2018年8月25日(土)、大阪城ホール。
この会場名を書くことになるとは~!(じーん)
IMAG2522~01

IMAG2524





城ホールやら武道館は大きいので、お客さん埋まるかな~とか、そんだけ大勢の人を楽しませなくちゃとか、ステージに立つ人がいろんな気持ちになるんだろうというのはわかる。
けど、お客さん側の気持ちというのにはなったことがなかったので、とくにそこまでなにも考えてなかった。
DVDとかでよく見る景色を、いつかは見てみたいな~、くらいの。
まあね、行けないものをあんまり想像してもね~みたいな気持ちもあったりしてね。

だけどさあ、来てみたらやっぱなんか感動するね!
よく行く人はそうも思わないのかな~。
あ~こんなとこでせっちゃんやるんだな~、好きの度合いにはいろいろあれど、ここに来た人みんなせっちゃんの歌聴きに来たんだな~っていうので、じわじわ。

急なことだったのでどこでもなんでもよかったんだけど、私の席は上手側のスタンドで、会場のちょうど真ん中あたり?で、見え方としては全然わるくない、いいんですかこんなとこで見せてもらって!
ステージの両端にスクリーンがあって、ステージの後ろにも大きなスクリーンがあって。
ステージ端の天井から伸びたスピーカーみたいなのが、こっちから見るとメインのスクリーンの視界ををちょっとだけ遮る以外はよかった。
もちろんせっちゃんの表情やら細かいところは肉眼では見えないんだけど、そうやってスクリーンもあるので、双眼鏡を持って行ったけど一回も使わなかった。
なんか・・出す暇もなかったっていうか、忘れてたっていうか。

あ、前の日と変わったとか、なにが何曲どうだったとかは、この日の私は知らないことなので、知らないままでそのまま書いてます。
聴いたまま、受け取ったままでブログ書きたくて、まだ調べてない。
知っちゃうと感想がちょっとねじれちゃうっていうかさ~、あれやったんだ聴きたかったな~とか、こっちでよかったとか、そういうのはこの時の私は知らないことだもんね。
このまま知らずに徳島行ったほうがいいのかもしれない、曲のチョイスに変に期待も失望もない状態のまま・・





オープニング映像があって。
それに携わってた人が少しそれについてツイートしていたけど、なにもかも知りたくない人からしたら映像があるとかもまだ知りたくない情報だったりするから、情報をシャットアウトするというのは難しいもんだな~と思う。
なんならこないだHFMにゲストで出たせっちゃんが選曲したのが月影で、それはネタバレじゃないんかカズヨシー!と思った。
そんなことを考えてしまったのでなんだかあんまり憶えてない。
はあ?オープニングなのに?
新しい情報が次から次で、容量オーバーなんだよ~


01 FIRE DOG
いきなり好きなの来て、頭パーンってなったわ!
いや~、どっかに入るとは思ってたよ、思ってたけどね?
最初ですか~、やだ~ちょっとちょっと、もうちょっとあったまってからにしてくださいよ~、こっちにも心の準備ってもんがさ~ファイヤドッグベイベ~!(忙しい)

タラララン、アオ~!タラララン、、フッ!
いや~~~~!好きすぎる~~~~!
どうもー!ワタクシせっちゃんのフッ!が大好き芸人です~~~!←キモチワルイとよく言われるテンション



02 Hello! Everybody!
あらちょっと懐かしい、20周年のやつを思い出す。
そうか~あれからもう5年なのか~。
40も過ぎると、5年前は昨日のことのよう。
だけど記憶はおぼろげなのですこれが。
5年前どころか、昨日のこともあんまり憶えてないけどね。
ある意味トシを取らないってことじゃないかしら、昨日の記憶も5年前の記憶も大して変わらないっていうのは・・
ってちょっと待って、5年前はわたし30代だったのでは・・そうかただ単にお脳の退化か・・いや、元々前から・・は~考えると悲しくなってくるから考えまい。
あ~あのコお腹が空いたって言ってたな~、って直前に見たツイッターのことを思い出してみたり。
牛丼の歌だったよね~これ・・お腹空いたかも・・連想ゲームかよ、私はいつもこうだなあ、ちゃんと聴け~!



03 アゲハ
アゲハ蝶のイラストが後ろのスクリーンに。
サイドのスクリーンには歌ってるせっちゃんの顔が映ってて、ちょうど後ろのスクリーンのアゲハがせっちゃんの顔の横に見えて、せっちゃんの近くをアゲハがヒラヒラしてるみたいでとてもいい。
誰ですか、こういう演出考えたのは、まったく・・ステキ!ステキよー!



04 男節
わわー、男節!
妹がずっとアンケートに書いていたのがこれだったので、妹ー!聴けたぞー!と思った。
ごめんよねえちゃん先に聴いてしまいましたわ・・
はあ~、これをちょうど城ホールで聴けるとはねえ、しみじみ。

城ホールのDVDが、たしか私が最初に買ったDVDだったはず。
セットストックで一回見たっきりだったのに、すっかりハマってYouTube見まくって、とうとうDVDを買って。
ライブのDVDを買うってことがそれまでの人生で一回もないことだったから、夕方届いてすぐ台所に隠して、次の日までが待てずに家族が寝静まってから暗い中イヤホンしてこそこそ見たんだった、そして衝撃を受けたんだった・・懐かしい。
その頃はまだ初回盤の価値とかもよくわかってなくて、たぶん普通に売ってるのでは通常盤しかなかったんだろうな~もうよく憶えてないけど、城ホールのは通常盤を買っていて。
どっかで見つけた初回盤を買って特典の裏ビデオ(って書いてあるんですよ)を見たのは実は本当に最近で、今年に入ってからだった。
あれ見て、わー結構前からちょこちょこ思ってたけど、わたし月なんて名前に簡単にするんじゃなかった・・もっとなんか違う名前にすればよかった、ツイッター始めた時にこんなに長くやるとかこんなにいろんな人と知り合うとか考えもしてなかったもんだから、安易に考えてしまって・・
まあでもねえ、今さら変えるのもね~。
あ~赦されたい。


三日続きのカレーライス♪
はっ、カレーライス!
ああ、なんか昨日からわたしカレーカレー言ってたなあ、と思い出して笑いが出た。
男節やるなんて全然知らなかったのに。

ほらこれ


まあ、歌詞は三日続きだから手を抜かれているっていう描写だろうけど、なんか夫婦の日々っていうとカレーって出てくるのかな~っていうね、やわらかな日とかさ~。
で、うちのことを思い浮かべずにはいられなかったのです、昨日から今日の流れを。
普段ギスギスして暮らしてたらこんなミラクルも起こらなかったよね~きっと、そこそこ仲良くしててよかった・・ありがとうジャワカレー。

もっとおまえに入れなくちゃ~♪
に慣れ過ぎてたけど、そうだったそうだった、「話さなきゃ」ってのが正しいんだった。
DVDの見過ぎだ・・だってあれどんだけ見たことか、でも最近は見てなかったんよね~初回盤買った時はおまけだけ見たし・・ここに来るとわかってたら絶対見たのに。


それにしても、これからはこういう歌は作りにくくなるのかな。
ジェンダーフリーがどんどん進んで、「男」とか「女」とかいうのがどんどんね~。
でも身体的なものや脳的なもので男女の違いは実際あるにはあるわけで、それをお互いちゃんとわかって、でも決めつけないで・・って難しいねえ。

でも、関白宣言もそうだけど、ってあれはまあ最初ひどいなあと思うけど、言ってるだけって気がする。
弱い犬ほどキャンキャン吠えるっていうか、結婚前にちょっといばって言ってみてるけど、実際そうはいかないんだろうな~っていうか。
なんていうかとにかく、前半ひどい!こんなひと!と思っても、最後の最後の、
「忘れてくれるな 俺の愛する女は 愛する女は 生涯お前ただ一人」
で、コロッっていうか、くーっ!ってなるっていう。
男節だともちろん、
「俺は女が好きだけど おまえの敵が見当たらねー」
のここですよねえ!
くーっ!っていう!くぅーっ!
はあ~、もうどこにでも旅に行ってこいー!ってなるじゃないですか、こんなん言われたら。←チョロい

だからって、俺にはおまえしかいないっていえばなんでもいいわけではないけどね。
愛想つかされるかもしれないなんて、想像もしてなさそうなこのアマメン。
約束できないとか、俺は男だとか馬鹿だとか、俺を選んだおまえが悪いって言われてもねえ。
はあ~?男だからなんだよ!そっちの人生がたった一度きりなら、こっちだって人生は一度きりじゃいオラ~!

まあ・・最終的にはかわいげかな~、と思ったりする。
お互いなにか気に入らないとか許せないとかムカつくところがあるとして、それを上回る好きなところがある、どこか憎めないところがある、そういうのがないとしんどいのかな~、誰かと暮らしていくのは。
なんてことを思いますがあれですよ、夫婦つっても他人なので。
夫婦だけじゃなく、親子とか兄弟とか誰でも、自分以外は他の人なので。
一寸先は闇、なにが起こるかは誰にもわからない、ずっと同じ関係でいられる保証はない。
あぐらをかいていてはいけないよね~、なにもかも当たり前と思わないようにしないと。

よく考えたら、関白宣言の「俺より先に死んではいけない」ってくだりの、
「何もいらない俺の手を握り 涙のしずくふたつ以上こぼせ」
「お前のお陰で いい人生だったと 俺が言うから 必ず言うから」
のこれって、
「旅の終わりはいつの日か おまえの胸で死にたいぜ」
ってのとも通じるとこがありますね! 

この歌の世界の「おまえ」と呼ばれている人は、あなたの胸で死にたい、なんてけして言わない、なぜならあなたより絶対長生きして残りの人生も楽しむつもりだもの、あなたがいる時だっていない時だって私は私の人生を楽しむのよ~!
みたいなことを言っててほしい。
だってこんな歌を歌う人の相手なんて、それくらいじゃないとつとまらんよね~きっと!



05 tokyo blues
これは後ろのスクリーンがおもしろかった!
バイクに乗ってる人のムービーに、せっちゃんの顔がコラージュされている。
ちゃんといっぱいいろんな表情を撮ったんだね、角度もちゃんとそのバイクの人に合わせて。
説明は難しいけどこれは楽しい、MVにして出してよ~!
無理か~無理よね~。でもかなりいいのに。
途中でメンバーもひとりずつ出演、それもかなりおもしろい。
ああ!DVDには入れてくれるんじゃなかろうか、特典映像にしましょう!ね!ね!
最後にE.T.みたいに、大きい月をバックにせっちゃんがバイクに乗って空を飛んでるかんじの映像になったんだけど、弾いてる本人が振り返ってそれを見たのもおもしろかった。
あのねえ、、映像のことしか憶えてないや!



06 空に星が綺麗 ~悲しい吉祥寺~
こないだラストで聴いたんだったな~。
というのを思い出していた。
だからなんだかここででてくるとちょっと変なかんじ。
案外まだこないだの記憶が私に残っている。
そうよ、まだ香川のファイナルから一か月経ってないんだもんねえ。
それなのに今大阪にいることがすごいわ。事件だ。
とかってここへ来たことの感動がところどころで練り込まれるので、まったくもってなんの感想かわからない。

それにしても、これも大好きなんだけど、贅沢なんだけど、大丈夫も聴きたいと思ってしまう。
せっちゃんに大丈夫って言われたい人いっぱいおると思うんよね~。
「誰も悪くはないさ」のあとに、「なるようになるのさ」って歌ってくれませんか・・



07 真夜中のプール
ああ~!
これとかいいかも、季節的にも。
ってこないだ言ってた友だちの顔が浮かんだ。
やったね~、これやったね~!

あ~いいね~。
けど、これやるっていうことは、これ俺ロクのアルバムだから、もうその中の歌はきっとやらないね。
あの中だとSUNDAY聴きたかったんよね~。
ってこら、そういうのを思っちゃダメだって!
いやあでも意外、25周年で聴けるかんじは全然してなかった!

いいな~。
改めていいな~。
なんかわからんけど、夏が終わるかんじするな~。
映像はプールの中みたいなゆらゆらした水と、月。



08 君は僕のなにを好きになったんだろう
へえ~!
予想外!
これ普段全然聴いてないわ~。
なので、ものすごく久しぶりで新鮮。

君は僕のなにを好きになったんだろう。
ってせっちゃんは言いそうにないんよね~なんとなく。
なんでかわからないけどそんな気がする。
自分に自信なくなる時もたまにはあるかもしれないけど、なんかその質問は相手に尋ねないような気がする。
自分が愛されることに疑いを持たなさそうっていうか・・疑うんならどっちかっていうと向こうの心変わりっていうかさ~、もしくは自分の心変わりっていうかさ~!
心が移り変わることは心配しても、こんな俺のどこがいいんだ?とは思わなさそうじゃんあの人。
ってただの想像ですが。

そういえば、私もないな~そういうの。
(せっちゃんのはあくまで想像なのに「私も」って)
僕は君のなにを好きに・・と思ったことはあるな!笑
私のどこが好きなの、どこがダメなの、とかは思ったことないかも。
自分のしたことや言ったことだったらなにがダメだったのか考えることはよくあるけど・・。
自分の性格に疑問を持たないってことは、基本的に自分のことが好きってことなんだろうか、そうなのかもな・・昔はそんなことなかった気がするから、どっかから変わったのかもしれない。

とかそういうことを思うからかな~、あんまり普段聴かないの。
いや、自分と違うから聴かないってことでもないな~。
せっちゃんが作詞してないから、っていうんだったらウエディングソングやらおつかれさまの国やら、やぁ無情も一部そうか・・でも他のは聴くかも、なんでだろう。
いや私が聴く聴かないはともかく、なんでこれ選んだのかが知りたいな~。





座ってくださいって言われてちょっとホッとする。
ゆったりした歌が続いて、立ってるのがちょっとしんどくなってたところだったんです。

近々結婚する人はいますか?だったっけ、なんかそんなようなことを訊いた。
ちらほらいた。
じゃあ、あなたにささげます、みたいなことを言って二階のほうだったかな、指差した。
09 ウエディング・ソング
なんなん、作詞一倉宏繋がりなん~?
じゃあついでにおつかれさまの国もやってー!
よくよく聴いてたらこれもせっちゃんが言いそうにない言葉が多い気がしてくる。
でも、結婚式にはこれくらいちょっと嘘くさいっていうか(失礼)、ちょっと作ったくらいの世界のかんじがいい気がする。

いや~だって結婚式っていうあの不思議な独特な空間ね・・っていう、また出た、式というものに思い入れのない私。
いや、呼ばれるのはいいんだよ~、なんだかんだ楽しいし。
なんていうか、自分はそんなにしたいと思ってなくて、娘とか息子にしてほしいとかもあまり思わない。(あくまで私は)
自分らがやってないからこの子には・・みたいに親に泣かれたんだよねえ、で、やらんでいいって本人たちは言ってたのに結局流されてお金もないのにやることになって、まったくウキウキすることなく式を迎えた19歳だったもんだから・・したいと思ってするのがいいよね、何事も。
まあ、家を早く出たいってのが今思えば結婚のいちばんの理由だったところに問題があるようなないような。
それが未だに尾を引いてるのかな~、もう二十数年前の話なのにねえ。
そういうことひとつとっても、いろんなことが今の私を作っているな~というのはよく思うけど、でも、時を経て少しずつ考えが変わることもある。
お子さんの式までの日々を丁寧に送る親御さんのことを見たり、ちゃんと自分でいろいろ準備して自分の好きな人たちに囲まれて幸せそうな式をする友人を見て、いいもんだなあと今は思ったりもする。

これ合間のメロディとか好きなんよね~。
ん?ってことはやっぱ曲の好みなのかな~、聴く聴かないって。



10 彼女
これね!めちゃめちゃよかった~!
元々好きな歌ってこともあるのかもしれないけど。
音なしで、アカペラみたいになったところの良さ!
はあ~、せっちゃんめちゃめちゃ歌うまいわ~!

シーンとみんな聴き入ってるところで、一か所ベチン!って音になったところがあって、
あとで、「ベチン!ってなったね」か「ベチン!って言ったね」か言って。
「この緊張感の中でやってみろボケ~」みたいなことを言っていた。
書くとキツく感じるかもしれないけど、そういうんじゃなくて、そうぼやくせっちゃんをみんな優しい目で見てたと思う。
ていうか、それより歌の力が強すぎて、言われなきゃすっかり忘れてたくらいだった。



ちょっと昔のだか珍しいのだか言って、35STONESっていうアルバムのね、、(お客の反応を見て)知らないね、
みたいなことを言いながら。
11 リズム
わーお!リズム!九月ですね九月!まだだけど!(この日は)
わ~、リクエストはしてないけど、これ聴けるのか~、うれしいな~。
いっぱいあるのよ、上位に出てこなくても、あ~これもあったこれも聴きたかったっていうやつがどんだけあるか~!
あれ、うれしいうれしいと思ったことしか思い出せないな・・聴き入ってたら終わったんだな~。



ここだか次だったかその次かその次か(おい)わからないけど、座ってる人と立ってる人が混ざってる会場の様子を見て、
「座ってる人がいたり立っている人がいたり・・」って笑って。
「好きにしていいんですよ?今日はちょっと長いしね」



12 ぼくらのルール
は~、なんかこの辺か~、この辺やるのか~と思った。
なんていうんだろう、このライン好きな人って絶対いるなあっていうか。
真夜中のプール、リズム、ぼくらのルール・・なんとなく、私の中で近いグループのイメージ。

それにしても、ぼくらのルールか~。
なんだい?今回あれかい、夫婦関係を、いや人生をか?なんか見つめ直すライブなのかい?
結婚する前のダメになった恋(彼女)、自分に自信がない頃(君は僕のなにを好きになったんだろう)、結婚する時(ウエディング・ソング)、時には昔の彼女を思い出して(真夜中のプール)、んでたまにはどうしようもなく険悪になって(ぼくらのルール)、
んで、そうはいってもおまえの敵が見当たらねー(男節)と・・ハイハイごちそうさま!←勝手に妄想しといてこれ

あれ?
ていうかこの辺って全部、あの最近出したベストに入ってないやつばっかじゃないの?
あれ聴き込んできたような人も結構いるだろうに・・まあそりゃあの中からばっかりやられても古いの聴きたい勢からしたら困るっちゃ困るんだけども、いいんだろうか、心配になってくる。
ていうか、わたしあれ聴きたいんですけど、コールミーナウ!絶対やらんな、こりゃ~
ゆったりした曲が多い気がするね?
あれとか聴きたかったんだけどな~、ジャックポット!
脳内をそのまま書いてるからカタカナですけど、正しいのを調べるのがめんどくさいからではけしてないのですよ、けっして。
このメンバーで聴いてみたかったんだけどな~、まあないよね~。
「やってない曲をやるツアー」みたいなのやってくれんかしら。
絶対かっこいいと思うのに。レモンをギュー!
えっとなんの話だっけ・・・

あ、なんか話それたけど、「今夜も縮まらない距離 こんなそばにいるのに」ってさ~、ホント何回も頭に浮かぶことある。
名フレーズだと思う、楽しい時ばかりじゃないもんねえ。
ナポリタンを壁にぶつけたことはないけど・・・
なんならひたすらどっかを磨いて、洗面所とかシンクとか鍋とか、綺麗になるほうが多い気がする。
まめじゃないので、たまにそういう時があっていいのかもしれない。
なんの話だ。




映画の主題歌で、有村架純ちゃんが出て。
だけならいいんだけど、どうしてせっちゃんはそうやって人の名前を出した時に、想像にせよパーソナルなことをポロッと軽率に言ってしまうんだろう。
サービスくらいに思ってるかもしれないけど、昔からずっとそうだっただろうけど、前から本当はダメだったと思うけど、今はもうそれダメだって・・
下ネタがいやなんじゃないの、人のことを言うのがいやなの。
それは、この人が言うのは許せてしまうっていうのと違うと思う。
そういうところは変えていかないと、気持ちわるいだけのおじさんになってしまうよ~。
下ネタもアップデートが必要です、アップデート・・
なにか大問題になる前に、ハラスメント講習を受けてほしい。
あんた稼ぎ頭なんでしょ、企業でいったら結構上の人でしょ~、会社がどうなってもいいの~
ていうか会社~!講習受けさせて~!
一回だれかに訴えられたら懲りるのかもしれない。←荒療治すぎる

彼女かわいいよね、映画の製作発表とかで会えるかな~?会いたいな~、でもそんな発表の予定とか全然聞いてない!
とか言ってたのはかわいかったけど、まあさすがに本人に変なことは言わないにしても今のまま変わらないんじゃ私が事務所の人ならNG出すわ、綺麗な人やかわいい人に会わせてもらえないミュージシャン一位になってしまえばいいんだ~。
と心で念じたのでよし、歌に集中します。

13 カラー (新曲)
わー。
あなたこんなのも作れるの!
という気持ちになった。
こんなにずーっと作ってたらいいかげんもう出てこないってことがあってもよさそうなのに・・すごいな~、とただただ感心した。
ああ~いかにもせっちゃん!みたいなのが出てきても喜ぶんだけど、わあ~新しいせっちゃん!っていうのもうれしい。
なんていうか、サビに行く前のかんじもサビのかんじも今までのとちょっと違うな~って感じたんだけど、しかしなにが違うかという説明は全然うまくできない。
あ、一回で聴いてすぐ覚えちゃって歌えてしまうかんじじゃないのが珍しいな~と思ったっていうか・・

後ろの照明がカラフルに光って、虹のことをちょっと思い出した。


あ!映画の予告編があるんだった!

こうやって聴いてみると、私の感じた印象が合ってるのかどうか自信がなくなってくるけど



14 月光
月光か~、と思ってしまってごめんなさい。
前回のツアーであんなに感動したのに。
いや、したからこそなのよ。
あれはあのいろいろ散々やってからの本編最後のこれがすごくよかったわけで、あのツアーの月光をしばらく胸にしまっときたかったっていうか・・
そしてさっきの新曲の余韻がさ~
ああどんなんだったっけ、もう思い出せん気がする~
などと考えていた。
失礼な話だ。
それこそあのベストからの曲なのであっておかしくないんだけど、やっぱり前ツアーから一か月も経ってないってのがあるからかなあ、なるべく他のを聴きたい気持ちが強かったのかもしれない。
贅沢だぞ!けしからん。



15 Alright Charlie
そこへきて、ここでチャーリー!
Tシャツ売ってたからやるのかな~なんて勝手に思ってたんだけど、わおー!
わおー!と思いすぎて記憶がない。
こういうとこホントもう・・
スクリーンのイラストがレコードみたいなかんじでかわいかったような。



16 ずっと好きだった
なんだこの緩急。
緩急といっても私の中の話だけど。
とか言ってしまっているけど、待て待て、初心を思い出せ。

私が初めてせっちゃんを見たセットストック、あれがちょうどこれが春に出た年の夏で。
妹が行きたいんよね~とテレビのCM見て言った時に、この中だったら見たいのは斉藤和義かな~、最近ずっと好きだったっての歌いよるじゃん、って言ったんじゃなかったか。
歩いて帰ろうと歌うたいは知っていて、最近よく聴くそれもいいかんじだから気になる・・そんなかんじだったはず。
じゃあきっかけの曲じゃないか。

でも、あの時顔もキャラもなにもろくに知らなかった。
せっちゃんって呼ばれてるのすら知らなかった。
今思えばそんなんでよくフェスに行こうという気になったものだ。
まあほぼ付き添いというか、物見遊山とか修学旅行みたいな気持ちっていうかね。
そういうことを一回してみたかったのよ、上の子中1、下の子小5で、なんか一回くらい私もそういうのに行ってみてもいいんじゃないかって思ったんだよ・・

夫に結構怒られたんだった。
妹がいっしょに行く予定の友だちが行けんなったんだって、チケット代その人がくれるんだって、とかそういう適当なウソをついたけど(ウソかい)それでも、そんなもんに行くなんて意味がわからん、ありゃあ若者が行くもんじゃ!みたいな・・
その頃は、友だちの家に(昼間に)遊びに行ったりランチや映画や買い物したり、くらいまでが私の行動範囲で、そんなよくわからんようなことは認められないかんじだった。
そうだ、結構縛られてたような気がする、でもだからってとくにそれを不満に思ってなかったっていうか・・あれから子らも大きくなって、私たちもずいぶん変わったね~。

転機だったなあ。
あれに行かなかったら私の人生はどうなっていたんだろう。
それなりに楽しくやってたとは思うけど、狭い世界だっただろうな~。
それが今じゃこんな、なんのウソもつかず堂々と、行きたいって言って行っておいでと言われてひとりで大阪まで来てるなんて・・うっ・・泣ける・・

せっちゃんの25周年なのに、私の8年を思い浮かべています。
25年の中の8年か~、全然だなあ、でも私には濃い8年だよ。
こうやって、自分の歴史を思い浮かべてる人もいるんだろうな~。



17 Stick to fun! Tonight! ダンシング・ヒーロー
キャーポッキー!
後ろに見たことある赤くて丸い映像が出て(なにこの説明)、うわ~懐かしい。
みんなでなんかかわいい踊りをしたんだったよね~!
KARAのお尻フリフリとか、ペンギンみたいなのはあれなんのダンスだったんだっけ、あれもKARAか。

ダンスなくても、これはだいぶ好きなんだよね~。
なにが好きなんだろう、なんで好きなんだろう。
理由はわからないけど好きなのってあるな~。

なんて思ってたら、ダンシングヒーローが始まり。
えーまたやるんかい!
またとか言ってごめん。

いやほら、まんま同じのするとは思ってなかったもんですから。
せっかく覚えたからもうちょっとやりたかったんかな~。
そりゃ新しいの覚えるひまはなかったと思うけど、じゃああのお尻フリフリタイムのところでUSAのフリをちょこっとするくらいでよかったのでは?
とかちょっと思ってしまった。
私ってツアーごとに気持ちが切り替わるタイプなんだな~、前のツアーは前のツアーってなるみたいだ、新しい発見だ。

でもそれは一瞬の気持ちで、いっしょに歌って踊ったよ!楽しかったよ!
楽しませたい気持ちなんだよねぇ。
だってせっちゃんなんて歌って弾いたらそれでじゅうぶんなのにさ、そんだけすごいのにさ~!
ありがとうありがとう、またとか一瞬でも思ってごめん。
いつも、楽しませてもらいますって言って、でもだからって、お客さんを楽しませないと!って思ってないわけはないと思う。
そりゃもちろん楽しんでるところもあるだろうけど、難しい仕事だよな~と思うのだ、人を楽しませるってさ~、簡単なことではないし、誰にでもできることではない。



18 Good Luck Baby
ほうほう、そうよね、新しいアルバム聴いてくる人もいるよね!

スクリーンはこのMVだったよね?


私の中ではハローエビバデとおんなじグループだな~、あんまりなにか考えてる暇なく、手を上げてる間に終わってしまう。



19 幸福な朝食 退屈な夕食
つったらこれが来ましたよ!
私の生初聴き曲なのです。
初めて行ったセットストックの、最初の曲がこれだったのです。
妹の付き添いで行ったつもりだったけど、その中だったらこの人だな~と言ったもんだから、おねえちゃんが聴きたい人でしょ、みたいに妹も付き合ってくれて、いやでも知らんよ?ほんまにええかどうかは聴いてみんと・・ってかんじで、自信は全然なくて、近すぎも遠すぎもしない場所で観てて。
それでいきなり知らないこれがきて、顔を見合わせたのだ。
これはなんだろう、変な歌、これはいいのかわるいのか・・
でも強く印象に残った。
借金返済印税収入フェンダーギブソンおもちゃじゃねんだ
なんなんだこの歌は。

あ~、あのなにも知らなかった私にもう一回戻ってみたい気もする。
そして今からまた生まれる新しい曲を聴いたらどんな気持ちになるんだろう。
今せっちゃんを好きになった人が、どこでなにを聴いて好きになって、そしてその人が今から聴く曲は昔のせっちゃんが作った曲でも今のせっちゃんが作った曲でもその人には全部新しい曲で・・なんかそれはすごく不思議なことのような。
せっちゃんが続けてきた25年が、どんだけいろんな人の心の糧になっているのか、あんた考えたことある~!?って胸ぐらつかんでブンブンしたい。←迷惑

そんなことを思っていたことは憶えているのに、その時どんなのを見てたかすっかり忘れていた。
違うところに行った友だちの話を聞いて、ここでスクリーンにかわいいイラストが映っていたことを言われてやっと思い出したくらいすっかり忘れていた、そうじゃったそうじゃった、あれかわいかったんじゃった・・



20 やさしくなりたい
そろそろ締めに行ってるのかな?
体感だけど。
あと数曲なんでしょ、終わるんでしょ、え~私なにをリクエストしたんだっけ?
もう真夜中のプールとかやったし、蝉はもう、ないんだろうな~。
蝉・・蝉聴きたかったな・・
ていうか、今回は夏にやるしとか、このバンドメンバーでやるしとか、そういうのも考えてあの3曲を選んだけど、ただ単に3曲というと、自分に響くしんみりしたのを選びがちで。
それこそファイヤードッグとかポスマヨとか朝食夕食とかモジョライフとか、そういうノリの曲だって本当は選びたいのだ、選ばせるならどんな気分の時の3曲とかって絞って訊いてほしい。
聴きたい曲だらけなんだよ~、そんな簡単に3曲なんてねえ・・
そういえば結局、この中のどれが上位のあれだったんだろう?



21 ワンダーランド
これ好き~って言い合った友だちのことを思い浮かべる。
最初聴いた時そうでもなかったのにな~、せっちゃんの歌にはそういうのが結構ある。
もしかしたら今もまだ、私にまだ周波数っていうか、ピントが合ってないものがあるのかもしれない。
どこかのなにかのきっかけで、前より好きになるのがあるのかも。
そういう意味でも、あんまりライブでやってないのを掘り起こしてくれたらいいのにな~。
今回の集計でそういうのを思ってくれたらいいなあ。
まだリクエストのことを考えている。



22 歩いて帰ろう
は~、終わるのかな!終わり?
と、終わりを意識する私。
スクリーンには丸い半円の上に画伯が描いた今までの作品たちが総出演。
半円は回る地球で、その上を犬やら猫やら鳥やら人やら、そういう画伯の生み出した住人たちがいっぱい歩いてるかんじでかわいかった。
みんなのうたとかポンキッキーズで流れてもよさそうなかわいさ。
こうして見ると画伯の絵ってかわいいのにねえ。
どういう意味でしょう。
いや~なんていうか、素材の使い方だな~と。



23 ベリー ベリー ストロング ~アイネクライネ~
ああこれがあったわ~!これで終わり?
終わりばかり考える私になっている。
終わってほしくないんじゃ~。
夢のような一日だったから、ずーっと続いていてほしくて、終わりが来てほしくなくて。
こういうの思うのをやめようって心がけて、だいぶなくなってたのにな~、そういえば昔はずっとそうだった、楽しすぎて、終わるのが切なくて。

一日あっという間だったな~、楽しかったな~。
今日会った人のどの人にも絆っていったら大げさだけど、縁を感じる、顔が浮かぶ。
せっちゃんを知らなかったら絶対会うことなかった人ばかりで。
せっちゃんを知ってても、ただ好きなだけでひとりも知り合いがいなかったら、いきなり今日こんな行動には出てないはずで。
さっきも書いたけど今の私を作ってるのは私だけではないなあ、知り合った人のいろんな言葉や行動があって、そこから受ける影響があって今の私はある。
そこにとても感謝している。

だからなるべくいろんな人と繋がっていたい、仲良くしたい。
それを誰にでもいい顔をするといわれたらそうだと思うけど、よく考えたら昔からそういうところがある気がするので、こういうのはもしかしたら本質的に変わらないのかもしれない。
誰のことでも、もしもどこか合わない部分があったとして、そこより好きな部分が勝っていたら、それはもう私の中では好きな人だ。
そうなると好きな人だらけなのだ、そういうのって偽善者っぽいよね~と自分でも思うけど。
ああ、親だけにはそう思えないのはある意味甘えてるってことなのかな~。

城ホールのこの中に、今日は会えなかったけど楽しもうねって言ってくれたあの人もいる、今日会ったあの人もいる、そして知らないけどいつか会うかもしれない人もたぶんきっといる。
ていうかその前にまず私がここにいる奇跡!
せっちゃーん!
感極まりますよねえ、そりゃあねえ。



24 COME ON!
まだあったー!わーカモンだカモン!

アメコミ風のイラストだった気がする。
振り切れたので憶えてるのはそれくらい。





アンコール
今そこの袖で蚊に刺されたと腕を掻いている。
せっちゃんも蚊に刺されるんだねえ。
そんなことは当たり前なんだけど、なぜか不思議なかんじがした。
だってこんだけの人をこんなに盛り上げれる人なのにさ~!選ばれし人なのにさ~!
さりとて蚊は平等・・なんか言いたくなるねえ、さりとて蚊は平等。


大阪昨日やって今日二日目で、もうトシなんで結構疲れて、あちこちサロンパス貼って寝ました。
なので抜くのは一回にしといたので調子いいです、というのは最初のほうで言ってたんだったか。
25周年が長いのか短いのかわからないけど、こんなおっさんのためにこんないっぱい集まってくれてありがとうございます。
って会場を見回していたのも最初のほうだな・・
MCを書くのを忘れてここで書いている。


今日がデビュー日で、大阪はその頃からすごい応援してくれて、っていう話はここだった?よね?
大阪とは縁もゆかりもない栃木県人なのにありがとう、みたいなことを言っていた。
ありがとうその頃の大阪のラジオの人たち、ファンの人たち、私も感謝してます縁もゆかりもない広島県人ですけど・・
25 僕の見たビートルズはTVの中
ずっと続けるもなにも、まずデビューしてなかったら始まらなかったわけだし。
デビューしても、そうやって応援してくれる人がいなかったら続かなかったかもしれないし。
ひとつひとつのことがからみあって、そして知らなかった人とか知っててもそうでもなかった人がいろんなきっかけで聴くようになって、こんなにたくさんの人が集まるようになって・・
ということを考えながら聴いていた。
今日はこんなんばっかりだ。
まあ記念日だし城ホールだし。



26 歌うたいのバラッド
歌の途中で、静かになってから音が始まるそのタイミングで白い光でパーってなった時に(なんだこの表現は)せっちゃんがすっごく神々しく見えて、ハッピーエンドの映画を今~、ってああ~今見てるこれが映画みたいよ、私今ライブ見てるはずなのになんか映画見てるみたいよ~!

ここでもやっぱりせっちゃん歌うまいわ~と思った。
そして、せっちゃんがギターを延々弾くのを見るのが私は好きすぎる。



27 月影

わ~初ナーナナだ~
と、この時は思っていたけど、二度目でした。
20周年の時やってたわ。
ほらね、5年前のことは昨日のことのようなのになんにも憶えてないって言ったでしょ。
いばってる場合ではない。
けどね~、言い訳ですけど景色が全然違ったのよ。

ナーナナの時にせっちゃんが歌いながら早口で、客席の照明つけてください!だか、客席照らしてください!だか、言い方は忘れたんだけどそういうことを言って客のほうをパパッと指さした。
そんな歌いながら早口で言うの珍しい気がして、とにかくお客さんのとこ明るくして!って言ったのはわかったから、うわ~って胸が熱くなって。
だけどそれはスタッフさんには伝わらなかったみたいでその時はまだ照明はそのままで、そしたらせっちゃんが「照明!」って大きく言って、それでバーッと会場が明るくなって、もう会場全体がナーナナって腕を振ってるのが見えて、その光景はなんかこうあったかくて、せっちゃんこれ見たかったんだな~って思うとそれもまたグッとくるものがあって。

これはこの二階で見てるから見えた景色で、いつもこう遠くからばかりだと切ないけど、こういう大きいところではこれもいいなあ、と思った。
そうだった、5年前の神戸はアリーナだったんだ。
スタンドから見るとまた全然違うな~。
みんながそれぞれの場所で見た景色の記憶を集めて見てみたい。
せっちゃんから見た景色はどんなだったんだろう。

25周年、本当におめでとうございます。
25年も続けてくれてありがとうございます。
またライブもいっぱいやって曲もいっぱい作ります、って言ってくれたせっちゃん。
うれしいけど無理はしないでね・・たまには作らずにツアーやってくれてもいいからね~!←結局休ませない



この日はとにかく来れたことがうれしくて、なんだか心の準備もないままだったからもうホント舞い上がっている間に終わっていて。
その上のんびり書いてたらどんどん忘れていってしまい、やっぱり日を置くのはよくないね~。
鉄は熱いうちに打て、ブログは熱いうちに書け。反省。
これを誰かが読んでくれてる頃には私は徳島ではじけてる予定で、それはそれでウキウキしすぎて頭パーン!だと思うので、結局私はいつもこう、そんなこんなで結局また同じ・・せっちゃんいつかソファやって~長いからみんな座ってる時にやって~
欲望しかないぜ。ファンなんてそんなもんだぜ。おわり!






〈セトリ〉
01 FIRE DOG
02 Hello! Everybody!
03 アゲハ
04 男節
05 tokyo blues
06 空に星が綺麗 ~悲しい吉祥寺~
07 真夜中のプール
08 君は僕のなにを好きになったんだろう
09 ウエディング・ソング
10 彼女
11 リズム
12 ぼくらのルール
13 カラー (新曲)
14 月光
15 Alright Charlie
16 ずっと好きだった
17 Stick to fun! Tonight! ダンシング・ヒーロー
18 Good Luck Baby
19 幸福な朝食 退屈な夕食
20 やさしくなりたい
21 ワンダーランド
22 歩いて帰ろう
23 ベリー ベリー ストロング ~アイネクライネ~
24 COME ON!

アンコール
25 僕の見たビートルズはTVの中
26 歌うたいのバラッド
27 月影







よっちのツイート大好き!わかる~、あー楽し、あー幸せ!