ネタバレありますよ!注意して!
中身は薄ーーいけどね!えへんえへん!←なぜいばる


今回ね、帰ってから思いついたことをチラシの裏に書き殴る的なことがほとんどできてなくて。
なんたって楽しく打ち上げたからやっぱり帰ったの遅かったし、県外から来てる友達とせっかくだからどこかに行けたらいいなって思って、次の日ちょっと早めに出なきゃいけなくて。

二日もあるんだし大量にカレーとか作っとけば楽なんだろうけど、うちの場合娘以外は激辛派なのに娘だけ甘口派なので別に作るのもめんどくさくて、しかももしもダンナさんが仕事で遅くて娘も出かけて遅く帰ったりしたら息子が一人でカレーを温めるかもしれないのはやっぱり怖くて。
焦がしたら、ひっくり返したら、火を消し忘れたら。
自分が遊びに出かけたせいで何かあったら・・と思うとね。
徐々に練習は必要だと思うけど、遊ぶ時になるべく余計な心配はないようにしたい。
レンジでチンしないといけないのも、もしかしてお皿が熱くてひっくり返したらとか思うとなかなか難しく、結局冷めてもおいしいレシピのものになるのだった。

というわけで、大体ライブの日は毎回大量の唐揚げ(というかてんぷらというかフリッターというか)を作る。
一口大に切った胸肉を卵と片栗粉を混ぜた衣でカリッと揚げて、砂糖とお酢としょうゆを同じ割合入れたものに浸けます。
これがねえー、うんまいのよねー。
うちの人たちみんなわりと冷えたもの嫌いじゃないってのもあると思うけど、これはね、作り立てでも時間がたって味がしみてるのもおいしいと思う。
全員の好物なのでこれを作っとけば文句は出ない。
というわけで、最近はめっきりライブの日定番メニューになってるんだけど、朝から揚げまくったよねー!
足りんかったとか言われないように大量よ!
ここで何か家のことをちゃんとしてないって言われるのが一番イヤだから、みんなの朝ごはんと息子の昼ごはんとみんなの晩ごはんと洗濯と軽く部屋もきれいめにして、もうパーフェクトよ、ケインコスギ風に発音したいけどボディーはパーフェクトじゃないよ!

あれ、何の話だっけ?
そうそう、で、早めに出て遊んでさあ、ライブ行ってさあ、帰ったらさすがに爆睡だった。
もちろんメモなんてできてなくて、次の日もためてたリプを返したらもう泥のように眠ってたりして。
普段忙しくなくてだらけているから、こういう時に体力がなくてダメねえ。
で、その後は何かと用事がちょこちょこあり、そして今。
一番間が空いたわりに一番中身が薄い気がして仕方ない。

でも、曲名見て書こうとすると忘れてたことが急に出てきたりして、やっぱりアタシ書かなきゃダメだわ!
ってちょっと思った。
こういうの書いてるとね、たまーに、あたしゃ一体何のために、誰のために、的なこと思うこともあるんだけど自分のためだよ!そうだよ!何言ってんの!

セトリで作ったプレイリスト聴きながら書いてるけど、ライブの音ってアルバムの音とは当たり前だけど全然違うね。
アルバムのチャーリーのドラムもよく聴いたらなんか他とは違うなあってかんじはするけど(といってもバカ耳なのでふんわりですけどね)、ライブのチャーリーのあのスパーン!ってかんじは今でもなんとなく頭に残ってて。
アルバム聴いてても、なんかちょっとこれじゃなかった感がある。
なんのこっちゃ。
でもホント、これは何かの形で残して、行けなかった人にも観て聴いてほしいよね!









まずはセトリ(本編)を。
まったく覚えてませんでしたのでサド義さんのとこからまるっと拝借。
サドさーんお借りしましたよー!(ここで言うなっつーの)

これをもとになんか思い出すことを書いてみます。絞り出せ!がんばれワタシ!

01.I love Me
02.透明の翼
03.CAT STYLE
04.ハックルベリー・フィン
05.野良猫のうた
06.喜びの唄
07.アメリカ
08.この古着は誰が着ていたんだろう
09.ニューヨーク
10.新宿ララバイ
11.イレズミ
12.わすれもの
13.Are you ready?
14.やさしくなりたい
15.Would you join me?
16.ベリーベリーストロング
17.Hello!Everybody!





I Love Meはもう書いたので省略。
そうそう、思い出したんだけど、小さいタブレットみたいなのがあれどこだったっけ、マイクの下の方?違ったっけ?どっかにつけてあって、隣のおねえさんと、民生みたいに導入したんかねーアラフィフの必需品かね、なんて言ってたんだけど、別に触ってる風でも見てる風でもなかったような。



透明の翼
わーわーきたきた、アタシは勝手にこれが最初だと思ってたんだよー。
そしてNOWHEREツアーの再現みたいに始まって・・・!ってさあ!
いや、ツアーがあったってどれから始まったかはわかんないけどさ。
(これが最初がよかったとか言いながらまだこの辺冷静になれてないので結局あまり記憶がない←ダメじゃん)



CAT STYLE
ぎゃー!ネコー!(タイトル違う)
両方の猫の歌聴けるかなー、聴けたらいいなーなんてぼんやり思ってた!
NOWHEREには猫の歌が二つも入ってるからか、なんとなく勝手に猫のイメージ。NYの猫。
黄色いあのジャケットも、イラストのせっちゃんじゃなくて黒いネコのイラストとかだったらもっとイメージ違ったかもしれないのに、なんて勝手に思ってた。
”夢を見てるのさまだ 死ぬまで続く夢”
もうねえ、ほんま今夢のようよ・・これ死ぬまで続いてくれてもいいよ・・と思ったら、
”笑わせるな もう僕は行くよ さよならだ ここは腐ってる”
と言われはっとするのであった←バカなの?
チャーリーのドラムが気持ちよくパカスカいってた気がする・・けどなんせ夢の中でアタマ腐ってるのでおぼろげです。



ハックルベリー・フィン
黄緑っていうか緑の照明がきれいで、あのベースのリズムが始まって、あーきたこれ!
このベースのリズムが勝手にアタシ的にユニコーンっぽいと思って覚えてて、何かなー?ペケペケの始まり的な?
あるよね?自分的に勝手に何かに似てるって思うやつ。
聞いたら全然違うし、人が同じように思うかどうかは知らないんだけど、なんか勝手に自分の印象でそう思うやつ。
っていうかそれにしてもアタシがもっといろいろ音楽を知ってたら、せっちゃんがこれっぽく作ったとか、これはこれっぽいとかってのがもっとあるんだろうなー。
とくにせっちゃんの好きなとこの洋楽に詳しかったら。
と思うんだけども、アタシの頭の中の歌を入れるとこの容量が小さいために、とてもそこまではたどり着きそうにない。
だって、今でも他に聴きたい歌はいっぱいあるのに追いつかないんだもん。
好きな人って増えるのは幸せなんだけど、頭の中がいっぺんにいろんな人のことは考えられなくて、ほらアタシ今レポ書かなきゃ思い出さなきゃって思ってるから他の人聴いてられなくて、たとえば今豪ちゃんがキセルでいろいろラジオとか回ってるのは知ってるけどユーストもさらっと見てすごくよさそうだったけど、ごめんよ豪ちゃんアタシまだこれ書かないとじっくりゆっくり聴けないやちょっと待ってて、っていう。
あれ、何の話だっけ、まあそんなことは全然よくて(バッサリ)
ハックルベリー・フィンって誰?って面白い歌詞よねー。
アーーーーーイワナショーヤー!ってとこ気持ちいいよねー、ああーこれいいねえー!こんなライブ向けだったなんてねえー
とかって思ってたら、音がパッって止まった。
あれ、たしかまだ終わりじゃないんじゃない?ん?
と思ったら終わりだと思ったお客さんがヒューとか拍手とかをしかけた・・とこでまた演奏が始まった。
ほら!ほらねー!だからまだ終わりじゃなかったんだってー!(得意げ)
大体さあ、みなさん拍手するんがいっつも早いのよ。
アタシは歌が終わって最後にせっちゃんがドラムやらみんなを見てジャン!ってするとこまで見て、見届けて、聴き届けてから拍手したいのよ!
しかしやっぱりアタシあの音をパタッって止める演出、ブレイクだっけ?が好きなんだわー、だってあれって息が合わないとかっこよくならないもんね!
とかいって、一日目終わって打ち上げてる時に、あのピタッって止まるとこあったのかっこよかったんだけどなんの曲だっけ?ってすっかり忘れたんですけどねー。



野良猫のうた
ぎゃー!ネコー!(二回目)
おおー!ちゃんと両方聴けたー!
野良猫っていわれたら勝手に名前はビリーってかんじする。
ちょうどこないだ雑貨屋さんで黒いネコでビリーっていうキャラクターを見つけておおー!となって。
すぐせっちゃんの歌を思い出した。
今回NOWHEREの猫の歌歌うかなーって、雑貨屋さんでぼんやりした。
ライブまでの間ってそうやって関係ない時にもライブのこと考えたりして、ライブのその日だけじゃないのだ、せっちゃんがくれる幸せは。
その猫の顔が浮かぶ。
この歌ってかっこいい。
まあどれもかっこいいんですけどー。




どこで何を喋ったかなんて憶えてないんだけど、マツコの話をここでしたはずだからここだろう。
といってももううすぼんやりなのでニュアンスで。

ちょっとマニアックな歌が多いので、歌うたいややさしくなりたいしか知らない人には退屈かも。
(チャーリーはすごい人っていう説明をして)今回はチャーリーと作ったアルバムNOWHERE LANDからの歌が多い。
ちょうどそのアルバムが出た頃にお腹壊してちょっとお休みしてツアーをやってなくて。
そうそうこれは俺の中で唯一のCCCDのアルバムで。俺もだいぶ反対したんだけどねー。

今から歌うのもそのアルバムからなんだけど、マツコ・デラックスさんにPV出てもらってて。
こないだ何かでマツコさんにばったり会って、そのPVの時ぶりで。
マツコさん化粧を落とした後で、あらー斉藤さーん、ちょっとーいつも見てるわよー、って。
で、僕も良く見てますよーって言ったんだけど、その間中ずっとこう、乳揉まれてた(笑)




喜びの唄
ふぉんふぉんふぉん♪か、うぉんうぉんうぉん♪みたいなところを隅ちゃんが歌ってたけど、それはちょっと難しそうだった。
喜びの唄っていってるくせになんか暗いのが好き。
マツコのPVはこの歌の世界にあってるんだかどうだかはともかくとして、なかなか面白かったなー。

これね





アメリカ
多分ここでハープをセットして、羽織ってたシャツを脱いだ。んじゃないかな。
VネックのTシャツで、重ねてる上の白いシャツは薄い生地でスケスケ。裾は切りっぱなしみたい。
うんうん、Vネックいいよ!だらーんとあきすぎてるのより全然いいよ!
下に着ている黒いTシャツは少しひらっとして長くて、なんか不思議な服だなあ、今までこんな服の時あったっけ。
右腕のところに羽根のプリントがある。
背中にも一面何かが、文字か何かよくわからないけど何かプリントがあった。
ネックレスをしてたんだけど、それが十字のだったのか、ちょうどそこにも何かのプリントがあってそれが十字だったのか、どっちだったっけ・・。
まったく、よく見なきゃと思ったはずなのに、どうもアタシの目というのはそういう細部がどうとかっていうよりも、ギターを持ったその姿が、指が、腕が、顔(表情)が、ってそっちの方が大事みたいで、だからギターのこともきれいな色ねーとかは思うんだけど何の曲で何を弾いたなんてのはひとつも残らない。
二日目の帰り、友達(といってもせ歴やらなんやら先輩なんだけど勝手にアタシは友達だと思っている)を送りながら話してたら見事にそこの部分がまったく同じで、二人して美しいとかかっこいいとかステキとか天才ばかりを言い続けて、それがすごく楽しくて。
もうね、どうにかもっと細かく観察できる人になりたいってずーっと思ってたけど、もういいと思う。
細かさを探したーけどーどこにもーなかったーーーー(開き直り)



この古着は誰が着ていたんだろう
これねえ、改めてNOWHEREじっくり聴いてもう、いちいち歌詞が耳にひっかかることひっかかること!
”心が年をとらない人よ”で、
”素敵な恋の歌を歌って”ってさあ!
そいで、
”歩き出せば風が吹いて”よ、
”止まればその逆になって”よ、
”回りだす空理空論”ってさあーーー!あああもうーーー!(なに)
ここのくうりくうろん、ってくうりぃくうろぉん以外の言葉はまらないよねえ!っていう、なんでここでこれをちゃんとはめるんだろうかこの天才は・・
そもそも空理空論ってよく浮かんだよなあ、普段使わないもんなあ空理空論。
無駄に言いたくなるよ、空理空論、空理空論。
せっちゃんの頭の中を一回見てみたい。
普段どんなこと考えてたらこんな歌ができるんだろか。
”磁石のきかない森の中でもいつでも君は僕のヒロイン”よ、これをさらにひっくり返すしねえ、あー天才ってもうー
曲そのものにしびれちゃってるわけですから、これを生で聴いてやられないわけがないのよ、わかる?(なに)



ニューヨーク
ちょっと!ニュースよニュース!ボブデュランじゃなくてボブディランって歌ってたよ!
これ不思議なんだけど、今確認したらアルバムのブックレットにはちゃんとディランって書いてるのね。
なぜ歌入れの時に、和義さんディランですよって誰か言ってあげなかったんだろうね。
あれなんだったけ、なんのライブDVDだっけ武道館のかな、スーツで弾き語りで歌ってたよね、ニューヨーク。
あの時もたしかやっぱりデュランだったなあ。
震災後に毎週やったユーストの最後にいろんなゲスト呼んでやった回があったでしょ、あの時浦沢直樹さんにデュランじゃなくてディランですよって注意されてて、やっぱりせっちゃんはずっとデュランって思ってたんだなあってすごく思ったんだけど。
おおー、ディランになってるー。
って感心した。
んだけど、あれ?九月に総ちゃんとやったラジオでもディランの話出た気がするな、あの時ちゃんとディランって言ってた気がする。
と思って今聞き直したら、やっぱりそこではちゃんとディランつってたわ!
しかしね、アルバムのニューヨークを聴くとデュランなのだよ。
ほらー。ずっと残るんだからー。
やっぱりスタッフさんが誰か言ってあげたらよかったのに。
ちょっとちょっと!生ニューヨーク聴きたいって前から思ってたくせに、感想それかい!

”だんだんどぅびだ だぁんだだどぅんだ だんだだどぅびだば どぅどぅんだぁんだんどぅん”
のとこがひらがなで聴こえるよね。
ああかわいい。好き好き。ここ聴きたかった。
あ、思い出したよ、ニューヨーク♪っていうとこでチャーリーが歌ったら急にここがニューヨークになったかんじした。
アメリカでもニューヨークでもなく、日本の、しかもここは広島ですよ。
それがチャーリーのドラムと声で急に漂うニューヨーク感。すごいね!
ニューヨーク行ったことないけどさ。
その前に外国行ったことないんだけどさ。
なんなら実はアタシは飛行機にも乗ったことないし、新幹線にも修学旅行以外で乗ったことない。
・・・。
でもさあ、こんな平成の世にいまだ鎖国中みたいな島国の女を一瞬でニューヨークへ連れていくのよ!(気分だけでも)
すごいわよね音楽ってさあ!←やけくそ?
あ、この日の打ち上げで初めて会った人にそういう(箱入り主婦的な)話をしてたら「でも全然あなたそんな風に見えない、不幸感がない!」って言われて!(笑)
すごーくうれしかった!
いやまあそんな不幸なわけでもないけど、人から見て幸せそうに見えるってすごくうれしいことでしょ!



新宿ララバイ
ここにきてなんで突然これなんだろう。
なんか今回思ってたより全体的にすっごいNOWHERE LANDなのねえ。
って思ってたからなんか急だね。
と思ったけどあとでアンコールを待つ時に隣のおねえさんと少し話してたら、ニューヨークに対抗じゃないけど、それで新宿なんじゃない?みたいなこと言っててなるほどと思った。
アタシI LOVE MEの中ではこれあんまり好きじゃなかったけど、ライブDVD出てないし、アルバム以外で聴いたことなかったからなおさらだったのかもしれないなーと思った。
ライブで聴くのとアルバムだけではやっぱり違う。
その点でライブで聴いたことない歌がいっぱいあるのはちょっと悔しいっていうか、だからどれもこれも聴いたことないのを聴いてみたいのよね。
そしてこれってよく聴くと、「ねぇパパママァーンお元気ですかぁん」「月が出ていまぁす」「ああーん 午前三時のぉん」とかってなんか語尾がいちいちかわいいのね!
せつ子の女子力バリバリやないかい!なんで気づかなかったのかこのおバカ!
あ、これのコーラスは洋平ちゃんだった。いいかんじだった。←なにこの感想



イレズミ
そもそも二人でおそろいの刺青を入れる人の気持ちがわからないわー。
とこれを最初聴いた時は思ったけど、刺青じゃなくてもたとえばずーっとしてたのを外した指輪の跡みたいなこととか、そういうのならわかりやすいかもな、指輪の跡を見ながら去った恋人を想うとかならちょっと浮かぶような気がする。
ああ、でもそれだとちょっとやっぱり違うか、刺青は痛いしなかなか消せないし、それでもその時はずっといっしょにいると思って入れたのに、ずっといっしょの未来があるって思ってたのに、別れるってことだもんなあ。
なんて思いながら、愛の仕返しっていう表現すごいよねえ、それを見るたびにチクチクして切ないのね、と勝手にストーリーを浮かべて、もうやだわー天才ってやらしいわーと心で絶賛しながらうっとり。




静かな歌の後だからここらへんなのかなー。っていう適当さだけど、いいだろう。

せっちゃんが奥の方を見て、そこ倒れた人大丈夫ですか、スタッフさん行ってあげて、みたいに言って。
こういう静かな曲の後の方が多いんですよねー。
倒れた人は・・若い女性の方だったら、ここへ来てもらって(笑)
Fカップまで(って言ったかFカップ以上って言ったか)の人はこちらへー
Hカップ以上の方は隅ちゃんに任せて(そうなん?隅ちゃん!)

・・・っていうかせっちゃんが介抱するのがFカップ以上Hカップ未満だったら要するにFとGカップの人しかダメってことになりますけどそれでよろしいか!?
えーせっちゃんそこなん、乳のストライクゾーン?見損なったわー!(なにが)(ただの貧乳のひがみ)

隅ちゃんがベーアンプレイをうんたらかんたらという、よく言うやつをせっちゃんが言って。
この前のツアーの時は実際にせっちゃんがやってたとかどうとかって隅ちゃんが言って。
アンプに乳首をこう…とかってせっちゃんがアホなことを言って。
そしてチャーリーを見たらチャーリーは話の内容を知ってか知らずか遠くの方を見て知らんぷりしてた。
なんとなくわかってるんじゃないのかなーと思った。
ヘイ、サイトウがまた変なこと言ってるぜ!まったくオマエ好きだな!クレイジーだぜ!的な。
(っていうか、勝手に脳みそでそうアテレコして見てた)




わすれもの
フライングVというやつなんじゃないのかこれは。
これで何をやるんだろうか、ギュインギュインやるやつでしょこれって!(安定のふんわり)
FIRE DOG系の激しいやつ?何かな何かな!
そしたらわすれもので、ええ!ってなった。
わおー!わすれものは鍵盤のイメージあったよー!
ギターでやるの今まであったのかな、こういう時ファン歴が浅いとどうもレアなのかどうなのかがわからなくてあれだけど、興奮した。
あとで(ファン歴の長い)友達に聞いたらやっぱりそんなにやってないらしく、さらに興奮した。
かっこよかった、ギュイーーンって弾いて。



Are you ready?
このアルバムが出た時、この歌かっこよくて好き!と思ったけど、同時にアーユーレイデーってせっちゃんが歌うのがどうにも気になって。
アーユーレディーじゃないんだろうか。
まあ、このレディーっていうのも発音的にはダメなんだろうけど、レイデーはどうなんだろう。
アタシが英語苦手だから知らないだけで、本場ではそういう言い方もあるんだろうか。
その頃ネットで調べてみたけどいまいちレイデーっていうってものは見つからなかったし、ひとりで???って思っていた。
夏に初めてフェスで聴いて、好きになってすぐの秋に出たアルバムだったから、ツイッターもブログもやってなくてファンの人たちがどう言ってたのかはよく知らない。
最初はそれがどうも引っかかっていたけど、聴いてるうちにそんなことはどうでもよくなって気にならなくなっていったのだった。
けど、友達もそれが前から気になってたって話になって、ああーアタシだけじゃなかったんだーって思った。
しかしさあ、デュランといいレイデーといい、誰か周りの人は何か言ってあげればいいのにねえ!
二日も聴いたのに、その発音がどうだったとかの記憶がもう全然ないんだけど(おい)、友達がレディーになってたよ!チャーリーに言われたのかな!と言ってたので、そうだったんだと思います。
しかし二日目に注意して聴こうって思ってたはずなのに、なんで記憶ないのかなー。
あまりに自然だったのね、きっと!
っていうことにしときましょう。

関係ないけど、アルバムのとヨロチクビのこれ聴き比べたらもんのすごく早さが違うんだね!
今回のはどっちに寄せた早さだったんだろう。 
わーんもう思い出せません。
けど、ヨロチクよりは早かった気がするけどなあー。うーんうーん。



やさしくなりたい
テンテロをせっちゃんが弾いてた。
当たり前か。
ちゃんと弾けてた。
しかもなんと、弾きながらちゃんと歌ってるんだぜ!天才か。
やだもうーこの人天才か天才か天才かチキショー!←?
んがー!そんなんできたらもう豪ちゃんとかフジケンがいらんなるじゃん!(余計な心配)
もう歌よりも何よりも、そのせっちゃんが弾くそれを一生懸命見て、心で応援した。
そして感心した。
すげえなあ。すごい。
本当にすごい人だよこの人ー世界中に言って回りたいよー!



Would you join me?
これ来た時一瞬だけ、えーまたー?って思ったのはそうか、これ前のツアーでもやったよね、お気に入りなのかな!
(これがイヤなわけじゃなくてね、レア曲聴きたい気持ちが強かったの)
始まってしまえば一瞬そう思ったのなんかウソみたいに結局ノりまくっちゃうんだけどね!
でもなんとなく体感というか、曲数というか、本編の終わりが近いかんじがする。
ノりながら、やだー!まだまだー!って思ってる。



ベリーベリーストロング
ぎょー、こんな終わりに近づいて(勝手にそう思ってる)のこれー!
しんどくないのか、しんどいよねえ!
ああー好き好き大好き、髪の毛が汗でどんどんべったりしてきてる気がするけど好き好き大好き、どんな髪型でもどんな服でも、これからもしもアタシの好きじゃない見た目になったとしてもやっぱりかっこいいよ好きよせっちゃん・・・
と思いながら見つめたのを憶えてる。←キモい
(でも多分そうなったらそうなったで文句は言うと思う)



Hello!Everybody!
しかしこれはあれだね、二代目歩いて帰ろうになってるかんじがあるね!
あらやだ三代目なんとかみたいな言い方じゃんこれ(プッ)っていや三代目なんとかも別にキライじゃないですよ!

ここだっけ?違ったっけ?全然憶えてないので当てずっぽうである。
せっちゃんが洋平ちゃんと向かい合って弾いてたの。
洋平ちゃんはあれだね、なんかこうかわいらしいね。
みんなが父兄みたいな気持ちになるね。

一回終わりか?と思ったらチャーリーがまだやるぞ!ってかんじで始めた。
これはいきなりのチャーリーのアドリブなのか?と思ったら次の日もやってたのでアドリブではなかったみたい。




汗がすごくて、途中何回拭いてもすごくて、ギターに斜めに汗がキラキラ降ってて、雨の中で弾いてるAlwaysのMVみたいだー。
って思った。

そうそう、どっかでギターが何かしらトラブルでちょっと待った時にギターかっこいい!って誰か男の人の声がして、きれいな青色のギターをにまにま見て、見せて、いいでしょうってうれしそうだった。
これはチャーリーと同い年なんだよって。

あ、あと何回もピックを表やら裏やらじろじろ眺めてはマイクのとこに戻したり、ステージの上のその辺にポイって捨てたりして、ああっ!捨てるんなら下さいっ!って思ったんですけど、あれは何だったんだろう。
ピックの何を見てるんだろう。
って言ったらあとで友達が「まだこれは使えるな、いや、これはもうダメだ使えんわ、ってことじゃない」って言ってて面白かった。
いつかせっちゃん説明してくれないかなー。
あれはなんなのーせっちゃんーそして捨てるんならピックは投げてー(強欲)




はい、とりあえず本編終わり!
うーん、それなりに頑張った気がする!
しかし結局やっぱりレポというレポではない。
でもいいや。よしとする!



正直この日、セトリに関しては。
アルバムありきのツアーじゃないから何歌うんだろうって、マニアックマニアック!って期待しすぎていたので、ちょっとあれ!NOWHEREからばっかじゃん!って思った。
チャーリーいるからそれはあると思ってたけど、ここまでそればっかりとは思ってなくて、昔からのいろんな曲を聴いてはこれやるんじゃないかあれやるんじゃないかって、チャーリーならどう演奏するんだろう、って想像しすぎて膨らみすぎてて。
ちぇー、あれやらあれやら聴きたかったのにー、なんて思ったけど。
そっかやっぱせっちゃんはチャーリーとあのツアーやりたかったんだなー。
って二日目、唐揚げを揚げながら考えたりした。
でもそれだったらもうちょっとそういう雰囲気出してくれてたらなあ、ご新規さんも少なからずいたみたいだし、せめてもう少し匂わせてくれてたら予習もできただろうに。
まったく知らない歌を延々と聴くよりやっぱちょっと知ってる方が楽しい気はするけど、どうなのかなー。



って、もうライブ終わったみたいに振り返ってますけどまだ終わったの本編だけなんだってば!しかも一日目の・・・
というわけで、つづく!