前じゃないと土日とか抑えられないものなんだろうねぇ、そういうのが全然わからないから好き勝手言うけどさ~。
大きいとこをすんなり埋めるには少しはそういうこっち側の事情も組んでくださらんとだねえ、そっちにも事情はあるでしょうがこっちにも事情があるんですよう~頼みますよう~



【8月25日】
そんなことをグダグダ考えながら寝て、迎えた朝。
久々の休みだと言っていた気はするけど、働き者の彼は朝だけちょっと事務所に、とかよく言ったりするので一応声をかけようと思って一応起きたら、もう起きてスマホのゲームをしていた。
早く寝たので早く目が覚めたらしい。
そこへ起きてきた娘。
「あれ、かあさん大阪行くんじゃなかったん?今日デビュー日なんじゃろ?」
むーすーめー!
グッジョブむすめー!

「え~~だって~・・そんなん・・ダメよねえ?(チラッチラッ)」
見よ、私のこの三文芝居。
「は~?大体、大阪とかオマエひとりで行けるん?」
「行ける行ける!」
「なんぼかかるんな~、3万はするのう~」
うっ、お金のことを言われるとつらいですね・・
家事はどこまで仕事と認められるのか、たしかに最近私結構ライブ行って出費多いし、なんにしても出所はあなたが汗水たらして働いたお金なわけで、でも仕事だけに集中できる環境は私がいるからあるわけで、私が外に働きに出ないいちばんの理由はあなたがいやがるからで・・
そういう話すると長くなるし、絶対ケンカにしかならないのでまたの機会に。

「さ、3万は切るよ!新幹線1万1万で、チケットが6千いくら!」
本当は、それに加えて広島駅近くに車を置く駐車場代、お昼ごはん代、ガチャガチャ代、グッズはあとで通販か徳島で買うとしても、まあ3万は確実に軽くオーバーでございます。
そっれは言わぬが花、知らぬっが仏様、溺愛自己愛~♪

「よし、◯◯主任に聞こう、主任!どうする~?」
主任とは娘のことであります。
今年から彼女は夫の会社で働いていて、人数が少ない会社なのでそう呼ばれてて、要するにからかわれている。
「え~ワタシ次第~?どうしよっかな~」
おめえ・・わかっとるよね・・
頼む、頼むよ~~!
「んとね~お土産買ってくれたらいいよ~」
よしっ!いいぞ!いいぞむすめ!

「・・・だって、行けば?」
わ~~~~!
まさかのオーケーが!
こんなことがあっていいんでしょうか!
わーわーありがとうありがとう!
センキューフォーユアーカインドネス!センキュフォーユアーテンダネ~ス!
心の百恵が大熱唱!ありがとう、わたし幸せになります!マイク置きます!



しかし。
(冷静になった)
この時点で7時を過ぎている。
え~と?私はいつもそれなりに準備をして出るのです、こんなになにも準備してない状態からのお出かけって・・しかも相手は大阪よ!?
ひー、まだ洗濯二回目回してない、朝ごはんは、昼ごはんは、晩ごはんはー!
(結局昼はカップラーメン、夜は弁当を買ってもらうことに)

とりあえず、チケットのことを言ってくれたフォロワーさんに連絡して、会いたい人に連絡して、バタバタと支度して、家を出た。
そういえば山の道はまだ片側交互通行だったりして、広島駅まで行くのにも思ったより時間がかかって、駅に着いてすぐ乗れる新幹線に飛び乗った。
いや~、こんなになにもちゃんと準備せずにライブ行くの初めて!



【オオサッカ!】
き、来ました~!
田舎の主婦が、ひとりで、都会にー!
連絡していた友だちと新大阪で待ち合わせだったんだけど、よかった・・と来てすぐ思った。
すぐに自分の行き先がわかる気がしねえ!
だってわたしやっと広島駅に慣れたとこなんですよう~。
一人旅はもう少し地味なところから、ちょっとずつ練習したいものです。

で、その待ち合わせで無事に会えたのでホッとして、あとはおまかせしっぱなしになってしまった。
帰りも旅慣れた友だちといっしょだったので、行った行ったといっても、本当にただ行っただけっていう・・いつか次に行く時はもうちょっとちゃんとしたいものだ。

なんかさあ、あまりの急展開で、来ることだけに意識が集中していて。
せっちゃんファンに知られる、おどうきんせんの御堂筋線も言われて初めてああっ!ってなって。
そうだ!わたしライブに来たんだ!みたいな、そこからやっと実感が湧いたっていう。
いや~行くのは9月半ばだと思ってたからまだあんまり考えないようにしててさあ・・え、なにやるんだろう!ホントにまだ考えてなかったよ、わーわー!
急すぎてなにも考えられん。



【城ホール】
来た~!

ここか・・ああ~城ホールのDVDもう一回観ときゃよかった、だってまさかこんなことになるとは思ってないから、結構長いこと観てなくて。
帰ってからDVD観て感動した。
逆じゃろ~!

ガチャガチャの列が結構な長さで、遊園地の列みたいにクネクネと進んで、そこで私のライフはゼロに。
なにしろ暑かった・・なにも考えずにパッと着ていった黒い服に塩で模様ができてしまうくらい暑かった。←慌ててトイレで濡らしたら消えた
あれはもうフェス並みだったね~。



ってところで私の今日のライフもゼロ、時間切れです。
②は先に書いてるのでたぶん明日出します、忘れてなければ。
つづく!

IMAG2525
キャーキャー
IMAG2528~01
キャーキャー(うるさい)









    編集


お盆がくるよ~時間がないよ~ってので駆け足でがんばったけど、やっぱり時間切れで曲の感想あんまり書けなかった・・まあ、記憶力の限界というのもある。


2018年7月31日(火)、レクザムホール(香川県県民ホール)。
IMAG2447~01
トラック撮っただけでクタクタになる暑さだった


会おうねって約束していた友だちの到着が遅れて、この日私たちは日帰りだからゆっくり話せないってのもあって、なのでやっと会えたら時間の余裕がなくて、フォロワーさんいっぱい来てるよね~と思いながら挨拶もなしで失礼しました。
それでも偶然会えた人とかいたのうれしかったな~。



この日も運よく前のほうの席で・・って今回のツアーの私の席運、振り返ったらよかったんよね~。
最初の神戸以外、全部一桁だった。
島根の時と福山の時に、もうこんな距離で見れないだろうから・・とか言ってたのに、その後届いたのもよかったもんだから飛び上がったのなんの。
最前ってことはなかったけど、でも肉眼で見える席が続いたのは幸運以外のなにものでもない。
まあでも広島の時みたいにせっかく前のほうでも岩の隙間みたいな視界の場合もあるわけで。
一概に一桁ならいいというわけでもないということも学んだ・・じゃあどこがいいかっていうとそうね~、表情が見えて全体も見える、一桁後半の一段上がるくらいの中央がいちばんいいかも。
ってそんな都合よくいくかい!わかってるよ、言うだけタダだからさ~、希望の話だからさ~。

今回は足元は前のお客さんで隠れるけど、全員見える!見えるよ~!
まず視界に感動している、始まる前から目が潤む。
こうしてみると広島の視界が結構つらかったんだねわたし・・
もちろんどこでだって楽しむけど、まあホントいい時もわるい時もある。
最後がここでよかったな~!
それはいいけど、今回ちょっとヒロオが見えすぎる!つええ、圧がつええ・・終わってからしばらくはついついヒロオの真似してしまうくらいだった。



01 マディウォーター
02 砂漠に赤い花
03 I'm a Dreamer

最後だ・・って思いながら観るんだけど、なんか実感が湧かない。
なんでだろう、昨日のほうがラスト感あったような。
こっちの気持ちの問題かな?

そうそう、最初のほうでに歌う時にマイクにごつんってぶつかったせっちゃんを見て、あれで口の中切ったりしたことって今までないんかな~、口の中が血まみれで歌うとか痛そう、歌いにくそう、ってまあないかそんなこと・・って今それすっげ~どうでもいい!いちいちそういうこと考えるのやめい!
って自分で突っこんだんだけど。
あとでフォロワーさんがせっちゃんマイクにぶつかったよねってつぶやいてるの見て、あー私も見た見た!って思った。
いや、見たけど、見たからって絶対そこまで余計なこと考えてないよね・・このお散歩する脳みそホントどうにかしたい。自由にあちこち行き過ぎ・・もうちょっとじっとしてほしい。

「ここは、調べてもらったら斉藤&和義の時以来らしくて、四年ぶり?」
お客さんから、風果ての時もここだった!って声が飛んで、
「あ、そうなの?」
この県に来たということは憶えているけど、こんだけ回ってると会場までは正直わからないんだよね、みたいなことを言っていた。
わからなかったから調べてもらったんだもんね。
お客さんと調べた人とどっちが正しかったのかな~、とその時は思ったけど、あとで調べたらどうやらお客さんが合ってたみたい。
ホールの名前が変わったみたいだけど、斉藤&和義の時も風果ての時も前の同じ名前だったみたいなので、調べた人がどう間違えたのかがちょっと気になる。
そしてさあ、ここレグザムホールだとずっと思ってたけど、レクザムホールだった!
カタカナ難しいわ~。

で、会場に触れていた。
ここも貴族席みたいなのがある造りになっていて、三階は結構高そう。
そっちも高くて怖いでしょうけど、こっちもそっちを見ると首が痛いです、みたいなことを言って笑わせて、
「目を瞑って歌うクセがあるんですが、ちゃんと気にしてますから・・」
みたいなこと言って上に手を振る。

目を瞑って歌うクセのあるせっちゃんは、目を開けた時は大抵上を見ている。気がする。
だから双眼鏡で見た時によく目が合う気持ちになれるのはもしかしたら二階とか三階の人かもしれない。
近い席の人を見るとしっかり目が合ってしまって気が散るからって理由もあるのかもしれないけど、いつもそうして遠い席を気にして、上を見るせっちゃんはとてもいいと思う。
近い人はそっちが見てくれなくてもこっちが見ますんで、おかまいなく!



04 青空ばかり
これ帰ってからCDで聴いても、ヒロオの声がするというか残像まで浮かぶ仕様になってしまった。
どうしてくれるの!
いやどうもしないでしょうけど、それくらいなんかこのツアーのイメージある、これ。



05 エビバディ
エビバディってタイトル初めて見た時はこんなかんじのは想像できてなかったな~、エビバデ!の人のイメージが強すぎて。
そこから振り返る~?ってとこから振り返っていた。
ラストのかんじはしないんだけどなんとなく振り返ってしまう、どこかさみしげだからかな~。



06 純愛
サングラスしてる時に鼻とか口の形かっこいいわ~イケメン~としみじみ思ったってことは私はせっちゃんの鼻と口が好きなの?
と思ったけど、マスクかなんかして目と眉毛だけ見えてもかっこいいと思いそうなのでやっぱり顔が好きなんだろうな~。
とくにライブの時の顔ね!
ってマスクするライブってなんだよ・・



07 deja vu
08 始まりのサンセット
噛みしめたな~、やっぱりどっかでもう聴けないかもとは思ってるんだろうな。
この時間がずっと続けばいいのにってかんじ。





座ってください。
香川、香川はうどんですよね。
あれですか、香川の人はすりこぎみたいな、麵棒みたいなのをみんな持ってるんですか、自分好みの形にカスタマイズするんですか・・ウソです。

下ネタを言ってすぐ打ち消す技をおぼえたんですか・・それにしても棒状のものはみんなそういう想像の対象になるんかいな、アホだわ・・ウソです。ウソじゃないです。(打ち消さない)

前にはもっと長かったツアーもあったからまだまだって気がする、今日が最終日なんだけどそんな気がしない、まだ実感がない、っていう話をしていた。
奇遇ね、私も今日そう思ってた!
でも、昨日さみしいよ~~~ってあんなに言ってたくせに。
案外そういうもんなのかも、一日前くらいのほうがさみしさを感じるのかも?
とか思ってたら、好きな言葉があるんですけど、って思い出したように急に話を始めた。

ボブ・ディランはもう七十何歳とかなんだけど今でも年間何百本と(そういう数字は頭に入らないタイプなので適当だけどせっちゃんはちゃんと言ってた)ライブやってて、ずっと何十年も同じ歌を歌ってて、やりすぎてもう原型がなくなってたりするんだけど、なんで同じ歌をそんなに歌うのか?って訊かれて、いつも初めての人のためにやっているって答える、っていうのが好きで。
あ、でも何回も来てくれてる人がダメっていってるんじゃないんですよ?
今日初めて来てくれた人も多いと思う、そういう気持ちでこっちもやる、みたいなことを言った。

で、初めての人いますかって聞いたんだったかな~、どうだったかちょっと忘れたけど、
「初めてですか、どうも、スガシカオです」
今日はサングラス忘れて来ちゃいまして・・と言いながらギターを触ったので、お?スガさんのなんか弾くのか?と思ったら、
「あんまり曲知らないんだよね・・」
照明が落ちて、普通にいつもの曲を弾き始めた。
シカオせんのかーい!
09 Good Night Story
10 世界中の海の水
ここで、なにかの音だけがうしろから遅れて聴こえるような気がして、それが気になって気になって。
といっても妹や友だちにあとで訊いても気にならなかったみたいなので、私だけだったのかな。
私は小学校の頃に片耳の鼓膜が破れて穴がふさがりきらなかったらしく、そっちの聞こえが悪くて、そのせいもあるのか音の聞こえる方向が自分の感じているのと違う時がたまにあるので、うしろの音と思ったけどそれは違うのか、そもそもなにか遅れてると感じたのも気のせいなのか、その辺はさっぱりわからない。
けど今までに感じなかった違和感ですごく落ち着かなくて、ひとつの音が少しずれて聴こえるだけでこれなんだから、今まで全然こういう風に聴こえたことがないってのがすごいのかもしれないなあと思った。





メンバー紹介。
真壁くん
せっちゃんがなにを言うか待ってる間、ずっとへの字口で眉間にはシワ、気難しい顔をしている。
せっちゃんが「付き合いが長くなるといろいろわかってくる、案外ポンコツな子で、ウィスキーを飲んで味がある!って言った」みたいな話をしたら途端に破顔、その顔がとてもかわいかった。
ポンコツエピソード、もういっこあったのはなんだったけな~、忘れちゃった。

崩場さん
自分ちにはピアノがなくて、人んちのピアノやらお店のを弾いて我流でうまくなった、オレそういうのすごい好きで、楽器屋さんのガラスにこうペターって顔くっつけて見てるような貧しいとこの子がいつかめちゃくちゃすごい人になるみたいな・・というのを変わった表現で言っていた。
その表現がいいかどうかはわからないので書くのは控えるけど、まあ言いたいことはわかった、崩場さんがすごいってことが言いたいのもわかった。

よっち
かわいい、30歳、ハタ坊みたい・・
って言ったら、彼が笑顔でパァ~っと頭の上で片方の手を広げて、旗のジェスチャーだったのかな、それがかなりかわいかった。
みんなにかわいがられるのがすごくわかる気がする。
しまらないアホの子みたいな喋り方で彼のマネをせっちゃんがして「叩いてる時はかっこいいのにねぇ~」と言っていたけど、それはあなたにも当てはまりますけどご存知ですか、と私は思った。
アホの喋り方ではないけど喋ってることがアホっていうか・・かっこよく歌って弾いてる時には麵棒を各自でカスタマイズなんて言う人にはとても見えません。

ヒロオ
エグザイルとかいろいろ、有名な曲を作ったりしている、お金を貯め込んでいる。
車を八台も持っている、ってせっちゃんが言ったら素直なお客さんたちがへえ~~~とリアクションしたので、ヒロオは手をブンブン振って「ウソ!」
家も三軒も持っててね・・「ウソウソ!」

そのイジり方はおもしろいね!
と思ったら、やっぱり服の中はタンクトップだのちょうどベースだからどっかに加入するんでしょだのという方向にいってしまった。
どうしてそういうことで笑いをとろうとするのさー、そんなのなくてもじゅうぶんだったのに。
と、そこだけはげんなりしたけど、昨日に比べたら楽しく聞けたしちゃんとメンバーのことを紹介してくれた時間だった。


大川さん
高松は初めてですか、初めてです、うどんは食べましたか?
という会話からのうどん話。
トータスがいろいろ美味しいお店を教えてくれるんだけど、オレはイマイチ違いがわからない。
こっちのうどんは美味しいとは思うけど、どこのお店がというのはないらしい。

ハイ、みたいに帰される大川さん。
大川さんの紹介も最後なのに~。
と思ったけど、話してる途中で彼が足を交差して立ってたのがかわいかったので、それ見れただけでいいのかもしれません。

あれどうなの?
普通はみんなちゃんとよく噛んで食べなさいって子どもに教えるけど、うどんは喉で味わうっていうじゃん、喉越しを楽しむって、こっちでは噛まないで食べなさいって教えるの?飲み込みなさいって?
みたいにせっちゃんが投げかけたら、お客さんがそう~みたいに言ったようで、
「ふーん・・・変な人たちっ!!」
ウソです、とすぐフォロー入れてたけど、言い方がかわいかった。
あと、ちゃんとよく噛んで食べなさいって家でお子さんに教えてたんだろうな~奥さんが、それを横で見てたんだろうな~、みたいなのも浮かんでかわいかった。



11 黒塗りのセダン
わあ、こっちもまた聴けた。
前みたいに始まる時にニャーニャー言ってなかったけど、そのせいかどうか前聴いた時より大人っぽく感じた。



12 12時55分
ヒロオのこれも最後か。
ヒロオの働きってのもあるけどそれだけじゃなくてこれも好きだったなあ。
で、アンケートを書いたあとに思ったけど、印象に残った曲のところに新しいアルバムの曲を全然書いてなかった。
アルバムツアーなのにね、申し訳ない。
印象に残ってないわけではなくて、アルバムの曲は聴けるのわかってるからみたいなのがあるからついつい。
そういう人多いと思うんだよね~、せっちゃんがどれくらいアンケートを見てるのかわからないけど、ガッカリしないで~と思う。
あのライブ後の興奮状態で、書きたいことを書ける人がどんだけいるんだろう。
字はいつも以上にミミズが這うみたいになるし、思ってることの二十分の一くらいしか書けてないと思う。
でもなるべく、ほやほやのこの気持ちを!と思って書く。
そして落ち着いてから、ああ~あれもこれも伝えたかったなー!って思う。
そういうのを私はここで書いてるのかもしれない。
それこそせっちゃんには伝わらないけど、自分の気持ちは成仏っていうか、スッキリするっていうか。



13 行き先は未来
今回は、みー、らー、いー!の「いー」をお客さんに歌わせた。
難しいよ!
この曲楽しかったな~、こんな風になるとは本当に思ってなかったな~。
最後というかんじはしなかったのに、この曲をまたどこかでやることはあってもこういうアレンジはもうしないんだろうと思うと、さようなら未来ってかんじがして、思いきり息を吸い込むっていうか、めいっぱい楽しむ!という気持ちになった。



14 Good Luck Baby
「讃岐にはうどん」って言った?よね?
違った、「香川には讃岐」だったっぽい。そういえばそうだったような。
おれにはおまえだよ~サンキュー!(告白)(うざい)



15 問題ない ダンシング・ヒーロー
えーん、せっちゃんのダンスが見たいのに他の人たちもかわいいよう。
あれだね、なんかの時に足が床から離れないからおかしなことになってる気がするね。
せっちゃんはちゃんと足もリズムにのってるからいちばんいいかんじなのかも。
と思って見てたけど、あとで見たツイッターで、吉井さんのことが大好きなフォロワーさんが、せっちゃんのダンスのキレのなさ国宝級って言ってて、はっ!客観的に見たらそうなのか~と思った。笑
いやまあたしかに吉井さんはそういうのなんでもこなしそうだ・・・
おっかしいね~あの中じゃいちばんうまいはずなんだけどね~(目をこする)



16 オモチャの国
最後のギューーーーーンってかんじのところ、暴走列車っていうか、暴走する車っていうか、とにかく止まらない乗り物に乗ってる気持ちになった。
音だけでジェットコースターに乗ってる時みたいな、不思議な感覚だった。



17 真っ赤な海
わあ!最後にこれが聴けた!
いたいけと差し替えで、途中からグッドモーニング サニーデイも加わったってことだったけど、なかなかこれには当たらなくてあきらめてたから、うれしい・・聴くのにせいいっぱいだった。
センキューグッバイイエスタデイ♪グッモーニンサニーデイ♪
こことかトロッコとかの歌詞がグッドモーニング サニーデイと重なってて。
改めて考えるといいよね~!伊坂さんの小説みたい、登場人物が違う作品でリンクするみたいな。
俺たちのロックンロールのツアーが、真っ赤な海で始まって本編がグッドモーニングサニーデイで終わって、それがホントよくて・・って話を昨日友だちに聞いたばかりで、昨日聴いたその曲と重ね合わせて聴く。
これ始まりかあ、そりゃあもうかっこよかったろう、そりゃあそりゃあ!
あ~いいなあ、昔に戻ることはできないし、出会った時が私のタイミングだということは重々わかっていても、その頃のツアーに行ってみたかったー!という気持ちにはどうしてもなるよね。
想像することしかできないけど、いいないいなー!頭で作り出すわ、そのツアー・・

と思ってたら!ああ~!
18 グッドモーニング サニーデイ

わー!まさか両方聴けるとは!
ああ、これ二曲続けてなんて、昨日もやってほしかった、昨日で最後だったあの人たちにも聴かせたかったよ~。
大体、月末ってお勤めの人が休んでライブに行くにはなかなか厳しいらしいよ、平日にしてもせめてそこは外してほしいらしいよ~(どさくさに紛れて日程への不満を)

あ~なんかわからんけど、その時のツアーには行けなかったけど、なんかわーわー。
そういう昔のツアーの話聞かせてくれてありがとう、おかげでその頃ツアーに行ってない私なのに、なんだか感慨深く聴けた。

「やっぱりせっちゃんはギターを弾いてるところがかっこいいです」
っていう、今それ書く?いまさら?みたいなことをアンケートに書いたけど、だってやっぱりゴリゴリ弾いてるとこがかっこいいわ~ってなったんだもの。
ずっと弾いてりゃ弾いてたで、逆にたまにグーの手で弾かずに歌ってるのかわいいとか思うんだからホントしょうがねえなと自分でも思うんだけど、しょうがないもんはしょうがないのです。



19 僕の踵はなかなか減らない
Fly me to the moon、昨日よりはよかったような?
いや?どうかな?
そこばっかり気にしてしまうじゃーん!



20 I Love Me
21 虹
22 月光

記憶がないよ!
いやあると思うけどいっしょにはじけてたんだと思うよ!
あと、めちゃくちゃ感謝してた!せっちゃんせっちゃんありがとう!みんなみんなありがとう!って!





アンコール
金色のイルカの話をしなくちゃってかんじでしてた、何回か聞いた今までの話をおさらいするみたいに聞いた。
イルカがたくさんっていう説明の時のせっちゃんの手振りが好き、なにか説明する時によく動く手がすごく好き。

23 WONDERFUL FISH
24 歩いて帰ろう
どうすりゃいいの~、イエー!!!
ってなったのは初めて聴いた、かわいい。
使っていきたい。どうすりゃいいの~、イエーーー!!!



25 ずっと好きだった
さっき一曲増やしたからか、最初からパートチェンジ。
せっちゃんがドラムやるとずーっと笑ってる顔が見れていい。
あと、わりと目を開けて歌っている顔が見れるのもいい。
そりゃ目を瞑って叩くのは難しいよね。
なんか本当にさみしさを感じるひまがなかったな~!



最後、みんなで手をつないで。大川さんもいた。
そういうの、このツアーではなかったね!最後ってかんじがするね!お疲れさまでした!ありがとうございました!
オフマイクでせっちゃんがサンキュー!って叫んで、みんなでお辞儀。


もうどこのどことかが本当に、終わった直後からすでに憶えてないので今も書けるわけないんだけど、崩場さんの鍵盤すっごくよくて何回もうっとりしたし、よっちのドラムもめちゃめちゃかっこよかったし、あれどこだっけ、叩いてはシンバルをパッて手で止めるとこ、ああいうのすごいガン見したし、真壁くんのギターも見せどころ聴かせどころいっぱいで、ヒロオはまあ結構書いてる気がするけどいや実際存在感のあるベースで、いやホントみなさまのおかげで楽しかったですありが・・あっ大川さん忘れるとこだった、大川さんの仕事がどこのどれかは正直よくわからないけど、友だちによると、純愛のところでは袖で大川さんもグラサンだったとか!見たかった・・昨日見れるかも?と思ったのに岩の隙間からではどうにも確認できなかったのよ・・
とにかくありがとうありがとう、踊りたかったか踊りたくなかったかしらないけど毎回踊らせちゃってすみませんねうちの人が(おい)、みなさんのおかげで本当に楽しませていただきました、感謝・・!



せっちゃんがひとり残ってギターを肩にかける。
26 空に星が綺麗
わー、最後にこれやるとか。
涙の腺がおかしくなるでしょうが、るいのせんが~!
今まで楽しくキャッキャ見てたのに。

これは広島でもやってほしかったなぁ・・とまたしても、ていうかこれこそ!とちょっと思ってしまったけど、広島公演に雨で大変な思いをした人が何人来てたかなんてわからないし、本当の本当に大変な人はライブ行くどころじゃなかったかもしれないし、これは私の勝手な気持ちよね。
なんかちょっと2011年のUSTを思い出しちゃってさ~。
あの時はあの時で、遠くてなにもできないけどそれでも受けたショックをこの歌に和らげてもらった気がしたけど、きっと今回のことも遠くでみんな胸は痛めてて。

地震も津波ももちろん備えないといけない災害だけど、雨も本当にどこにでも降るから、山や川はどこにでもあるから、みんなも真剣にちゃんと備えてね・・と今回のことですごく思う。
私はビビりで心配性なので普段から結構準備したりうるさいほうで、今回も早くから気をつけんと!と言ってたのに、娘も夫も全然言うこときかずに出かけてしまって、それでも夜はさすがに動かずにいてくれたからよかったものの、あれもし無茶して帰ろうとしていたらなにに巻き込まれていたかわからなかったわけで、私がこうしてこの曲を聴けているのは、のんきにジーンとしていられるのは、ホントただ運がよかっただけで。
危険な地域ってとこに住んでた人だって避難のちょっとのタイミングとかで違ったりするわけだし、そういう場所だといわれてなかったのにひどいことになってるところもあるし、被害に遭った人が全員注意が足りなかった人ってわけではないわけで、もちろん危機意識は大事で危ない目に遭う確率は変わると思うけど、最後の最後には結局は運で・・なんてことを考えながら聴いてたから、「誰も悪くはないさ きっとそういうもんさ」が沁みるのなんの。

この日の私はそういう気持ちで聴いたこの歌だったけど、他の人には他の人の、その日のその時の気持ちで聴いた歌だったでしょう。
そういう意味で歌ってすごいなあと思う。
同じ歌なのに私の中だけでも聴く時によって全然違う、ここに来てる人がそれぞれ同じ歌を聴いてそれぞれの気持ちで受け取る、そう思うとなんかすごく不思議だ。

せっちゃんがどれだけアホなことを言っても、私にとってすごくいやな発言をしたとしても、なんかしらがっかりするような行動をもししたとしても、私はせっちゃんの作る歌が好きだし、この歌う姿とか弾く姿とかがかっこいいとか好きとかそういうのと、中の人がどんな人かとは別だなあ、なにがあってもこの姿はきっとずっと好きだなあ、というなんか当たり前といえば当たり前のことを確認した。
まあ、もちろん問題は極力ないほうがいいし、がっかりすることはなるべくありませんようにと願うけど!

私に楽しみをたくさんくれて本当にありがとうございました、楽しいツアーをありがとうございました!おわり!





〈セトリ〉
01 マディウォーター
02 砂漠に赤い花
03 I'm a Dreamer
04 青空ばかり
05 エビバディ
06 純愛
07 deja vu
08 始まりのサンセット
09 Good Night Story
10 世界中の海の水
11 黒塗りのセダン
12 12時55分
13 行き先は未来
14 Good Luck Baby
15 問題ない ダンシング・ヒーロー
16 オモチャの国
17 真っ赤な海
18 グッドモーニング サニーデイ
19 僕の踵はなかなか減らない
20 I Love Me
21 虹
22 月光

アンコール
23 WONDERFUL FISH
24 歩いて帰ろう
25 ずっと好きだった
(ひとり残って)
26 空に星が綺麗









これはかわいがられるわけだ笑











    編集

このページのトップヘ